スポンサードリンク

TPA(Third Party Administrator)と保険

TPA(Third Party Administrator)すなわち契約管理代行者が米国では保険者である保険会社にかわって保険契約管理事務を代行している場合が多く、その医療保険プランの加入者にとってはTPAの能力が保険サービス内容に与える影響は大きいと考えられます。また、保険者である保険会社にとってもアンダーライティングすなわち保険加入者の査定や保険給付請求(Claim)の査定に信頼できるTPAの選択が経営上重要といえます。
アメリカの生命保険会社の数はかなり多く、中小の保険会社にとっては自分で医療保険の管理をするよりTPAに保険契約管理業務を委託したほうが効率的といえます。
また契約管理代行は役割分担のはっきりしているアメリカの経営風土にあっています。
さらにTPAは地域の特性や加入者の要求に応じて保険サービスなどを提供できる小回りの効く組織として利用しやすいといえます。


posted by mabou at 04:31 | アメリカの医療保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。