スポンサードリンク

介護保険の利用について

介護保険の第一号被保険者である65才以上の人はその原因に関係なく要介護状態や要支援状態になると介護保険のサービスが利用できます。一方第二号被保険者である40才から65才の人は老化に起因する特定疾病によって要介護状態や要支援状態になった場合に介護保険のサービスが受けられ他の事故などの原因では受けられないとされます。
そこで老化に起因する特定疾病とは何かが問題ですので以下に列挙してみます。

脳血管疾患
初老期の痴呆
筋萎縮性側索硬化症
脊髄小脳変性症
パーキンソン病
シャイ・ドレーガー症候群
糖尿病性腎症
糖尿病性網膜症
糖尿病性神経障害
閉塞性動脈硬化症
慢性閉塞性肺疾患
変形性関節症(両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う場合)
慢性関節リウマチ
後縦靭帯骨化症
脊柱管狭窄症
骨粗しょう症による骨折
早老症(ウェルナー症候群)

このうちでもやはり脳卒中などの脳血管疾患や認知症(痴呆)が主になるように思います。
posted by mabou at 14:59 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。