スポンサードリンク

医療制度改革と総報酬割り

社会保障制度の改革が必要といわれていますが、その中でも医療制度の改革は日本が誇る国民皆保険制度を維持するためにも欠かせないといわれています。
今は加入者数で負担する医療費を総報酬割りにすることで、高齢者医療費に拠出をしている現役世代が加入する健康保険組合の負担を減らすことができるのではないかと思われます。報酬の高い方から保険料を多く徴収することで高齢化に伴う医療費増に耐えられるようになるのか、疑問もありますが、同時に医療費の抑制策も推し進めることが必要でしょう。
posted by mabou at 22:08 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。