スポンサードリンク

健康保険の適用事業所

健康保険は会社や事業所を単位として適用されることになっていて、健康保険の適用を受ける事業所を適用事業所といいます。
適用事業所には加入が義務付けられている強制適用事業所と加入が任意の任意適用事業所とがあります。
株式会社や有限会社など法人の事業所は社長や専務を含め1人でも法人に使用される者がいれば強制適用事業所になります。
個人事業所は適用業種といわれる一定の業種の事業所で5人以上従業員がいる場合は強制加入になりますが、社会保険は被用者の保険のため個人事業主本人は健康保険の加入はできません。
強制適用事業所以外の個人事業所は任意適用事業所になり、個人事業所で一定の業種の事業所で従業員4人以下の場合やあるいは適用外事業所の場合は従業員が何人いても任意加入となります。適用外事業所には理容、美容、旅館、飲食店、クリーニング店などのサービス業や農林水産業、弁護士、税理士、社会保険労務士などの事業があてはまります。
ただし従業員が5人未満の個人事業所などでは従業員の1/2以上の同意を得て、厚生労働大臣に任意加入の申請をして認可を受ければ健康保険に加入することができます。
すなわち、
強制適用はすべての法人事業所および5人以上の個人事業所(適用業種)
任意適用は適用外業種および5人未満の個人事業所(適用業種)
と考えることができます。
posted by mabou at 11:56 | 健康保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。