スポンサードリンク

雇用保険と震災

東日本大震災で仕事を失った方も多いのですが、特例により給付期間が延長されていた雇用保険による失業給付もそろそろ期限が切れる頃といいます。
今でも求職中の方も少なくないと思いますが、失業保険の給付が切れてしまうと生活保障上、困ってしまうことも考えられますがどうなるのでしょう。復興事業にも簡単に就職できるわけではないでしょうから就職活動は大変かもしれません。
posted by mabou at 07:25 | 雇用保険

雇用保険料率の引き下げ

今年は東日本大震災もあり増税や消費税率アップで家計は苦しくなるのではと心配になりますが、雇用保険料率は引き下げられるそうで、一応負担減となってうれしい限りです。
企業側も労働者側も負担減となって景気の刺激にでもなればいいのでしょうが、景気の悪さも困ったものです。なんとか景気がよくなって生活保障に活路が見出せるよう期待したいところです。
posted by mabou at 17:18 | 雇用保険

雇用保険の給付金とは

雇用保険の加入期間が5年以上あると、60歳から65歳の間、仕事を続けることで雇用保険の給付金が受け取れる場合があるといいます。高年齢継続雇用給付といい、一定の限度額はありますが、60歳時点の賃金よりも4分の1以上低下した場合には受け取れる場合があるようですから、60歳以後も働き続ける動機付けになるかもしれません。早々と引退せずに長く働くつもりの方は雇用保険の給付金についてもチェックしておくとよいでしょう。
老後の生活保障などの不安を払拭するのは容易なことではないでしょうが、雇用保険の給付金についても知っておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 11:41 | 雇用保険

雇用保険の基本手当て

雇用保険の基本手当ては失業手当と呼ばれますが、このたび引き上げが決まったそうです。
改正雇用保険法がこの夏に施行されることなどもあって、5年ぶりの引き上げになるそうで、東日本大震災により失業した方々もこの引き上げで失業保険が増えるといいと思います。
生活保障の保険という意味で失業保険は重要で、いつ何時失業するか分からない世の中ですから、必ず雇用保険には加入しておくべきでしょう。
posted by mabou at 21:58 | 雇用保険

雇用保険と震災

東日本大震災に関連して休業中の事業所で働く方々は賃金保障もなく生活に不安を感じているケースも多いといいますが、原則的には雇用保険の適用を受けられるということですから各地のハローワークに問い合わせるとよいといいます。仕事の再開が見込めなければ解雇として失業保険を受ける手続きをしないと、休業中で賃金も出ないとなると生活保障が無くなってしまいます。
地震と津波、さらに福島原発事故による放射能漏れなど企業を取り巻く環境は厳しく、操業再開の目途が立たない事業所も多いと思いますが、従業員の方はハローワークで失業保険の受け取りができるか相談してみるとよいでしょう。厳しい環境だとは思いますが失業保険で一息ついたら生活再建に向けて行動して欲しいと思います。
震災後の生活再建には幾多の困難があることでしょうが、失業保険が生活保障の助けになることが期待されます。
posted by mabou at 09:28 | 雇用保険

改正雇用保険法

今年の四月には改正雇用保険法が施行され、31日以上の雇用が見込まれて、週に20時間以上の労働が見込まれれば、会社は雇用保険法に加入させる義務があるとされていますが、従業員を雇用保険に加入させていないところがあるといいます。
会社側にとっては、保険料負担が経済的に厳しいのかも知れませんが、従業員側にとっては失業保険がもらえないケースが出てくる可能性もあるそうで、生活にかかってくる問題といえそうです。
不況もあって企業の経営環境は厳しさをますでしょうから、雇用保険の未加入問題は今後も続くと思われます。
非正規雇用といわれる雇用形態が増えている昨今、労働者側が雇用保険の加入の有無もチェックする必要があるということでしょう。
posted by mabou at 21:34 | 雇用保険

雇用保険の給付金

定年後の生活保障には年金がまず頭に浮かぶでしょうが、意外なところで雇用保険の給付金があります。
例えば高年齢雇用継続給付では、60歳以上65歳未満で、雇用保険の加入期間が5年以上あって、60歳になった時の賃金の4分の3に満たない場合に雇用保険の給付金が支給されるといいます。
60歳以降も仕事をしていると厚生年金が給料に応じて減額され、さらに高年齢雇用継続給付を支給されているとさらに厚生年金は減額されるといいます。もちろん受け取る総額は雇用保険の給付金をもらった方が多くなるので厚生年金の減額は仕方ないことかもしれませんが。
posted by mabou at 00:19 | 雇用保険

失業手当の給付

失業手当の給付期間は、離職の理由によって異なります。勤めていた会社の都合で退職となった場合と一般的な失業とでは手当ての給付期間が異なり、会社都合の場合の方が長く給付がもらえます。
また、雇用保険の加入期間が長い方が手当ての給付期間も長く設定されています。
給付金額は離職前の賃金が低いほど手当ての割合としては高くなっているようです。
とりあえず手当てがもらえると思ったら自分の住所管轄地のハローワークに手続きに入ってみる必要がありそうです。離職の翌日から1年以内に手続きをする必要があるそうで早めの手続きがすすめられます。
posted by mabou at 22:56 | 雇用保険

雇用保険と失業手当

失業手当を受けるためには雇用保険に加入している必要があり、雇用保険に加入するには雇用の見込み期間が31日以上が必要です。また、1週間に20時間以上の労働時間が必要です。
改正雇用保険法が施行されて、雇用の見込み期間は6ヶ月以上から31日以上へと短縮されています。
雇用保険料率も賃金の1.1%から1.55%に引き上げられて財政的な基盤強化が図られています。職を失った際の生活保障には有難い保険といえるでしょう。
posted by mabou at 21:40 | 雇用保険

改正雇用保険法

派遣労働者が雇用保険に加入しやすくする為に改正雇用保険法が施行されます。短期の雇用者でも保険に加入することができるので失業した際に失業保険の受け取りがしやすくなります。短期の契約社員にとっては失業保険が安心のひとつといえるでしょう。
雇用保険の加入要件が緩和されることで雇用の見込み期間が短期の労働者が雇用保険に加入できることになると考えられます。派遣労働が一般的な就業形態になるにつれて雇用保険に加入しづらいという派遣の欠点が是正されることで労働者側には失業保険の給付が受けやすくなるというメリットがありそうです。
posted by mabou at 00:15 | 雇用保険

雇用保険の失業給付

去年のリーマンショックに続く不況の影響は世界的な規模で続いているようで、日本の雇用状況にも暗い影を落としています。
正社員でない労働者が切り捨てられ、大量の失業者が生まれ、雇用保険の失業給付を受けるものの、それも切れて生活保護を受けているというケースも少なくありません。
雇用保険が受けられる間に次の仕事が見つかればいいのでしょうが、今回のような深刻な不況ではそれもままならず、ホームレスのような状態に追い込まれる場合もあるといい、雇用保険の保障が及ばない事態となっています。保険というからには保障期間の延長などさらに充実した保障が必要なのかも知れません。
posted by mabou at 18:03 | 雇用保険

失業保険秘伝の書

世界的な不況の中で失業保険を利用する場合も少なくないと思われます。そんなもしもの時の備えが保険であるともいえるでしょう。
失業保険を最大限利用するために、失業保険の秘伝の書を紹介いたします。
あなたとあなたの家族の生活を守るために、失業保険のいろはが役立つはずです。失業というピンチに備える失業保険利用のためのマニュアルです。
アメリカに端を発する金融恐慌があなたの生活を脅かそうとしています。備えあれば憂いなし、これが保険の利点といえるでしょう。万が一のための備えが保険ですね。
派遣切りが社会問題化している現在の不況のもとでは、失業保険がもらえるかどうかも生活上、大きな影響を及ぼすことになります。日頃から失業保険を含めてセーフティーネットのひとつと考えられる保険についても検討しておきましょう。
派遣のみならず正社員の雇用の保証も安心できないような状況になりつつあるようです。失業保険についてはよく研究しておきたいところです。


失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
posted by mabou at 18:03 | 雇用保険

雇用保険をもらおう

雇用保険をもらおうと思ったら、まず多くの労働者は会社が雇用保険料をあなたに代わって収めているはずで、可能と思われます。
大事なことは、自己都合で退職する場合は、2年間で12ヶ月以上の雇用保険料が収められていればよいということです。
一方、会社の都合で退職する場合には、1年間で6ヶ月以上の雇用保険料が収められていればよいということです。
また、雇用保険をもらおうと思ったら、1ヶ月に1回はハローワークに行って、就職活動の報告をする必要があります。
さらに、幾ら高給取りでも、雇用保険をもらう最高額は月23万円くらいに抑えられていて、あくまでも雇用保険は、次の仕事を見つけるための援助に当てられるお金ということです。
いずれにしても有難い保険と思いますからもらい損ねないように注意しましょう。

posted by mabou at 18:03 | 雇用保険

失業保険完全攻略マニュアル

かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアルには、行政の隙間をついて、失業保険をもらえるようにするにはどうすればよいかが書かれています。
失業保険ももらえるならもらっておきましょう。保険とは万一の場合の保障でもあり、失業という一大事に保険があることは保障として利用したいところといえるでしょう。スムーズに保険金をもらえるように知っておくことがあれば、保険に詳しい方の意見を聞いておくべきかも知れません。
もちろん失業が避けられれば保険のお世話になることもないのですが。





>
posted by mabou at 18:03 | 雇用保険

労働保険の年度更新

労働保険(労災保険、雇用保険)の保険料は、対象期間(4月1日〜翌3月31日まで)のはじめに概算額で申告・納付をして対象期間終了後に確定保険料を計算してすでに納付した概算額との過不足を調整することになっていて、毎年この作業を繰り返します。

概算保険料とは、原則として前年度に確定した賃金総額を、今年の賃金総額見込み額として概算保険料を算出したものです。

一般の継続事業の場合、毎年5月20日までに「労働保険概算・増加概算・確定保険料申告書」を提出する必要があり、原則、保険年度の初めに都道府県労働局から書類が郵送されることになっています。

新規の会社設立の場合は、「保険関係成立届」と一緒に「労働保険概算・増加概算・確定保険料申告書」を提出します。保険関係成立日から保険年度の末日(3月31日)までの全従業員の賃金見込み額を計算して、労災保険と雇用保険の保険料率を掛け算して概算保険料を算出します。
保険関係の成立日の翌日から50日以内に申告・納付する必要があります。
書類は労働基準監督署長経由で都道府県労働局労働保険特別会計歳入徴収官まで申告し、納付は日本銀行本・支店あるいは郵便局で納付となっています。
posted by mabou at 18:03 | 雇用保険

雇用保険の手続き

●新規に事業所(会社)を設立して、雇用保険に加入する必要がある従業員を採用する場合
●任意加入の従業員5人未満の個人経営の農林水産業などにおいて、従業員の数が増加して強制適用事業所になった場合
●任意加入の事業所において従業員の半数以上が雇用保険加入を希望して、半数以上が加入に同意した場合
以上のような場合に雇用保険適用事業所になることができ、例えば事業所を新規に設置した場合は事業所設置の翌日から起算して10日以内に雇用保険適用事業所設置届を提出する必要があります。
posted by mabou at 18:03 | 雇用保険

雇用保険の被保険者

雇用保険の被保険者になるのは以下のような場合です。
●一般被保険者(一般被保険者と一般被保険者の短時間労働被保険者)
●高年齢継続被保険者、高年齢短時間労働被保険者
●短期雇用特別被保険者
●日雇労働被保険者
一方で以下のような場合は雇用保険に加入できません。
●65歳に達した後で新たに雇用された人、但し、65歳になる前から同一事業所に引き続いて雇用されている場合や雇用特例、日雇労働の被保険者は除きます。
●短時間労働者で季節的に雇用される人、30日以内の期間を定めて雇用される人、但し、日雇労働者に該当する人は除きます。
●4ヶ月以内の期間を予定して行なわれる季節的事業に雇用される人。
●船員保険に加入している人。
●国、都道府県、市区町村などに雇用されている人で離職したときに他の法令等によって受ける諸給与の内容が雇用保険の給付内容を超える場合。

パートタイマーの場合は、労災保険ではすべての人が保険の対象ですが、雇用保険の場合はパートタイマーが短時間労働被保険者に該当するかどうかは
●1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満
●1年以上引き続き雇用されることが見込まれること
の2つの条件が見たされた場合に該当することになります。
posted by mabou at 18:03 | 雇用保険

雇用保険について

雇用保険は個人、法人を問わず、従業員を1人でも雇えば原則として強制加入となるということです。雇用保険が強制適用にならないのは個人経営で従業員数5人未満の農水産事業所だけになります。
この保険は労働者が会社を辞めて失業した場合に必要な失業給付を行ないます。これには、
●求職者給付:失業時の生活安定化のための給付を行なう。
●就職促進給付:再就職を促進するための給付を行なう。
●雇用継続給付
●教育訓練給付:厚生労働大臣指定の教育訓練講座を受講した一般被保険者に対して教育訓練給付費を支給する。
などがあり、そのほかに雇用保険には
●労働者の求職活動を援助する。
●労働者の雇用機会を増加させる。
●労働者の能力の開発を支援する。
などの活動があって、労働者の福祉の増進を図ることを目的としています。
posted by mabou at 18:03 | 雇用保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。