スポンサードリンク

生命保険と損害保険:保険の基礎

保険に入っていてよかった!と思うのは一番に災害や事故にあった時、二番目は突然病気に倒れた時ではないでしょうか。
阪神淡路大震災から既に10年以上が経ちましたが,あの時安全とはなんと脆いものなのか考えさせられました。災害に対して個人でできることはおのずと限界がありますが、危険の回避や分散を考えると同時に事故発生時の保障を考えた時に地震保険や火災保険や医療保険といった保険によって、損害に対して経済的な保障を用意しておく必要は当然あるでしょう。なんといっても保険は少ない掛金で大きな保障をつけることができますから貯蓄するのに比べてすぐに安心が手に入ります。危険やリスクの分散のためにも保険には入っておく必要はあるのでしょうが、実際に保険の加入を検討してみると実に多種多様の保険があって、ある程度は保険の知識を持っていないとどの保険に入るかすら決めかねることになってしまいます。
そこで保険のうち一番ポピュラーといえる生命保険と損害保険を中心に保険選びの参考になるように保険の要点を調べて基本的な保険や保障の考え方、危険分散と事故の回避などについて検討してみたいと思います。
保険の外交員に勧められて保険には入っているものの自分の入っている保険の中身をよく把握していない人も多いようですから少なくとも自分がどんな保険に入っているのかちゃんと把握できるようになればまずは保険の基礎はクリアーできたといえると思います。
危険やリスクの存在するところあらゆる場面で保険は成り立つわけで万一の事故時の保障に備えつつ、一方では事故にあわないよう注意をすることが必要です。どうしても避けられないリスクの分散に、保障内容を検討して保険を利用すべきでしょう。
ポピュラーな保険である生命保険と損害保険についてその基礎を研究して保険加入時にお役立て下さい。一体なぜ人は保険に入りたいと思うのか、加入するならばどんな保険が良いのか、保険の成り立ちから事故リスクに対する保障機能や危険の分散などについて調べて保険の理解の一助としてみたいと思います。

生命保険と損害保険で自分の家族と財産をどうやって守るか、考えるヒントになると思います。

その後はインドネシアなどで広く津波の被害が出て、多くの人命が失われたと思ったら、今度はハイチで大地震と天災は時に多くの被害をもたらします。自分達でできる備えは限りがありますが、できるだけの準備は怠らないようにしたいものです。保険がどのくらい生活保障になるのか、大災害時の備えになるのかは疑問なところもありますが、チリでも大地震が起き、日本にも津波が押し寄せるそうです。以前にもチリでは大地震が起きて日本に津波が押し寄せ、多くの人命が失われています。今回の地震でもチリではかなりの被害が予想されるようで地震保険だけでは生活保障に十分とはいかないでしょうが、生活保障のための備えにやはり保険ははずせないかも知れません。
今回は津波の予報が進歩していて、以前のような被害は出ないことと思いますが、津波のような自然災害の保険は保険金額が大きくなるでしょうから難しいところがありそうです。やはり公的な生活保障なり生活再建の支援が望まれるところかもしれません。災害復興の支援作りが必要なのでしょう。
さらに今回は東北関東地方で未曾有の規模の地震がおき津波で大きな被害が出ています。想定外の規模の津波が押し寄せ、保険で生活保障はしていてもどうにもならないような被災地の状態のように見えます。
しかも地震の後には福島原発から放射能漏れが起きるという最悪の事態ではないかと思えるほどで、災害に対する生活保障のあり方を見直す必要があるとまで言われているようです。
地震保険加入率は阪神淡路の震災後増えているとはいえ、保険料が割高ともいわれてまだまだ保険加入率は高くはありません。しかし、民間保険会社だけでなく国からの支払いもある保険ですから加入しておく方が望ましいと思われます。

生命保険と損害保険新着記事:後期高齢者医療制度の改正


重要事項:
「生命保険と損害保険は保険事故の保障で選ぶ」内に掲載されている内容については誤りのないように注意を払っていますが正確性を保証するものではありません。
掲載内容についてはご利用された方に不利益や損害等が生じた場合、当サイト管理人は一切責任を負いかねますのでどうかご了解の上でご利用下さい。
また、商品のご購入に際しましては、当サイトではアフィリエイトシステムをとらせていただいているため、各販売会社の特定商取引法に関する事項を参照していただくようお願いいたします。


当サイト内における誤った記載などお気付きの場合は下記連絡先までお知らせ下さい。

相互リンクお問い合わせ:mabou98gata@@yahoo.co.jp(@はひとつで送信して下さい。)





Links:
アクセスアップは相互リンクで
生活習慣病予防とメタボ健診

相互リンク/保険
*自動車保険を見直すページ/*ホームページ作成登録(サーチエンジン登録)/*うれしいネットで懸賞金/*相互リンクST
相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集
SEOアクセスアップ相互リンク2ショットライブチャット BB-chat.tvランキング解析/*クレジットカードネット/*健康塾のホームページ/*ダイエット最新情報局/*マクロビオティック/*ローハス/*ロハス/*@コスメ/*@cosme/*自然派化粧品/*無添加化粧品/*アクセスアップ!サーチデスク/*ドットコムの仲間やん相互リンク/*ホームページ宣伝 NAVI/*SEO対策ベストホームページ登録アクセスランキング/*忍SHINOBI.JP/*相互リンクドクター!アクセスアップ/*相互リンクでアクセスアップ:アクセスランキング/相互リンク・SEO/*人気blogランキングへbanner_03.gif/*相互リンク王/*相互リンクMAX/*相互リンクでSEO 〜アクセスアップ大作戦〜/*リンク集ホームページジャパン/*相互リンクPRO/*動物病院
動物病院探すなら動物病院検索!/*相互リンク.net
相互リンクをしてアクセスアップ!/FX外国為替/SEO対策ならSEO Studio/SEO対策なら相互リンクEM/相互リンク/相互リンク無料登録 /ジャンル別検索エンジン/FX住宅ローン/ 1st-link無料相互リンク/No.1保険徹底比較/
相互リンク
相互リンク 無料
相互リンク募集です
相互リンク募集中 ページランク3のページより、相互リンクも募集中。
j-all





posted by mabou at 23:59 | トップページ

銀行と保険会社

公的資金の完済が見込めるようになった大手銀行は、大手の保険会社の保険商品の販売に力を入れて個人客の取り組みに注力するようで、系列の保険会社がないことから大手の保険会社に株を持ってもらって安定株主となってもらうとともに、積極的に攻めの経営路線を進めていくといいます。
大手の保険会社もこの銀行向けの保険商品もそろえて保険販売に生かすことができるということで、この先の展開に注目が集まっているようです。
posted by mabou at 11:42 | トップページ

中国でも預金保険制度

中国の銀行の預金金利も自由化される予定ということですが、それによって銀行間の競争が激しくなって倒産する銀行が出ることで預金者に被害が及ぶのを保険で守ろうということから、日本でも導入された預金保険制度が導入されるといいます。
自由化によってリスクが高まるわけで、リスクのあるところ保険が必要とされることはどこでも同じことなのでしょう。保険の役割は中国でも必要とされているのでしょう。
posted by mabou at 07:18 | トップページ

がん保険と診断給付金

がん保険の場合の入院給付金は、がんの治療が入院だけでなく通院による治療も増えてきているため、診断給付金に変えておいたほうがよいという意見もあるようです。
診断給付金も何度でも支払われる保険もあるようで、一生のうちにがんにかかることは珍しくなくなっている現代においては利用価値の高い保険といえそうです。
posted by mabou at 23:28 | トップページ

農業者戸別所得補償制度について

生産物が価格的にいつも生産費を下回っている場合に、その差額を補償することで食料自給率の低下を防ごうとする農業者戸別所得補償制度については批判も多いようです。
確かに借金が増え続け、国債の暴落の可能性もあるといわれる財政状況で、競争力をさらに弱める可能性もある所得補償がどれだけ意味があるのかは疑問もあると思われます。
posted by mabou at 22:04 | トップページ

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。