スポンサードリンク

健康保険における被扶養者

健康保険では業務以外の事由による被保険者の病気、ケガ、分娩、死亡などいわゆる保険事故に対して保険給付をすることとなっていますが被扶養者に対しても給付の内容は異なるものの保険給付が行なわれます。
被扶養者に当てはまるのは被保険者と生計維持関係がなければならず、おおよそ家計の半分以上を被保険者の収入で支えているなど生計の基本が被保険者の収入によることが必要です。
したがって被扶養者が60歳未満の場合は年間収入が130万円未満、60歳以上や障害厚生年金の受給要件に該当する障害者の場合は年間収入が180万円未満となっています。
同居していなくても年間収入が130万円ないし180万円未満で被保険者よりの仕送り金の額より少ない時は被扶養者となれます。
被扶養者としての資格は届出をしないと健康保険被保険者証に記載されないため、結婚、出産、共働き主婦の退職時など被扶養者の異動があれば社会保険事務所ないし健康保険組合に被保険者証を添えて、健康保険被扶養者異動届を提出しなければなりません。内縁の奥さんの場合は住民票謄本と夫婦各々戸籍謄本が必要です。
被扶養者の範囲をまとめると
●被保険者の直系尊属の父母、祖父母など、内縁関係を含む配偶者、養子を含む子供、孫、弟妹
●被保険者の兄姉、伯父伯母叔父叔母、甥、姪とその配偶者および孫や弟妹の配偶者で同一世帯に属している人
●被保険者の配偶者の父母および連れ子で同一世帯に属している人
●被保険者と内縁関係にある配偶者の父母および子供で同一世帯に属している人
となります。
posted by mabou at 11:56 | 健康保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。