スポンサードリンク

国民年金保険料不正免除問題

国民年金保険料不正問題が問題になりましたが、保険料の納付率をあげるために保険料免除の人の数を増やすというのは、あまりに短絡的です。この問題で2006年8月に社会保険庁は社会保険事務所長の民間公募を始めると発表していますが、社会保険庁の改革は民営化しないかぎり無理なのではないかと思ってしまいます。
公的機関で無理なことは民間にやらせてみるより仕方がないのは、旧国鉄などの例をみても明らかなのではないでしょうか。
もちろん民間には民間の欠点はあるでしょうから、注意はして、できることは民間に任せていって、民間では難しいことを社会保険庁のようなところがやって行く形がいいのではないかと思う今日この頃です。
国民年金はできれば納めておいた方がいいのではないかと思います。国民年金は、純粋に保険商品と見ても国庫補助が入るお得な保険と思われるのですが。


posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。