スポンサードリンク

介護保険事業計画の困惑

東日本大震災や、それに伴う津波や原発事故により、生活の基盤が崩壊するなど、生活状態が激変した地域では、今後の介護保険事業計画の策定が困難となっているようです。
必要な介護保険でのサービスが正確につかめないと、十分な介護サービスの提供が出来なくなる可能性もあり、逆に介護保険料が必要以上に高く算定されてしまう可能性もあるといいます。
介護保険サービスの基本計画には住民の生活状況の把握が欠かせないということなのでしょう。
posted by mabou at 18:11 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。