スポンサードリンク

ベルル生命医療保障共済会の虚偽説明疑い

本部を徳島市に置くベルル生命医療保障共済会は2006年9月に保険業法改正に伴い四国財務局に特定保険業者の届けをしたということですが、現在は営業を停止しています。
ベルル生命医療保障共済会は無認可共済であることを契約者に隠し、元本保証の虚偽説明をしていた疑いが持たれているということです。同共済会の預金口座にほとんど残金はないことがわかっていて、無認可共済のため生命保険契約者保護機構などの保護や救済の対象外とされることから契約者の救済問題は難航するのではと心配されます。
こうした現実離れした高金利を謳う投資商品はやはり疑ってかかる必要があると思われます。特に、元本保証を謳っている場合はよほど調べる必要があるでしょう。ローリスクハイリターンの投資商品はあり得ないからです。
やはり投資の話は生命保険会社でなく証券会社なり投資会社でしたほうがいいようで、保険会社には保険の話をした方がよさそうです。


posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。