スポンサードリンク

後期高齢者医療制度の負担

後期高齢者医療制度は75歳以上の高齢者を対象として始められましたが高齢者の負担増になると批判もされています。
そうしたことから加入者が支払う保険料を引き下げるために都道府県によっては公費投入で保険料引き下げが行なわれているといいます。
保険料の年金からの天引きも保険料の取りすぎがあったり混乱が起こっているようです。

地域ごとの老人医療費と保険料負担を連動させるのが今回の後期高齢者医療制度の目的といいますが、今のところ制度が分かりにくく特に高齢者には保険料の取られすぎの不安もあるようで不評のようです。


posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。