スポンサードリンク

アメリカの年金制度

アメリカでは年金は社会保障として捉えられているといい、公的年金は勤労者に限られた制度となっているようです。
一般の被用者も自営業者も加入義務があり、さらに公務員には連邦被用者退職制度と州・地方政府職域年金が加算されるそうです。
いずれにしても老後の生活保障は年金プラス個人年金・貯蓄プラス職域年金の3本柱で考えられているといいます。
posted by mabou at 22:45 | 年金保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。