スポンサードリンク

地震保険と液状化

東日本大震災では地震や津波で多くの建物が被害を受けたほかにも、地震の揺れに伴いいわゆる液状化が起き、多くの建物が傾いたり地盤が沈下したりして被害が出ています。
しかし、地震保険では液状化被害の認定が大まかで、多くの被害を受けた建物の保険金が支払われていないようで、地震保険の基準を見直して、新基準で査定して保険金を支払うことで液状化被害に対応していくということです。
posted by mabou at 07:41 | その他の保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。