スポンサードリンク

米国の社会保障と保険

米国の社会保障の中心となるのは1935年に立法化されて1937年に発効した社会保障法(Social Security Act)といえます。当初は社会保障法は給与所得者の退職給付と一部の公的扶助のみからスタートし、1956年に廃疾年金の採用、1965年にはメディケア、メディケイドの採用など多くの改正を経て現在に至っています。
なかでも65才以上の者や24ヶ月以上就業不能の者、腎臓透析、腎臓移植を必要とする者に対する医療保険であるメディケアは、社会保険に含まれる唯一の医療保険となっていて、国民全体をカバーできる国民健康保険制度の必要性が常に議論されています。
また生活困窮者に対する救貧的機能を持っている公的な扶助においてメディケイドは低所得者層に対する医療補助で連邦政府の援助を受けて各州が運営しています。


posted by mabou at 23:38 | アメリカの医療保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。