スポンサードリンク

預金保険について

預金保険では、銀行がつぶれても預金者を保護しようと、預金の保護についての保険となっています。
当座預金や決済用預金では全額が保護されるということですが、定期預金や普通預金では元本1000万円とその利息の保護に限られてきますから注意する必要があるでしょう。
つまり1000万円以上の預金がある場合には預ける銀行を分散させることも保険になるということです。
posted by mabou at 23:23 | その他の保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。