スポンサードリンク

国民健康保険

米国においては社会保険における医療保険のカバーする範囲は狭いと言わざるを得ず、国民健康保険(National Health Insurance)の構築の議論が繰り返され1943年には国民健康保険制度が議会に提出されますが実現はせず、民間健康保険の普及が進んだということですが、老人医療については民間保険で保障していくのも限界があり1965年にメディケア制度が誕生します。メディケアと同時に立法化されたメディケイド制度は医療制度の危機が心配されるほどの医療費増大を招くことになり、国民健康保険の必要性が叫ばれたものの実現には至っていません。
一方、州のレベルではいくつかの州では健康保険法が成立していて、なかでもハワイ州の健康保険では1975年の健康保険法で事業主は従業員を民間健康保険に加入させ、少なくとも保険料の50%を負担しなければならないとされています。この結果、州人口のほとんどが保険によってカバーされることとなったといいます。


posted by mabou at 00:50 | アメリカの医療保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。