スポンサードリンク

国民年金保険料強制徴収

2006年10月21日までに、社会保険庁が国民年金保険料未納対策として、保険料納付率アップの基本として重視している強制徴収の指導を強化するため、実績が低調とされる地方社会保険事務局に研修を実施して督促や財産差し押さえを確実に行なう態勢を整えていくということです。
対象は、督促率や差し押さえ率が全国平均以下など強制徴収の取り組みが不足していると判断された、青森、岩手、宮城、茨城、神奈川、新潟、山梨、長野、岐阜、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、徳島、香川、高知、大分、長崎の19の社会保険事務局となっていますから、保険料未納の方は注意しておく必要がありそうです。
老齢基礎年金をもらうには保険加入期間が25年必要ですから、やはりただ払わないでおくのでなく、保険料免除を申請するなりして保険加入期間を増やせるように考えるほうがお得なのではないかと思います。物価スライドなどもあり、民間保険会社の年金保険と違い終身年金を受け取れる保険ですからかなりお得だと思うのですが。


posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。