スポンサードリンク

労災保険と仕事

仕事にからんだ病気やけがの場合の保障には労災保険が頼りになります。
労災のために仕事ができない時も、普段の賃金の一定割合が補償されますから安心といえるでしょう。
労災保険はいわゆる非正規雇用の場合でも適用されるようで、仕事をする時の強い味方といえるでしょう。
仕事は大事ですが、労災保険に加入していない会社は避けた方がよさそうです。
posted by mabou at 21:24 | 労働者災害補償保険(労災保険 )

労災保険とストレス

不況の影響もあってか、労災保険の請求で精神科疾患での請求が増加しているといいます。不況で仕事のノルマがきつくなったり、退職を勧められたりすることもあるといいますから、ストレスが増えているのかもしれません。
それはともかく労災保険の請求は病気でもけがでもでき、ほとんどがけがでの請求だそうです。
請求が通れば入院費などは原則的に無料になるといいます。
死亡や高度障害が残った場合などは年金なども支払われるといい、仕事をしている方には重要な保険といえます。正社員だけでなくパートやアルバイトなども対象になっていて、事業主が保険料を負担しているそうですから覚えておきましょう。
posted by mabou at 20:58 | 労働者災害補償保険(労災保険 )

HIV感染防御薬

HIVはエイズのウイルスとして知られていますが、これまでは医療機関側が針刺し事故などで感染防御をしようとすると労災保険は使えなかったため、HIV感染者の診療を断る場合もあったのではないかといわれています。
今後は労災保険が使えるためHIV感染者の診療受け入れ医療機関が増えることが期待されています。こんなところにも保険が役立っているわけです。
posted by mabou at 22:58 | 労働者災害補償保険(労災保険 )

石綿健康被害救済法

石綿はかつては断熱材などいろんなところで利用されていましたが、石綿肺など健康被害が続出して使用禁止になっているものです。こうした健康被害が出ていても労災保険の適用になっていないケースもあり、救済目的で石綿健康被害救済法がびまん性胸膜肥厚や重症の石綿肺のケースに適用されるようです。
できれば保険の適用になるのが一番かもしれませんが、保険金の給付を受ける際には適用になるかどうかが問題になることも多いですから規約を今一度確かめておくことも大事でしょう。
かつてはいたるところで使われていたようで、広く被害が広がっているようで高齢化が進む健康被害者の救済が急がれます。
posted by mabou at 10:04 | 労働者災害補償保険(労災保険 )

労災保険の給付

労災保険は、会社の従業員が業務上の病気やケガをした際に必要な医療費を給付する保険で、この給付を療養補償給付あるいは療養の給付といいます。
労災保険は使用者が保険料を負担していて、保険料は業務の危険度と災害率あるいは事故率を考慮に入れて異なってきます。
給付の内容は以下のようになります。
●療養のために働けず給料の支給がなかった時に休業補償給付
●病気やケガが1年6ヶ月経っても治らない時に傷病補償年金
●病気やケガが治った後も身体に障害が残った時に障害補償年金や障害補償一時金
さらに、死亡した場合は葬送料、遺族補償年金、遺族補償一時金などが給付されることになっています。
posted by mabou at 08:00 | 労働者災害補償保険(労災保険 )

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。