スポンサードリンク

国民年金法改正

低所得者向けの国民年金保険料を猶予して加入期間にはカウントしてもらえる若年者納付猶予制度は、今は30歳未満に限定されているのが50歳未満へ拡充される予定のようです。
国民年金保険料の未納が増えていることから、非正規雇用が中高年にも広がっていることにあわせて中高年の保険料納付についても猶予を認めることで生活保障としての国民年金への加入を促す狙いもあるものと思われます。
posted by mabou at 00:10 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。