スポンサードリンク

変額個人年金保険について

個人年金は、社会保険庁に不祥事が続いたり、年金制度の先行き不透明さから始められた方も多いと思いますが、普通のタイプは予定利率が決まっていて受け取る年金額も決まっています。
一方、変額個人年金の場合は、個人が生命保険会社などのファンドの中から選択して資金を株式や債券などで運用することで増やすことができる保険商品といえます。もちろん運用成績が悪ければ払い込んだ保険料を下回る年金しか受け取れなくなるリスクのある保険商品です。
被保険者の死亡の場合は払い込んだ保険料相当の死亡給付金が遺族に支払われ、死亡給付金を運用実績で決めるタイプの変額個人年金保険も出てきているといいます。
いずれにしても、運用実績に応じて受け取る年金額は上下して、払い込んだ保険料を下回ることがあり、普通の個人年金と同じく、運用期間中に解約すると払戻金は払い込んだ額を下回ることがあることなどに十分留意して加入を検討することが必要です。
年金は運用期間も長くなりますから、途中でやめるのは損になる可能性が高く、長期的に考えて契約について考えましょう。



posted by mabou at 18:50 | 年金保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。