スポンサードリンク

老齢基礎年金過払い

岡山社会保険事務局によりますと老齢基礎年金の過払いが2件発生し、共済組合加入の期間を誤って厚生年金加入期間として入力したため858万2382円を過払いしたケースと厚生年金加入期間に共済組合期間が加算されてしまって505万5515円を過払いしたケースということです。
支払い不足よりはましなのかと思いますが、社会保険庁自体が無駄遣いなどを指摘されていることもあり、結構な額にもかかわらず約9年間にわたって過払いを続けていたということは過払いに対するチェック機能が働いていないのか存在していないのではないかとも考えられます。あるいは年金の1本化がいわれるように、あまりに年金制度も分かりにくいといわれるように複雑になりすぎたためもあるのでしょうか。
この際、民間保険会社でも年金保険は扱っているわけですからそちらに事務作業を委託するようなことも考えて、もっと効率的に年金業務を遂行するような方法も考えられるのではないかと思えるのですが無理なのでしょうか。


posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。