スポンサードリンク

公的介護保険制度について

日本の公的介護保険制度はドイツの介護保険制度を見本に作られたといわれますが、高齢化社会を迎えて社会的な入院を解消し、在宅介護の充実を目指す必要があったといわれます。
利用者の保険料自己負担もありますが、国や自治体などの公的保険料負担があり、要介護の認定は保険者が行っています。
介護保険を利用したい場合は自治体に申請して調査員の調査を受け、医師の意見書を作成して、認定委員会で判定を受けることになり、介護保険証が発行されればケアマネジャーが介護プランを作成してくれて介護サービスが受けられることになっています。
posted by mabou at 11:24 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。