スポンサードリンク

介護保険関連サービス

介護保険もはじまって時間が経ちましたが、サービス給付が縮小していく反面、民間の生命保険会社も自社の介護保険の売り込みにいろんなサービスをつけてきているようです。
なかには警備保障会社と契約して、万一の場合には警備保障会社が駆けつけるサービスをつけている生命保険会社もあるようで、保険契約者の獲得競争が激化しているようです。
posted by mabou at 00:04 | 介護保険

介護保険料の値上げが続く

高齢化が進行して介護費用がかさみ続け、一方では介護保険料の不足が進行して、介護保険料は引き上げが止まらないようです。
高齢化社会がしばらくは進行していく限りは、介護保険料が不足し続けることが予想されますから、保険料負担者が増えない限りは介護保険料の値上げが止まらないのではないかと懸念されます。保険料負担が増え続けることは高齢者にはつらいところでしょう。
posted by mabou at 20:56 | 介護保険

介護保険制度での移行

介護保険制度はその財政難から要支援者への訪問介護や通所介護といったサービスを市町村への委託とすることとなったようで、介護保険の財政的な厳しさが見て取れます。
ホームヘルプやデイサービスといったサービスが要支援になると受けられなくなるのではと心配になりますが、介護保険財政の厳しさを考えるとやむを得ないのでしょう。介護保険制度も財政的に成り立つのか危機的な状況にあるといえそうです。
posted by mabou at 22:05 | 介護保険

介護保険の自己負担額

介護保険は保険と名が付くものの、給付を受ける人が多すぎて、その財源はとても持つとは思えないといいます。
案の定、自己負担額が1割から2割へと引き上げられるようですが、財源確保の苦しさは根本的には変わらないでしょう。
今後は、保険料の徴収では保険制度の維持自体がやっていけなくなるのではないかと危惧されます。
posted by mabou at 22:59 | 介護保険

介護保険制度の改定

介護保険に関しては、高齢化が進むことで保険の給付を受ける方が増加してその財政は厳しい状態のようです。
介護保険の場合は保険料の納付に比して保険の給付を受ける割合が多すぎるわけですから、とうてい保険制度自体が継続していくには赤字になってしまうというのが実情ではないかと思われます。
当然社会保障制度の中で仕組み自体を変えていく必要があるのではないでしょうか。
posted by mabou at 07:24 | 介護保険

公的介護保険と民間介護保険

介護保険は公的な介護保険が介護度に応じて受けられる介護サービスを今のところ1割負担で提供してくれていますが、介護度によっては受けられるサービスに限りがあり、自己負担が増えてしまう場合もあるようで、民間でも保険会社が介護保険の商品を発売しています。
保険金の受け取りも年金型や一時金型、さらには折衷型もあり、介護度に応じて保険金が受け取れるようになっているようです。
posted by mabou at 10:00 | 介護保険

介護保険の公費負担増?

介護保険については公費負担が半分入っているということですが、高齢化の進展で介護保険費用がどんどん増加しているようで、このままでは介護保険料の自己負担の引き上げが続くことになりそうで、公費負担分を増加させることも検討に上がっているようです。
介護険という新しい保険制度が今後どうなっていくのかは社会保障全体の行方と無関係というわけには行かないでしょう。
posted by mabou at 23:39 | 介護保険

介護保険の新サービス

来年からは介護保険の新サービスが使えるようになって、今よりも頻回に訪問介護サービスが受けられるようになって、さらに必要時には24時間支援が受けられるという、利用者にとってはより使い手がよい介護保険のサービスに変わるようです。
高齢者の増加に伴い、介護保険のサービス利用者は増加しているようで、保険で受けられるサービスの充実が求められていますが保険料との兼ね合いが今後は問題になってきそうです。
posted by mabou at 22:15 | 介護保険

介護保険料の値上げ?

介護保険もほかの保険と同じように財源不足は否めないようで、今後は総報酬に合わせて介護保険料を徴収することで保険料徴収を増やして税金の投入も減らしていく方向で財源の破綻を防ぐ予定になったようです。
高齢化社会の到来とともに介護保険の利用者は増加する一方でしょうから、その財源の確保は早急に必要で、結局お金の徴収に走ることになるのでしょう。
posted by mabou at 19:54 | 介護保険

介護保険の利用者負担増?

介護保険では現在利用者の負担は受けたサービスの原則1割負担になっていますが、介護保険の財源が不足していると思われますが、今度から一定の収入がある高齢者は利用料の2割を負担することになるといいます。
これが高いか安いかはいろりろ意見があるところでしょうが、現実的には財源不足のためやむをえない選択ということになるのでしょう。
介護保険制度も財源がないのでは絵に書いた餅になりかねません。
posted by mabou at 19:53 | 介護保険

介護保険事業計画の困惑

東日本大震災や、それに伴う津波や原発事故により、生活の基盤が崩壊するなど、生活状態が激変した地域では、今後の介護保険事業計画の策定が困難となっているようです。
必要な介護保険でのサービスが正確につかめないと、十分な介護サービスの提供が出来なくなる可能性もあり、逆に介護保険料が必要以上に高く算定されてしまう可能性もあるといいます。
介護保険サービスの基本計画には住民の生活状況の把握が欠かせないということなのでしょう。
posted by mabou at 18:11 | 介護保険

介護保険制度はどうなる?

介護保険料は健康保険料に比べると金額的に小さくて介護事業者が儲からないようになっているため、介護職から離れていく方が多いといいます。
介護職での待遇改善も含めて介護保険制度はこのままでは立ち行かなくなるのではないかと心配されています。
高齢化が進む社会で介護保険制度あるいは、それに類した制度の重要性は認識されているものの、実際に財源も含めて制度上の改善が必要と思っている方は少なくないようです。
高齢化社会に対応する新たな生活保障制度の充実が求められています。
posted by mabou at 20:27 | 介護保険

介護保険利用の増加

高齢化社会の進展もあって介護保険の利用が増加していて、今後の介護保険料の引き上げなども検討されてくるかもしれません。介護保険については自宅での介護を望む方が増えてくるにしたがって利用者も急増しているように見え、今後の利用者の増加に対応した保険制度の整備が必要になってくると思われます。
介護保険を利用して在宅介護を受ける人はさらに増えてくると思われ、財源不足に対処していく必要があるでしょう。
posted by mabou at 22:31 | 介護保険

公的介護保険制度について

日本の公的介護保険制度はドイツの介護保険制度を見本に作られたといわれますが、高齢化社会を迎えて社会的な入院を解消し、在宅介護の充実を目指す必要があったといわれます。
利用者の保険料自己負担もありますが、国や自治体などの公的保険料負担があり、要介護の認定は保険者が行っています。
介護保険を利用したい場合は自治体に申請して調査員の調査を受け、医師の意見書を作成して、認定委員会で判定を受けることになり、介護保険証が発行されればケアマネジャーが介護プランを作成してくれて介護サービスが受けられることになっています。
posted by mabou at 11:24 | 介護保険

介護休業給付金

家族の介護で休業中に給与が出ない場合などは、雇用保険から介護休業給付金が支給されます。雇用保険に一年以上加入している必要があるそうですが、休業中も給与の何割かが支給されますから有難い制度と思います。
介護保険サービスを利用しても家族の介護がいらないかというと、なかなかそうはいかないようで、家族の負担はやはり重い場合もあるようです。
かといって介護休業中に無収入になるのは困る方が多いと思います。介護休業給付金について前もって検討しておいていただくとよいでしょう。今後は高齢者介護が必要となるケースが増加するのではないかと思われ、雇用保険に入っていてよかったと思う方も少なくないでしょう。
posted by mabou at 22:27 | 介護保険

介護保険制度の改正迫る

2年後には介護保険制度の改正があり、利用者の負担増で保険料の値上げを抑えようとしているようです。保険財政の公費負担増については財源確保が難しいということで、結局は高所得者の負担割合を引き上げるという意見が出ています。
いずれにしても介護保険サービスの利用を抑制する方向になる可能性があり、これから団塊世代の高齢化に対応していけるかどうかは不安が残ります。今後も介護保険サービスの利用者が増加することが予想されるなか、介護保険制度の財源はどうするべきかが今後も問題として残りそうです。
一時言われていた消費税を介護保険など社会保障費用の財源にするという案はいつのまにか影が薄くなってしまったようです。
posted by mabou at 10:09 | 介護保険

介護保険料の改正

65歳以上の負担する介護保険料はかなりの値上げになりそうです。税金による負担が避けられないといわれますが、政局の混迷もあって消費税率の引き上げが前に進まず、介護保険の財源として保険料値上げは避けられそうにありません。あとは、介護サービス利用時の自己負担を増やすことも検討されているようですが、それで解決というわけにはいかないようです。
高齢者の増加や介護保険施設の増加などで介護保険サービスにかかる費用は増加の一途をたどっているようで、介護保険の財源をどうするかは早急に解決を図る必要がありそうです。保険料の値上げは限界になっているという声もあり、保険料に頼る介護保険の運営は難しいようです。
高所得の高齢者は自己負担額が1割から2割に引き上げられる予定だそうで、介護保険料の公費負担引き上げは見送られるようです。
posted by mabou at 20:58 | 介護保険

介護保険の課題

介護サービスは今では自宅で療養する場合には欠かせないサービスになっていますが、制度に対する不満もいろいろ出ているようです。
例えば病院への送迎時にもひとたび病院敷地内に入ると介護保険のサービスが使えず、利用者は病院側のサービスなりマンパワーを利用することになり、動きがとれず立ち往生してしまうようなことも起こりうるといいます。
介護保険サービスのより柔軟な運用が求められているようです。
また、介護関連の仕事の賃金が低いことから離職率が高いといわれていて、介護保険の財源探しが大変のようですが、なんとかする必要があるでしょう。
posted by mabou at 22:17 | 介護保険

介護保険の財源

今後は高齢者が増加して介護保険利用者が増加することから、介護保険の財源が厳しくなるようで、保険料は増加しているようです。介護保険事業者に支払われる利用料のうち1割は利用者負担で、残りの半分のうち40%は65歳以上の人が負担する介護保険料で、60%は40歳から64歳の人が負担する介護保険料でまかなわれているといいます。
若い世代に負担が大きくなっているわけで、世代間の軋轢に発展する可能性もないとはいえません。
実際、年々介護保険の費用は上昇していっているようで、利用予想をもとに介護保険料の算定も行われているといいます。今後も増え続けるであろう介護保険利用に対して財源が厳しくなっていくのは必死で、結局税金でまかなっていくしかないような気もします。
介護保険の財源として期待されていた消費税率の引き上げは、いろいろ反発もあってなかなか前進せず、介護保険の財源問題は一向に解決に向けた足取りが進まない状況のようです。
posted by mabou at 22:08 | 介護保険

介護保険制度の改正

介護保険制度の改正が予定されていて、介護度の低い要支援の場合には、現行の家事支援がなくなることになるといいます。おそらくは介護保険の財源が厳しいことも関連しているのでしょうが、高齢化社会の進行を支援するという意味では逆行する動きといえるかもしれません。
介護保険料ばかり払わされてサービスは低下するのではたまらないと言った声も聞こえてきそうですが、保険財源が厳しい状況では仕方ないのかもしれません。しかし、介護保険は高齢化社会に欠かせない保険制度ともいわれ、なんとかサービス低下を防ぐように工夫してほしいものです。
介護保険のカバーする中だけでは必要なサービスに不足して自費で介護サービスを頼んでいるご家庭も多いと思います。なんとか介護保険のサービスがさらに充実するよう工夫していくことが必要でしょう。
posted by mabou at 21:33 | 介護保険

介護保険料値上げか?

高齢化社会の日本に根付いてきた感のある介護保険ですが、やはり財源不足のようで、自己負担の引き上げも検討されているそうです。介護保険料が高いと思う方も少なくないでしょうが、財源の確保がうまくいかないようでも困ってしまうでしょう。
基本的には被保険者が負担するのが保険ともいえるのでしょうが、介護保険の対象となる高齢者だけで保険料負担は難しいことから、財源をどうするかという問題は今後も続くのではないかと思われます。
posted by mabou at 07:30 | 介護保険

介護保険と老人保健施設

介護保険で利用でき、特別養護老人ホームに入るための待機施設としても利用が増加しているのが老人保健施設です。特別養護老人ホームに入るには長い順番待ちが必要のようです。
老人保健施設には医師や看護婦が常駐していて医療的なケアが必要な方にも適しているといいます。
リハビリで歩行訓練などを行い自宅への帰宅へと準備を行うことが可能です。病院から自宅へとダイレクトに退院するのに不安がある場合には利用するとよいかも知れません。
いずれにしても介護保険の申請ははやめにしておくほうがよさそうです。
posted by mabou at 01:05 | 介護保険

短期入所生活介護

高齢者介護において介護者の負担軽減は重要で、デイサービスやショートステイ(短期入所生活介護)は大事なサービスといえます。
介護保険のなかで要介護度に応じた1割の負担と食費や滞在費がかかるといいますが、要支援や要介護の方なら食事や入浴など日常生活の世話をしてもらえ、利用日数は要介護度に応じて決められていて連続使用は30日が限度となっています。
病気などで在宅看護にあたっている家族が高齢者の介護ができなくなった際に施設で預かってもらえるのは有難いサービスといえるでしょう。
多くのケースで週に数回はデイサービスを利用して月に1回はショートステイを利用するようで、介護保険制度が始まってこうしたサービス利用者が増えています。
posted by mabou at 23:15 | 介護保険

介護保険と在宅介護

高齢者が増加すれば介護が必要になる方も増えて、在宅で介護していくのに介護保険を使ってヘルパーサービスを利用したりデイサービスを利用したりする方も増えるわけですが、夜間のトイレの世話などは家族の負担となっていることも多く、夜間のトイレの世話が在宅介護を続けていけるかどうかの分かれ目になるといわれます。
認知症状が見られたりするとさらに介護者の負担は増えるでしょうから介護保険でできるところは頼むようにして介護者の負担を減らすように工夫していかないと在宅介護は難しいように見えます。
posted by mabou at 09:49 | 介護保険

自宅の改修

高齢者の自宅での転倒や骨折はたびたび起こっていて、入院手術となる場合もあり、歩行障害の原因になっています。
自宅での手すり付けや風呂場の改修などに介護保険からの補助が受けられ、さらに自治体からの補助も受けられるので、要介護度が出ている場合はケアマネと相談して自宅での生活がスムーズに過ごせるように介護保険を利用するとよいようです。上手に介護保険を利用して快適な生活を送れるよう考えていきましょう。
posted by mabou at 20:11 | 介護保険

介護保険施設

介護保険施設では多くの高齢者がデイケアなどを受けていますが、暑い夏の時期に水分摂取不足から脱水症を起こす方が増えているようです。
脱水症を起こすと腎機能の悪化にもつながり、嚥下機能も低下して食事摂取が低下して点滴が必要になったりします。したがって介護保険施設では、しょっちゅう水分摂取をすすめて脱水状態にならないよう注意する必要があります。
介護保険施設での給水は身体の健康維持に欠かせません。
posted by mabou at 16:32 | 介護保険

福祉用具と介護保険

介護保険を利用すると福祉用具のレンタルや購入が1割の負担でできるといいます。福祉用具貸与事業所には福祉用具専門相談員がいて自宅で身体機能の低下を補いながら暮らしていくのに必要な福祉用具について相談にのってくれるそうです。
ショールームに行って実物を見ておくとよいでしょう。また、ショールームには介護保険の対象外の製品もおいてあるといいます。ただし、事業所によて価格やレンタル料に差があるといいますから注意も必要ということです。上手に介護保険を利用しましょう。
posted by mabou at 07:36 | 介護保険

介護保険の問題点

介護保険は高齢化社会が進んで、高齢者が安心して暮らせるようにできた保険なのですが、必ずしもうまく機能しているとばかりはいえないようです。
要介護度の認定にしても、サービスの必要度と介護度が一致するとは限らず、必要な介護サービスが受けられなくて困っているという場合も少なくないようです。
介護保険の財源が厳しい状態ということはわかりますが、必要なサービスが介護保険で受けられるよう介護度の認定方法も見直しが必要かも知れません。国によっては医師の資格を持つ方が介護度の判定に当たっている場合もあるようで、より必要な介護サービスが反映される可能性はあると思われます。
posted by mabou at 23:57 | 介護保険

老人ホームと介護保険

老人ホームは大きく分けて住宅型と介護付きがあるそうで、住宅型の場合には介護保険を利用して訪問介護など介護サービスを受けることで必要なサービスを選んで老人ホームからサービスを受ければよいことになります。
しかし、一方では必要なサービスが増えて介護保険の利用限度額を超えてくると超過分は自己負担となってくるので、サービス利用が増えると自己負担分が大きくなってきます。
介護付きなら入居一時金や月額利用料が高めになるものの要介護度に応じてサービス利用料が決まっているため利用料が変わりません。
こうした双方のメリットを組み合わせて利用できる施設もあるようですから、自己負担が少なくなるように検討するとよいようです。
posted by mabou at 07:35 | 介護保険

介護保険と成年後見制度

成年後見制度は介護保険の施行に伴って介護サービスを利用する認知症の高齢者を支援する目的でスタートしたといいます。こうした成年後見制度の申し立てが増えていて、市区町村長が行う首長申し立てが急増しているそうです。
身寄りがない認知症の高齢者が悪質な詐欺などの被害者になる場合があるとの事で法的に保護する必要があるといいます。介護保険の施行はこういった効果も生み出しているといえ、保険制度の有効な利用法として評価されてもいいと思われます。
posted by mabou at 14:46 | 介護保険

特別養護老人ホーム

介護保険では特別養護老人ホームは介護老人福祉施設と呼ばれ、比較的料金が安く終身利用が可能ということで人気が高く、入居待機者も多いといいます。
入居待機中は介護保険を利用して介護サービスを利用することになるといいます。要介護度が1〜5の方が対象で介護者の有無なども参考に点数化されて優先者から入居が決まっていくといいます。
有料老人ホームより費用がかからないため希望者は多いといいます。新型特別養護老人ホームでは個室化が進んでいるといい、家庭にいるのと同じように過ごせることが人気の的といいます。終の棲家は早めに考えておくべきなのでしょうが、実際は簡単には入居できないようです。
介護保険を使って待機中の方が多いようです。
posted by mabou at 22:35 | 介護保険

介護保険の財源

介護保険は始まって10年だそうですが、高齢化が進んでサービス利用者も増えているようで介護保険料を引き上げても財源不足に陥っているようです。
今後の財源としては消費税率の引き上げが一応最有力となっているようですから、早晩消費税は引き上げられることになりそうだということです。介護保険料の引き上げには限度もあるでしょうから、このままでは介護保険制度の維持が困難になるといいます。
核家族化の進展などで家族の介護力の低下もあり、介護保険の必要性は高まっていると思われますが財源問題は深刻なようです。
posted by mabou at 17:10 | 介護保険

介護保険と市町村

介護保険の保険者は市町村になっていますが財政的にはすでに無理が出ているといわれます。したがって、より広域で集約することで財政的な裏づけをより確かなものにして、運営は市町村が行っていくようにすべきという意見もあります。
地域の特性に応じて介護保険を運営していく必要がありそうです。高齢化率の違いや平均収入の違いなど、いろんな地域の事情に合わせた介護保険の運用が望ましいといえるでしょう。
posted by mabou at 21:38 | 介護保険

介護保険と財源

介護保険は少子高齢化社会にあって一定の評価は受けているようですが、このまま継続して介護保険のサービスが提供できるかというと自治体側は疑問を感じているようです。
まずは介護保険料の値上げのみでは財源として不十分なようで、将来は消費税率アップなどで財源を確保するしかなくなるだろうと考えられているようです。介護保険制度はどこの国でもやっているわけではなく、お手本になる国もそんなにないようですから日本独自の工夫も必要になるようです。
税金の投入に異論は少ないようですが、介護保険のサービス利用者は当面増え続けるでしょうから財源の確保が必至です。
posted by mabou at 15:16 | 介護保険

介護保険の地域独自性

介護保険は保険サービスも保険料も全国一律とは限りません。地域の独自性に応じて保険料や保険サービスを変化させることができます。
独自の介護サービスを提供したり、利用限度額を上乗せしたりしている地域もあります。また、保険料もサービスに応じて負担を増やしている地域もあります。
こうして地域の特性に応じた介護サービスが提供できるようになっているので、さらに介護保険制度の発展が期待されているといえるかも知れません。高齢化社会の進展は予想以上のスピードで進行しており、介護に当たる家族の負担減が求められています。
posted by mabou at 18:07 | 介護保険

高齢化社会と介護保険

介護保険制度は介護する家族の存在が前提になっているところがありますが、高齢化の進展がはやく、独居高齢者や老老介護の増加に対して介護制度の変化も求められているといいます。
介護保険だけでは不十分な住民サービスもあり、ボランティアの活用や一方では医療との連携強化など今後の課題は多く、また、財政面でも介護保険料の引き上げが避けられない情勢といいますから経済的な負担面でも増加が予想されます。
介護保険の発展が期待されています。
posted by mabou at 07:34 | 介護保険

介護保険と報酬

介護保険が開始されて助かったという方も少なくないと思いますが、介護の報酬は低く、介護労働者の給与水準の低さが問題になっています。
在宅介護の事業者は厳しい経営状態のようで、負担をどこが担うのか考えるべき時期だと思われます。
国民が低負担を望むなら低福祉になるのも止むを得ないと思われます。しかし、介護を社会全体で負担していこうとするならば、高負担になってしまうと思われ、高福祉の社会にならないと話しがあわなくなってしまいます。介護保険料は取られるわけでどのくらいの保険給付を受けることになるかは、予想以上に保険給付した金額は増加しているといいます。
posted by mabou at 23:28 | 介護保険

介護保険の今後

介護保険はそれまで個人的に子供など家族が親の介護に当たっていたのが普通だったのを高齢者介護を社会全体で支えようということで始まった保険制度といえるでしょう。
生活保障の保険という意味では優れた着眼点を持つ保険といえそうです。今後高齢化社会の進展と共に介護保険の利用者は増加していくでしょうから、財源をどうするかという議論がなされることと思います。
介護職の報酬は低すぎるという指摘もあり財政的な基盤をしっかりさせて介護保険制度を根付かせる必要があるでしょう。
posted by mabou at 07:37 | 介護保険

介護保険の民間活用

介護保険制度の開始で、それまでは自治体や社会福祉法人が担っていた在宅介護が民間にも開放されて、不況で公共事業の激減した建設業界など異業種からの参入も多く、事業所の数も増加の一途といいます。
急激に介護事業所が増加して、中には悪質な業者もあるようですが、多くの事業所では介護報酬の低さもあって赤字経営になっているケースも少なくなさそうです。なんとか報酬の面でも報われるような介護保険であってほしいです。
posted by mabou at 23:24 | 介護保険

家族介護と単身世帯の介護

単身で生活を営む方が増加しているということで、家族の介護を補完するという介護保険では単身生活の方にはうまく対応しない場合が生まれているようです。
単身者でも自宅で最期まで生活できるようにするためには、訪問介護や訪問看護、訪問医療が24時間受けられる体制作りが必要で、介護保険の報酬が低く抑えられているために難しくなっている面もあるようです。
介護保険の財源を消費税に求めることは一概に悪いこととは言えないと思いますが、在宅で最期まで暮らせるような仕組み作りがより推進されていくように期待したいです。
posted by mabou at 22:37 | 介護保険

高齢者の増加

今後5年間で75歳以上の高齢者は約1.5倍に増加するそうで、介護保険に関連する事業への参入も増えているようです。
特に不況や財政難の影響で激減したといわれる公共事業関連の建設業関連の会社では介護保険事業への参入も珍しくないといいます。失業者の雇用対策としても期待されているようで、今後の介護保険関連事業の伸びが期待され、高齢者を対象にさまざまなサービスが考えられています。もちろん保険の分野でも死亡保障だけでなく、長く生存して生活していくための保険などもさらに検討されるのではないでしょうか。
老老介護も珍しくなくなった今、介護保険に助けを求める高齢者は増加の一途を辿っているようで、介護保険関連事業ものびていくと思われます。
posted by mabou at 07:38 | 介護保険

介護保険カテゴリ

介護保険
|−介護食の進歩
|−介護保険と第二種社会福祉事業
|−認知症と介護保険
|−介護保険の審査請求
|−介護保険とショートステイ
|−介護保険とホームヘルパー
|−介護保険と介護サービス
|−介護市場のビッグバン
|−介護保険とビジネスチャンス
|−介護保険と社会福祉事業法
|−介護保険のサービス
|−介護保険と自立する高齢者
|−医療から福祉へ
|−共働きと介護保険
|−応能負担と応益負担
|−要介護・要支援
|−介護保険とコスト意識
|−介護保険と措置
|−介護保険とは
|−介護保険について
|−介護保険の必要性
|−寝たきり老人と介護保険
|−家族介護と介護保険
|−介護保険の加入者
|−介護保険の利用について
|−介護保険と要介護認定について
|−介護保険と訪問調査
|−介護保険と要介護認定の決定
|−介護保険と居宅介護支援事業(ケアマネジメント)
|−介護保険と介護支援専門員(ケアマネジャー)
|−介護保険と介護認定審査会
|−日本の介護保険の特徴
|−介護保険と要介護者、要支援者へのサービス
|−介護保険と自立の認定
|−高額介護サービス費と保険
|−介護サービス費用の支払いと保険
|−住宅の改修と介護保険
|−介護保険料の算定
|−介護保険料の徴収方法
|−介護保険の保険証(被保険者証)
posted by mabou at 05:10 | 介護保険

療養型病床と介護保険

社会的な入院として問題とされる療養型病床には、介護保険を使う介護型と医療保険を使う医療型があるといい、今後は介護保険を使う介護型が廃止され、ついで医療保険を使う医療型も廃止されるといわれていましたが、そこから追い出される形となる患者の受け入れ先が整備されないままでは困るということで、民主党は一時、療養型病床の廃止を凍結する方針だそうです。
これは、順当な判断と思われ、まず現在、医療保険を使うにしろ、介護保険を使うにしろ、療養型の病床にいる方の受け入れ先をどうするか、議論が必要と思われます。療養型病床群の廃止はそれからの話になるでしょう。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

介護食の進歩

介護保険が始まって保険の仕組みも変わりましたが、介護食に関しては、介護者が食事を食べやすいようにすりつぶしたり、ミキサーにかけたりと手間ひまかけて用意する必要があるため負担が大きいといわれています。
そこで、食材の細胞間の接着を切断する酵素を、食材内部に浸透させることで細胞同士をばらばらにして、食材の見た目はそのままにやわらかくしてしまう技術が開発されたといいます。
保険の世界だけでなく、介護食の世界でも新しい試みが始まっています。介護保険ともども介護保険利用者のためにも介護食の発展を祈りたいです。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

介護保険と第二種社会福祉事業

社会福祉事業の第一種は、社会福祉法人や自治体などが主体の事業で、民間の参入は進んでいないようですが、第二種社会福祉事業は、医療法人や介護用品関連会社など民間からの参入が多くなると期待されています。
これまでの社会福祉法人などによる措置事業から、介護保険によるサービス提供側と受ける側との契約による事業に変わって、サービスの質や効率性の向上が期待されます。
介護保険の開始をビジネスチャンスと捉えて参入してくる事業者も増えているようで競争の激化が予想されます。これが、介護保険による高齢者などの介護に生かされるといいと思います。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

認知症と介護保険

認知症の方の介護に当たる家族は、介護保険のサービスを知らずに一人で介護の負担をして悩んでいる場合も少なくないといいます。せっかく介護保険ができて保険料も徴収されているわけですから必要な場合は介護保険のサービスを利用しましょう。
介護負担に押しつぶされて悩んでいる場合、介護負担に押しつぶされる前に、介護保険の利用についてケアマネージャーと連絡をとって介護プランを立ててもらいましょう。
市役所など自治体に相談して、介護保険で認定を受けて介護保険のサービスを利用することが必要でしょう。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

介護保険の審査請求

介護保険においては要介護度あるいは要支援度に応じたサービスが受けられますが、要介護度あるいは要支援度の決定に不満がある方も当然出てきますから、審査請求が介護保険審査会にできるようになっています。これは、国民健康保険などと同様の仕組みになっているようで、保険料に対する不満や保険証の交付に関する不満などにも対応できるようになっています。
一定期間内に審査請求が介護保険審査会になされれば、審査が再度行われることになります。
介護保険下でのサービス給付をできるだけ多く受けたいという方は少なくないはずで審査請求のなかでも要介護度あるいは要支援度の審査に関する請求が多くなると思われます。介護保険審査会でも人員を多く配置して対応しているようですが、なかなか希望どうりにいくとは限らないようです。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

介護保険とショートステイ

介護保険下でもショートステイのような施設使用型のサービスは、従来の主なサービス提供者であった社会福祉法人などが有利な分野といいます。
介護保険のほかのサービスは介護保険利用者のニーズに合わせた小回りのきくサービスが有利になるのに対して、施設の充実度が主に問題とされるからだということです。
介護保険の始まりで、従来は行政から顧客の紹介と報酬が保障されていたといわれる社会福祉法人などは、民間事業者との厳しい競争に巻き込まれるといわれますが、施設使用型のサービスでは介護保険のもとでも優位性を保つといわれています。
介護保険下でのサービス提供者間の競争は利用者にとってはよりよいサービスの利用につながることが期待されています。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

介護保険とホームヘルパー

介護保険のサービスの中でもホームヘルパーさんはおなじみと思いますが、ホームヘルプも介護保険の導入で、利用者獲得のサービス競争が始まっているといわれ、それまでの措置制度で社会福祉法人などが決まった利用料を市町村など自治体から確実に報酬を保障されていたのが今後は難しくなってくると思われます。
社会福祉法人などが自治体から利用者と利用料を紹介してもらっていたのが、今度は自分で参入してきた他のサービス事業者と競争しながら顧客の獲得に乗り出す必要が出てきたといえるでしょう。
介護保険の利用者にとっては、よりよい質のサービスを選ぶことができるようになり、プラスといえるでしょう。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

介護保険と介護サービス

介護保険が始まると介護報酬は要介護度によって一定の報酬がサービス提供側の事業者に入ることになり、介護事象者間での競争はサービスの質が良いかどうかが主になって、介護サービスを受ける側にとってはサービスの向上が期待できるといわれます。
それまでのように民間事業者の参入が制限されている福祉制度のなかでは、なかなかサービスの質による競争は生まれてこなかったといえるでしょう。
介護保険下での介護サービス提供者間での競争が介護サービスの質の向上につながることが期待されているといえるでしょう。介護保険の今後が楽しみです。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

介護市場のビッグバン

一昔前には金融市場のビッグバンが話題になり、銀行、証券、保険会社の垣根が取り払われて三者が入り乱れての競争が始まりましたが、介護市場のビッグバンも同じように、それまで社会福祉法人などに限定されていた福祉の市場が民間にも開放されてサービス競争が始まることになると考えられます。
民間サービスには、公的な福祉サービスの対象にならなかったケースや資金面で余裕のある富裕層などに限られていた介護の対象が一気に広がることになり、競争によるより適切な介護サービスが提供されることを介護保険は目指しているといえるでしょう。介護保険で増加する高齢者への効率的なサービスが行われることが期待されます。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

介護保険とビジネスチャンス

それまで社会福祉法人と行政側にほぼ独占されていた介護関連の事業は民間業者を含めて競争になってくると思われます。
営利企業や医療機関などいろんな事業体が参加して介護サービスの充実が図られることが期待されます。介護保険の利用者にとっては選択の幅が広がって介護保険が利用しやすくなるメリットがあると考えられます。
一方で、介護保険の導入によって淘汰されていく事業者も出てくるでしょうから介護保険の導入を経営に生かす努力が要求されているといえるでしょう。これをビジネスチャンスととらえて多くの方が介護保険関連事業に着くようになると思われます。それだけ介護保険による市場規模も大きいといえるでしょう。
介護保険によって拡大した市場をビジネスチャンスにすることが可能となっています。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

介護保険と社会福祉事業法

介護保険のもとでは、社会福祉法人も市町村など行政側から委託料を貰って運営していた介護事業も介護報酬を受け取ることで運営していくこととなり、利用者が少なければ介護保険で支払われる報酬も減少することになります。
したがって、社会福祉事業法の変更によって、利用者を増やしたり、要介護度の高い利用者を集めることで介護保険料から受け取る報酬を増やしていく必要が生じてくると思われます。
社会福祉法人もこれまでのように経営がしっかりしていないといわれるようでは、介護保険のもとでは生き残っていくことが難しくなるかも知れないといわれています。
posted by mabou at 05:01 | 介護保険

介護保険のサービス

介護保険によるサービスは、契約書にも書かれているように、利用者がサービス提供事業者を自由に選択変更できることで、今までのように行政側と社会福祉法人に限られて選択の余地がなかった状態からよりよいサービスが求められる状態に変わりました。
介護保険によってサービスの質が変わったといわれ、より利用者の利用しやすい状況が介護保険のスタートによって生まれたわけです。介護保険を必要な方が簡単な手続きで利用できるように、介護保険制度の効率化を進めて行って欲しいものです。
posted by mabou at 05:00 | 介護保険

介護保険と自立する高齢者

戦後の復興期を経て、日本の高齢者も年金保険の恩恵を受ける世代となって、可処分所得で言うと若年層を超える金額が使える状況になっています。
年金保険制度はいろいろ問題はあるものの、自立する高齢者を生み出し、経済的に豊かになった高齢者の介護において、介護保険制度の誕生に結びついたともいえるようです。
こうして高齢者自身が介護保険料を負担して支えあう介護保険がスタートしたといえるでしょう。
高齢者の増加によって福祉制度で行う介護から保険制度で行う介護へと変換していく必要があったともいえるでしょう。
posted by mabou at 05:00 | 介護保険

医療から福祉へ

現在の介護保険の対象になっている寝たきり老人などは、以前は福祉制度の中で受け皿が少なく、医療制度の中で病院に社会的入院といわれるような長期入院となる場合が少なくなかったようです。
ところが、高齢者が増加して例外的とも考えられていた社会的入院が増えてくると、健康保険制度の赤字もあって、保険制度自体が持ちこたえられなくなるだろうと考えられるようになり、病院に入院するのでなく、なるべく自宅で過ごせるような体制作りが推進されてきています。
こうして介護保険の枠組みが作られ、介護保険制度のもと、より経済的な福祉の試みがなされていると考えられます。
posted by mabou at 05:00 | 介護保険

共働きと介護保険

共働き家庭が増加して、それまで家庭で介護に当たっていた女性の力が借りられなくなると、高齢化社会における高齢者の増加に対して介護力が失われることになります。
したがって、介護の現場で女性に代わって増加する高齢寝たきり老人などに対応する仕組みが必要となり、介護保険がその役割を担ってくれると期待されています。
しかし、介護保険にも問題がないわけではありませんから、これからの高齢化社会に十分対応できる保険制度が確立されるかどうかは微妙なところと思われます。
posted by mabou at 05:00 | 介護保険

応能負担と応益負担

介護保険においては、それまで応能負担といって、負担できる能力に応じて料金が徴収されるという仕組みであったのを、利用者が受けるサービスに応じて料金が徴収されるという保険に転じたという点が異なります。
いわば、福祉行政の中にサービス業の精神を注入しようという取り組みとも言え、保険財政の破綻を防ぐためでもあると思われます。
高齢化社会の進展とともに介護を受ける人数も飛躍的に増加するわけですから財政的に長続きするシステムを作り上げることが目的で介護保険制度が導入されたという面もあると思います。
保険財政の逼迫する中で、保険財政の負担を減らすという目的もあると思われます。
posted by mabou at 05:00 | 介護保険

要介護・要支援

介護保険においては、要介護や要支援など、その人の必要な支援や介護の度合いを決める必要が出てきますから、主治医の意見書のほか、介護保険の調査員が家庭を訪れたりして資料を収集して、それらを持ち寄って判定委員会において要支援や要介護度などの決定が行われているということです。
要介護度によって、介護保険で受けられるサービスにも違いが出てくるようですからなるべく正確な判定が介護保険には求められているといえるでしょう。保険の運用の公平性を期すためにも重要なプロセスです。
保険の原則は公平性が大事ですから、できれば実際に介護保険の給付を受ける人を見て、要支援や要介護度などの決定が行われるとなお良いのかも知れません。

posted by mabou at 05:00 | 介護保険

介護保険とコスト意識

介護保険になって、それまでの行政措置の福祉サービスよりはコスト意識が高くなっていると思われます。
措置の場合は、サービスを受ける側はお金がかかるわけではないので、コスト意識が芽生えることは期待できません。
また、サービス供給側も行政から決まった金額で委託が来るので、コストを削って安くサービスを提供しようとする意識は育ちにくくなるといえるでしょう。
それに対して、介護保険の場合には被保険者にとってのよりよいサービスを求めることが出来るので、サービスを受ける側のコスト意識を促すことになり、また、サービス供給側もサービス受給者との契約になるため、コスト意識が芽生えて、効率的な運営が期待できるようになると考えられます。
posted by mabou at 05:00 | 介護保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。