スポンサードリンク

介護保険料の徴収方法

介護保険料については、65歳以上の第一号被保険者では一定額以上の年金を受給している人は社会保険庁が特別徴収といって年金から天引きして徴収し、一定額以上の年金を受けていない人は各市町村で個別徴収することになっています。
40歳〜64歳の第二号被保険者の場合は、健康保険組合や政府管掌健康保険に加入している人の場合は医療保険の保険料に介護保険料を上乗せして足した額が給料から天引きされることになっています。サラリーマンの妻で専業主婦の場合もその夫の給料から天引きされます。一方、国民健康保険加入者の場合は同じく医療保険の保険料に介護保険の保険料を上乗せした額を市町村が徴収します。
健康保険組合や政府管掌健康保険の場合は事業主が半額を負担しており、国民健康保険の場合は国が半額を負担することになっています。
posted by mabou at 04:51 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。