スポンサードリンク

公的医療保険と民間医療保険

民間にもがん保険や収入保障保険などいろんな医療に関連する保険がありますが、病気や怪我のすべてに対応しているわけではなく、保険会社ごとにこまかな規定があって、保険料が支払われない場合もあるので注意する必要があるといいます。
あまりに保険に入りすぎて、保険料ばかりがかさむのも問題で、貯金に回しておくほうが使い勝手がよく、生活保障上は有利になる場合もあるようで、保険に入ればよいというものでもありません。
posted by mabou at 07:03 | その他の保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。