スポンサードリンク

保険会社と保険加入者の情報格差

最近は大手損害保険損害保険会社の保険金不払いの話題が続きましたが、保険という商品の実態のなさもあり、その複雑さから消費者と保険会社の間の情報の格差が大きいことが原因のひとつになっていると考えられます。もちろん保険会社側の企業倫理はきびしく問われなければなりませんが、消費者である我々もできるだけ自分たちが購入する商品である保険のことを勉強して、おかしいことは専門家に相談してだまされないように自衛の努力もしていく必要があるのでしょう。
なかなか自分で保険のことを勉強するのは、大変ですが要するに家電の購入に当たって店員さんに電気製品の性能や価格や月々の電気代について尋ねてから購入を検討するように、保険の営業員なり電話なりで自分の加入しようとする保険商品について保障の内容や月々の保険料を聞いてみて、資料を取り寄せて読んでみて、それからその保険への加入を検討すべきなのでしょう。
またファイナンシャルプランナーという新しい資格を取った代理店の人など保険に詳しい人に相談するのも一法だと思います。


posted by mabou at 08:54 | 保険の基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。