スポンサードリンク

職域加算

職域加算は公務員の加入する年金の上乗せ支給の部分と言われているようです。
会社員が1階部分の基礎年金に2階部分の厚生年金に3階部分の企業年金があることに対して、公務員にも1階部分の基礎年金に2階部分の厚生年金に3階部分の上乗せ年金部分として職域加算が導入されたそうです。
民間企業の適格退職年金や確定給付型企業年金、確定拠出年金、厚生年金基金などに対応する年金の3階部分として置かれているようです。
posted by mabou at 21:58 | 共済保険

共済年金の転給

共済年金は官民格差の標的になっているようですが、確かに保険料率は厚生年金よりも低くなっていて優遇されているのかもしれません。
さらに厚生年金にはない転給という制度があって、一定の条件を満たせば年金の受給権の引継ぎができるといいますが、これらの格差は社会保障の一元化法案でなくなっていく予定になっているようです。
posted by mabou at 18:33 | 共済保険

コープ共済あいぷらすについて

コープ共済あいぷらすは、死亡保障のほか入院特約やがん特約がつけられるいわゆる生命保険と考えてよさそうです。共済期間は10年間で60歳まで加入できるといいます。
共済は保険料が割安なのでしょうが、死亡保険の保険金は低めに抑えられているため、生活保障としては不足と思われる方もいるでしょう。
したがって、自宅を購入して住宅ローンを組んで団体信用保険に加入したりして、保険には加入しているがもう少し保険に入っておきたい場合などによいのかもしれません。保障がもう少し欲しいというとき、あるいは入院などの特約も加入したいといった時に適した保険になるのかもしれません。
共済の保険のいいところは保険料が安いところでしょうが、告知が簡単な分、保険料は高めになるともいいますから簡単に入れるから保険料が安いと一概にいえないところは注意する必要があります。
posted by mabou at 20:57 | 共済保険

コープ共済たすけあいと告知事項

コープ共済たすけあいでは、健康状態に関する告知も簡単になっていて気軽に加入できるよう配慮されているようです。
健康状態に関する告知事項では、入院中や入院予定がないか、あるいは過去1年間に病気やけがで医療機関にかかっていないか、あるいは健診や人間ドックで異常をいわれていないか、あるいは過去5年間に一定の病気で医療機関にかかっていないかなどを告知する必要がありますが、比較的簡単で入りやすい保険といえるでしょう。
告知については面倒だから保険に入らないという方もいるほどで、健康面の告知が簡単なほど保険加入への促進効果が出ることと思われます。
posted by mabou at 20:01 | 共済保険

小規模共済保険の存続

小規模共済保険については無認可共済などで顧客トラブルが多発して、保険業法改正で禁止されてしまいましたが、相互補助的性格の小規模共済も事業継続が困難になって困っているということで、再び条件を満たせば続けられることになるといいます。
問題は再び顧客トラブルが起きないように監督方法をどうするかということで、今のところ決定打はないようです。くれぐれも甘い言葉に乗って小規模共済に加入することはしないよう注意しなければならないでしょう。
posted by mabou at 18:47 | 共済保険

JA共済の医療共済

JA共済の医療共済は、共済期間や入院の際の支払い限度日数、掛け金の払い込み期間が選べます。先進医療にも対応して保険金が支払われ、がんの重点保障など保障をより充実させたいという方にも向いています。
医療共済で健康を害した際の保障に備えましょう。医療の進歩は日進月歩で先進医療のお世話になる機会も増えてきています。あなたも先進医療の適用を受けるかもしれません。
なんといってもJAだから安心という方、生命保険会社や損害保険会社より共済が好きという方にはこの医療共済がおすすめかもしれません。
posted by mabou at 13:08 | 共済保険

自然災害保障付火災共済

毎年のことですが寒い季節が訪れて、クリスマスのシーズンになると火事が増えるような気がします。
火災は人の生命や財産を一瞬にして奪っていく恐ろしさがあり、保険で備えることが望まれます。
こくみん共済の全労災では、火事のみならず、地震や豪雨などの自然災害時の保障に役立つ保険を用意しています。
必要保障額の計算では東京都と神奈川県は他の都道府県より高めになっていますが、それだけ災害への対策が必要ともいえるでしょう。
火災共済にプラスして付けられる自然災害共済では地震、風水害のみならず、盗難による損害も保障がつきます。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

こくみん共済に加入できない?

こくみん共済は掛け金が割安で手軽な共済といえるでしょうが、その代わり保険に加入できない場合もあります。
例えば、入院中の方や入院や手術予定の場合には加入できない場合があるようです。
また、検査中の方、高血圧症や脂質異常症、あるいは心臓ペースメーカー装着中の方も保険に加入できない場合がるようです。
さらに脳卒中や脳動脈瘤、狭心症や心筋梗塞、肝炎や肝硬変、腎不全や腎炎、統合失調症や認知症、糖尿病やパーキンソン病、膠原病や肺気腫、潰瘍性大腸炎やクローン病などの病気がある場合も保険加入ができない場合があるといいます。
要するに、保険料を割安にするためには、なるべく健康な方に多く加入していただく必要があるように思われます。つまり、保険には健康なうちにはやく加入しておくようにする必要があるようです。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

共済と保険の違い

共済は、生命保険会社と違い、出資金を支払って組合員となる非営利の事業とされ、厚生労働省と知事の認可を受けた事業といいます。
これに対して、保険は以前は多くが相互会社であったものが、今では多くが株式会社となって、営利を目的に顧客との契約を締結する一般の企業と変わらなくなっています。
もちろん、保険も共済も、いずれも目的はリスクの保障で、いざというときの為に保障を用意しようというものです。
さらに共済は、資産運用も堅実に行っているということで、株式による資産運用などのように金融恐慌など不況の影響も受けにくく、また、年齢層に区切った場合の同じ年齢層の中では一律保障と一律掛金ということで、利点もあります。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

こくみん共済の終身生命共済保険

こくみん共済は、全労災が運営する保険で、組合員の生活保障が目的ということです。
ただし、競馬や競輪などの職業、あるいは潜水や潜函などの職業、警察官や海上保安官などの職業、自衛官などの職業、炭鉱内などの作業従事者、漁業などの船舶乗組員、タクシー運転手など共済金が支払われない場合もあるそうですから注意が必要です。
共済保険のため、保険の掛け金も手頃でよいと思いますが、大型の保障を望む方には難しいかもしれません。
終身医療3000と終身医療5000、終身医療追加2000があり、入院一日につき、5000円から3000円の保障が受けられ、病気やけがで手術を受けた場合は、50000円から30000円の保障になっています。
入院と手術の2つの保障に絞ることで、手頃な掛け金に押さえているといいます。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

共済保険の特徴

共済保険は、もともと職場での助け合いから始まった保障制度が保険に発展したということで、保険会社の扱う生命保険などと違って、生協法による出資金を払って組合員となることで非営利の事業として営まれています。
したがって、営利を目的に契約を結ぶ保険会社と違い、設定された保障に大勢の人が加入することで割安の保険料を実現しているといわれます。保険の掛け金を安く済ませたい方にはおすすめかもしれません。
入院保障から死亡保障まで幅広く手厚い保障が売り物です。
一方、保険会社の保険商品はお客様のニーズに合うようにいろんな保険商品が開発されて提供されているため、オーダーメイドの保険で生活保障がつけられる点が良い点のひとつといえるでしょう。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

生協の共済と保険

生協関連の共済団体のうち日本生協連(日本生活協同組合連合会)が扱っている共済をCO・OP共済(コープ共済)といいます。組合員になれば誰でも共済に加入でき加入時の医師の審査も必要なく所定の告知書に記入するだけでよいそうです。
コープ共済には
コープ共済「たすけあい」
コープ生命共済「あいあい」
コープ火災共済
がありますがコープ生命共済「あいあい」とコープ火災共済は全労災の共済と協同組合間の協同事業として保険を取り扱っているということです。
コープ共済「たすけあい」は日本生協連独自の共済保険で、病気と怪我による死亡や重度障害あるいは入院費用、医療費さらには病気と怪我による家族の死亡や重度障害その他に住宅の火災や風水害などによる損害に対する共済金がでるということです。よりよい保障が割安に受けられる点は魅力でしょう。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

県民共済と保険

県民共済は全国生協連(全国生活協同組合連合会)が厚生労働省の監督下に行っている共済事業になります。全国生協連を母体として各都道府県の県民共済が取り扱っていて、全労災と同様に指定金融機関の窓口で加入を扱っています。
各都道府県ごとに東京都は都民共済、北海道は道民共済、大阪府と京都府は府民共済などとも呼ばれています。
個人加入の定期生命共済と交通災害保障共済を組み合わせ災害特約や疾病入院特約などを含んだかたちになっています。
従来の生命型に加えて、入院や通院など医療面の保証を手厚くした入院型あるいはこども共済や傷害共済や新型火災共済なども取り扱っています。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

労働者共済と保険

労働者共済の代表はやはり全労災(全国労働者共済生活協同組合連合会)になります。全労災の構成員の主体は組合員ですが出資金を払えば誰でも組合員にはなれるということです。
全労災の共済には
生命共済
火災共済
自動車共済
傷害共済
などがあって、例えば生命共済では
個人定期生命共済
個人長期生命共済
終身生命共済
団体定期生命共済
などがあり、このうち個人長期生命共済は民間生命保険会社の定期保険や定期保険特約付養老保険にあたるということです。
申し込みは全国の取り扱い金融機関の窓口あるいは全労災本部への申し込み書類の郵送と保険料払い込みでできます。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

農協協同組合(JA)共済と保険

JA共済は原則としてJAの組合員とその家族が対象になっています。組合員以外の共済制度加入には一定の制限がありますが出資金を払って准組合員になれば組合員と同様に扱われるということです。
JA共済には大きく分けて
生命共済
火災共済
自動車共済
傷害共済
賠償責任共済
などがあります。
このうち生命共済には
民間生命保険会社での養老保険や定期保険特約付養老保険にあたる養老生命共済
民間生命保険会社での終身保険や定期保険特約付終身保険にあたる終身共済
民間生命保険会社での定期保険にあたる定期生命共済
などが含まれています。
また火災共済には
民間損害保険会社での住宅火災保険や普通火災保険などにあたる火災共済
民間損害保険会社での長期総合保険にあたる建物更生共済
などが含まれています
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

都民共済について

都民共済は割安の掛け金で充実の保障を目指す保険と言えるかもしれません。入院保障から死亡保障まで幅広い保障が売り物で、医療特約を付ける事で、日帰り入院や日帰り手術も保障されています。
他の保険と同じように、加入時に健康状態についての告知が必要で、保険に加入できない場合があるのと同様に、共済に加入できない場合もあります。
こうした生活共同組合が取り扱う保険では、剰余金が出た場合に割戻金もあって、保険加入者からすればお得な保険といえるかもしれません。都民の生活を守る保険として検討してみるといいと思います。
ただし、死亡保険金は低い額に抑えられていて、大型の保障が必要な場合には他の保険への加入が必要といえるでしょう。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

新型火災共済

新型火災共済は、都民共済の新しい保険で、他の家からの貰い火などで補償金が出ない場合などに役立つ保険といいます。
住宅のみならず家財だけでも保障ができ、再取得価額で保障されるので、古くて評価額が低下して再建や修理ができないといったお悩みに対処できると考えられます。また、火災だけでなく落雷や水漏れ、飛行機事故などにもひろく対応して保険金がおりるそうなので、火災以外の災害時にも安心といえる保険です。
もちろん共済保険なので保険料にあたる掛け金も割安になっているということですから、ご心配の方にはおすすめの保険といえるでしょう。
東京都民共済生活協同組合の新しい火災保険を検討してみてはいかがでしょうか。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

借家人賠償責任特約

借家人賠償責任特約は、東京都民共済生協の新型火災保険で賃貸住宅にお住まいの方におすすめの特約です。
加入者の過失による住宅の損害を補償する保険で、貸主に法律上の損害賠償をする必要がある場合に保障額を限度として共済金が支払われる保険といいます。
持ち家でなくても、都内に家を借りている方は住宅の損害に対する保障が欲しい場合によいのではないでしょうか。
火災だけでなく爆発や漏水など幅広く保障が受けられるようで賃貸住宅にお住まいの方におすすめです。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

中小企業災害補償共済福祉財団

中小企業災害補償共済福祉財団は中小企業の安心を請け負います。税金上は会費が損金や必要経費に計上できて、ケガの保障ができるということです。
また、安全衛生設備の購入費用が一部助成されたり、健康診断や人間ドックの費用の補助金もでるといいます。
中小企業の経営者ならびに従業員の安心保障に利用していただくとよいかもしれません。
posted by mabou at 16:46 | 共済保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。