スポンサードリンク

山岳保険

富士山が世界遺産に登録され、登山者も増加しているようですが、ブームとなった感のある山登りも一歩間違えれば遭難したり、危険と隣りあわせといえ、遭難時の救助隊などにかかる費用も馬鹿にならないといいます。
そうした費用を保険でまかなうことも可能のようで、やはり山岳保険と呼ばれる保険に入っておかないと、万一の時の費用が重くのしかかってくる場合もあるようで、補償が大事に思われます。
危険なスポーツなどではそれなりの保険に加入しておかないと、一般の保険ではカバーしきれないこともあるようですから注意する必要があります。
posted by mabou at 14:27 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。