スポンサードリンク

介護保険について

2000年4月から介護保険はスタートしましたが、健康保険のようにかかった病気やけがが治るまで病院にかかるのとは違って要介護者の状態に応じた限度額が決められその範囲内で介護サービスが受けられることになります。
これまでは行政が提供する福祉サービスを受ける受け身の形でしたが、これからは介護保険料を納めて要介護者自身が自分の受けられるサービスの限度内でどんな介護サービスを提供してもらうかを選ぶというより能動的で主体的な形に変わっていくことになります。
少子高齢化のスピードは予想を超えて速まっているようで子供の数の減少もこれまでの家庭内での介護を困難なものにしていると考えられます。介護保険の登場が深刻な高齢者介護の問題をすこしでもよい方向に持っていくことができるように願わずにはいられません。
posted by mabou at 17:35 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。