スポンサードリンク

年金保険料の上限引き上げ

年金保険料については高給取りのサラリーマンが保険料負担の増額になるようです。
年金保険料算定のもとになる標準報酬月額の上限を引き上げることで、保険料収入を増やす意図があるようです。
社会保障と税の一体改革といえば聞こえはよいのですが、結局のところは年金を減らして保険料収入を増やしてという安易なところに落ち着きそうな感じです。民間会社なら避けられない、いわゆる企業努力はどうなっているのでしょう。
posted by mabou at 23:38 | 年金保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。