スポンサードリンク

雇用保険の給付金とは

雇用保険の加入期間が5年以上あると、60歳から65歳の間、仕事を続けることで雇用保険の給付金が受け取れる場合があるといいます。高年齢継続雇用給付といい、一定の限度額はありますが、60歳時点の賃金よりも4分の1以上低下した場合には受け取れる場合があるようですから、60歳以後も働き続ける動機付けになるかもしれません。早々と引退せずに長く働くつもりの方は雇用保険の給付金についてもチェックしておくとよいでしょう。
老後の生活保障などの不安を払拭するのは容易なことではないでしょうが、雇用保険の給付金についても知っておく必要があるでしょう。


posted by mabou at 11:41 | 雇用保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。