スポンサードリンク

保険料と消費税

いよいよ今月から消費税が5%から8%へと値上げされましたが、損害保険会社では自動車事故に伴う修理費が値上がりすることもあって保険料を引き上げる保険会社も出て来たようです。
これからは値上げが続くことでしょうが、生活の保障をどうしていくのか、考えどころです。地震や津波も相次いでいる中、自分の生活をどうやって守るのかが課題となることでしょう。
posted by mabou at 14:18 | 保険ニュース

オバマケアと国民皆保険

アメリカでは国民皆保険制度の確立を目指すオバマ大統領の改革が大詰めを迎えているようですが、なかなか保険料負担もあって、保険加入に踏み切れない人も少なくないようです。
保険に未加入だとペナルティーもあるようで、いくらかは支払わされるようですが、それでも保険料負担を嫌って未加入のままというケースが少なくないようですから、いかに国民皆保険制度が簡単ではないかということが窺えます。
posted by mabou at 18:19 | 保険ニュース

介護保険料と国民健康保険料の値上げ

とうとう消費税の値上げがせまってまいりましたが、そのほかにも生活していく負担が増加するものが目白押しのようです。
例えば、国民健康保険料や介護保険料は、高齢化の進展で医療費の増加が止まらないことからやむを得ないことかも知れませんが、負担増もいいかげんにしておかないと、消費が冷え込めば景気が浮上することは簡単には考えられないことでしょう。
posted by mabou at 23:03 | 保険ニュース

年金減額と社会保障

デフレが続いてきた日本ですが、今度は公的年金が減額され、さらに医療費負担などの社会保障費も値上がりが見込まれるようで、生活自体は厳しさを増していくことになりそうです。
老後の生活保障に不安を覚える人が増えているようですが、そうした不安に付け込むような投資話などにひっかからないように注意する必要がありそうです。
posted by mabou at 11:45 | 保険ニュース

再生医療用の保険

最近はiPS細胞など再生医療に関連するニュースも増えているようで、実際に治療に使われる日も近づいているようです。STAP細胞についてはいろいろ問題も出ているようですが、再生医療が進んでいくことは間違いないところでしょう。
そこで再生医療に絡んだ医療事故なども心配されるところで、そうした場合の補償に保険が使われるようになりそうで、医療保険にも再生医療に関する補償に利用できる保険が登場することは間違いなさそうです。
posted by mabou at 07:20 | 保険ニュース

大雪の保険金

今年は大雪が2回も続けてきて、しかも2回目の雪は重く、多くのカーポートが壊れて、工場の被害も相次いだそうで、多くの保険金支払いの請求が損害保険会社に寄せられているそうです。
自然災害時の保険金支払いとしては近年になく多いそうで、都会が自然災害にいかに弱いかの証明となるのではないでしょうか。
やはり何かの時に頼りになるのが保険といえそうです。
posted by mabou at 17:43 | 保険ニュース

保険会社の保険金未払い問題

以前に生命保険会社で問題になった保険金の未払い問題ですが、同じような問題が損害保険会社でも発生しているということで問題になっているようです。保険料は支払っているのに保険金が不払いでは何のための保険か分からなくなってしまいます。
自動車保険などでも保険金の未払いは珍しくはないようで、ユーザーにとっては保険の内容についてはわかりにくく、とても自分でチェックすることは容易ではないようです。
posted by mabou at 07:49 | 保険ニュース

介護保険利用限度額の引き上げ

今年は消費税の増税も予定されており、介護保険利用限度額の引き上げも行われるといいますが、今後も高齢化が進んで高齢者が増加することを考えると、介護保険財政の厳しさは増すばかりではないかと心配になります。
介護保険の利用者が増加し続ければ、当然介護保険料の料率の引き上げも始まってくるだろうと思いますが、そうなると介護保険制度の維持も簡単ではなくなるのではないかと心配されます。
posted by mabou at 21:19 | 保険ニュース

介護保険料率引き上げ

介護保険はやはり財政的には苦しいようで、保険料率の引き上げが決まったそうです。
高齢化が進めば介護保険を利用する利用者は増加するわけで、利用者が増えれば介護保険の給付が増えることになりますから介護保険料の引き上げをせざるを得なくなるといえそうです。
しかし、今後もしばらくは高齢化が進行しそうで、介護保険制度自体が維持できるのかという心配も出てきそうです。
posted by mabou at 16:04 | 保険ニュース

父子家庭と遺族年金

これまでは母子家庭にしか支給されてこなかった遺族基礎年金が、これからは父子家庭にも支給されることとなって、ようやく父子家庭の場合にも母子家庭と同じく遺族年金が支給されることが可能となったわけです。
年金は生活保障には欠かせないものであり、母子家庭だけでなく父子家庭でも支給が可能となったことは子供のためにもよいことで、年金保険の怖さが実感されます。
posted by mabou at 00:06 | 保険ニュース

保険ショップの再委託禁止?

いろんな保険会社の保険商品から契約者に適したものを提供するという謳い文句の保険ショップですが、保険ショップ側との委託で保険商品を販売するケースが多いそうで、ショップ側では雇用による社会保険料などの負担が少なくてすんでいるといいます。
しかし、販売による手数料の多い保険商品を顧客に勧めるケースもあるのではないか、ということで保険ショップの中立性に疑問も出ているようで、今後は再委託が原則禁止される方向になるということです。
posted by mabou at 06:12 | 保険ニュース

国民年金法改正

低所得者向けの国民年金保険料を猶予して加入期間にはカウントしてもらえる若年者納付猶予制度は、今は30歳未満に限定されているのが50歳未満へ拡充される予定のようです。
国民年金保険料の未納が増えていることから、非正規雇用が中高年にも広がっていることにあわせて中高年の保険料納付についても猶予を認めることで生活保障としての国民年金への加入を促す狙いもあるものと思われます。
posted by mabou at 00:10 | 保険ニュース

保険料の引き下げ

生命保険会社ではバブル期などに見られた逆ざやが,ここへきて解消してきたことから,加入率が落ち込んでいる若年層の保険離れ対策もあって若年層を中心に保険料の引き下げが始まっているようです.
保険料を引き下げて多くの保険加入者を獲得することが保険会社の利益になるわけですから加入者にとっては保険料が下がって生活保障についてはプラスになることでしょう.
posted by mabou at 22:42 | 保険ニュース

年金と物価

年金支給額は物価とスライドするところが、デフレの期間も据え置かれていたため、今後は減額されていくことになるといいます。これは老後の生活保障を年金にたよる方たちにはつらいところですが、アベノミクスによって物価の低下に歯止めがかかっていることから年金支給の減額幅がやや緩和される予想で、年金支給額が多くなるのはいいのでしょうが、景気の上昇が物価を上昇させるのと相殺されることも考えられます。
posted by mabou at 00:46 | 保険ニュース

年金不安と生活不安

日本の財政が危機的状況にあることは間違いないようで、しかも少子高齢化社会を迎えて国の税収は減る代わりに高齢者が増えれば医療費をはじめとした社会保障費は増加するわけで、税金が引き上げられて、所得税にしても消費税にしても増えることになるのは確実でしょう。
一方では年金の財政も厳しい状況で、年金の支給開始年齢は徐々に引き上げられていくようで、老後の生活保障に不安を覚える人が増えているようです。
posted by mabou at 22:44 | 保険ニュース

失業保険給付制度の延長

アメリカでは失業保険給付が打ち切られて景気の上昇にマイナスになるのではないかと心配されているようで、オバマ大統領は議会に対して失業保険給付制度の延長を求めているようです。
確かに、アメリカの景気はリーマンショックからサブプライムローン問題を通じて低迷していたようですが、ここへきて債務の整理も進んで信用不安が縮小して景気の拡大局面を迎えているようです。失業保険の打ち切りが購買意欲を低下させることのないように対策が必要なのでしょう。
posted by mabou at 01:04 | 保険ニュース

国民年金保険料滞納への督促

国民年金保険料を滞納する人は増えているようで、さすがにこのままでは保険の成り立ちが危うくなるということもあってか、保険料滞納者への督促が強化されて、差し押さえによる保険料の徴収も増えてくる見込みのようです。
たしかに年金制度についてはいろんなスキャンダルもあり、年金保険料を払っても肝心の年金が受け取れるという保証はないようで、保険料を支払わない人の増加につながっているようですから、将来の年金受け取りについての安心感を与えられるような施策が必要でしょう。
posted by mabou at 23:52 | 保険ニュース

中国の医療保険

日本では高額療養費制度があるため、一定金額以上の自己負担は生じないことになっていますが、中国では一定金額以上の保険給付は受けられないそうで、保険の給付上限が決まっているため、自己負担額が巨額になってしまう場合もあるようです。
したがって医療費のために借金して、その返済に追われる場合もあるといいますから、医療保険の仕組みも国によって違ってくるわけです。
posted by mabou at 23:44 | 保険ニュース

変額終身保険と定額終身保険

変額終身保険は予定利率によっては定額終身保険よりも保険料が安くなることもあって人気があるようで、保障が一生続いて、どこかで保険金が受け取れることから老後の生活保障を考えた時に検討すべき保険といえそうです。
貯蓄性が高い保険であることは掛け捨てをあまり好まない日本人の特性にもマッチしているといえそうで、この終身保険が老後の生活保障に役立つことは間違いなさそうです。
posted by mabou at 20:35 | 保険ニュース

中小企業退職金共済の付加給付?

中小企業や零細企業の退職金の運用がアベノミクス効果などもあって改善して、累積損失を一層できたことから、これまでは運用損が出ていてそれどころではなかった付加給付も復活する可能性が出てきたそうで、中小企業の退職金受け取りの側にとっては老後の生活保障のひとつである退職金が増える可能性が出てきたといえそうです。
老後の生活保障に退職金は大きな比重を占めていて退職金が増えるとすればより安心感が増すというものです。
posted by mabou at 17:59 | 保険ニュース

社会保障費の増額

社会保障費は人口の高齢化に伴って増加の一途を辿っていますが、来年からは消費税も増税され、社会保障費も30兆円の大台を超えることになったといいます。
こうした社会保障費の増加はやむを得ないことではありましょうが、その財源を確保するのは容易ではないでわけで、社会保障費の増加を抑える工夫も欠かせないことでしょう。医療費なども高齢化に伴う増加をいかにして抑えるかも議論されるべきでしょう。
posted by mabou at 22:03 | 保険ニュース

AIJと厚生年金基金

老後の生活保障として欠かせない厚生年金の運用を請け負っていたAIJが巨額の運用損失を出している問題で、年金の減額もやむを得ないことになるようですが、こうした年金の運用については基金側にも専門家が不足していることが問題とされているようです。
年金の運用については専門家を選んで任せるなどきちんとした運用が必要でしょう。
posted by mabou at 22:04 | 保険ニュース

損害保険会社による海外保険会社の買収

日本は少子高齢化で保険の加入率も高いことから今後は保険会社としては新たな顧客を増やし続けることは困難と思われ、海外へと進出していかざるをえないようです。
日本の損害保険会社が海外の保険会社を買収してヨーロッパやアメリカでの保険商品販売を目指すことは今後避けることのできない道といえそうです。
posted by mabou at 22:56 | 保険ニュース

年金運用の効率化

公的年金の運用は年金積立金管理運用独立行政法人が行っているということですが、年金の運用については専門家があまりいないらしく運用の効率化を目指して海外のファンドを使っていこうという方向になったようです。
運用の失敗で年金原資が目減りしてしまっては高齢者の生活保障に影響が出てしまいますから、効率的な運用ができれば言うことはないのですが、リターンを求めればリスクも高くなることにも注意する必要があるでしょう。
posted by mabou at 08:46 | 保険ニュース

個人年金保険料の値下げ?

アベノミクス効果で運用環境が改善したようで、生命保険会社の個人年金保険料が引き下げられることになるようです。
バブル時代の金利が高い保険商品が運用状況の悪化から逆ザヤとなって保険会社の経営に負担となっていたのですが、ようやくそうした保険商品が満期を迎えるようになったことも保険会社にとっては経営上大きなプラスになると考えられます。
posted by mabou at 23:10 | 保険ニュース

山岳保険

富士山が世界遺産に登録され、登山者も増加しているようですが、ブームとなった感のある山登りも一歩間違えれば遭難したり、危険と隣りあわせといえ、遭難時の救助隊などにかかる費用も馬鹿にならないといいます。
そうした費用を保険でまかなうことも可能のようで、やはり山岳保険と呼ばれる保険に入っておかないと、万一の時の費用が重くのしかかってくる場合もあるようで、補償が大事に思われます。
危険なスポーツなどではそれなりの保険に加入しておかないと、一般の保険ではカバーしきれないこともあるようですから注意する必要があります。
posted by mabou at 14:27 | 保険ニュース

国民年金保険料滞納者への督促

国民年金保険料の未納率は未だに高く、とうとう保険料の滞納者に対して督促状が送付されるようになるようです。督促状が着くと延滞金が取られる事になるそうで、国民年金保険料の未納率の改善につながればよいとは思いますが、年金を当てにしていない若い人達にどう受け取られるか、よくわからないところもあって、年金制度の見直しが早急に必要ではないでしょうか。
posted by mabou at 22:49 | 保険ニュース

生命保険会社のパワハラ?

生命保険会社の契約獲得ノルマは厳しいようで、仕事の上で上司からパワハラを受けて精神的におかしくなって退職したり、医者通いを続けることになったり、もちろん他の業種でもパワハラの問題は深刻なようですが、生命保険会社も少子高齢化も関係しているのか、新規契約者の獲得には苦労しているようです。
保険商品を少子高齢化にあわせて設計したりはしているようですが、ネット生命保険も増えてきているようで、バブル時代の逆鞘が解消しつつあるとはいえ、厳しい営業活動には変わりはなさそうです。
posted by mabou at 21:06 | 保険ニュース

デトロイトの破産

アメリカではデトロイト市が破産して、退職者の年金や医療保険などへの削減などの影響が危惧されているようです。
デトロイト市はアメリカの自動車産業の衰退もあって人口減少が税収の減収につながったようで、大きな債務を抱えての破産となったようで、今後の財政再建への道のりが注目されます。
posted by mabou at 21:55 | 保険ニュース

医療保険制度改革の困難

アメリカではオバマ政権によって医療保険制度改革が行われて無保険者が無くなるよう期待されているのですが、これまでの保険に加入していた人にとって保険料がアップしたり保険契約を打ち切られたりするなど、これまでの保険が継続できるといていた説明との相違に不満が続出しているようです。
急遽これまでどおりの保険が販売できるように修正が加えられているといいますが、やはり保険制度の改革は簡単なことではないようです。
posted by mabou at 07:18 | 保険ニュース

労働保険適用促進強化期間

今月は労働保険適用促進強化期間となっているそうで、ひとりでも労働者を雇っている事業主は労働保険に加入する義務と責任があるということで、厚生労働省では労働保険制度の周知の徹底を図っているといいます。
アベノミクス効果で景気が上向くという期待もありますが、実際に事業主にとって景気が回復していると実感できるのかはさておき、労働保険加入はぜひおこなってほしいところです。
posted by mabou at 21:10 | 保険ニュース

年金と税金

老齢厚生年金や老齢基礎年金が基本的には税金が取られるのに対して、遺族年金や障害年金は基本的に税金は取られないということで、同じ収入でも支払う税金は違ってくるそうです。
生活保障の要となる年金ですが、税金を払う人と払わない人の不公平感があることから、年金へも課税を強化する方向が出てきているそうで、高齢化社会の進行で、財源が枯渇してきていることが問題となるところでしょう。
posted by mabou at 20:44 | 保険ニュース

生命保険会社の逆ザヤ解消?

バブルの頃には高利回りの保険商品が販売され、その後の低金利時代に逆ザヤとなって生命保険会社の経営を圧迫したといわれますが、ここへ来てようやくそうした保険商品が満期を迎えているようで、生命保険会社の逆ザヤ解消が進んでいるようです。
それにともなって大手の生命保険会社など収支の改善が目立つようで、円安やアベノミクス効果で生命保険会社も助かっているように見えます。
posted by mabou at 16:40 | 保険ニュース

遺族補償年金の男女差

遺族補償年金の受給に男女差があることが問題となって訴訟にまでなって男女差が違憲との判断も出ているようですが、公務員や会社員の場合には仕事が原因でなくなった場合に遺族に年金支給がなされるようです。
やはり昔は男女差が歴然とあったようですが、今の時代は男女差を無くしていこうという時代ですから、こうした男女差は認められないところでしょう。年金は生活保障に重要な制度ですから男女の差なく受給できるべきといえるでしょう。
posted by mabou at 16:55 | 保険ニュース

社会保障と消費税増税

少子高齢化が進むと社会保障にお金がかかることになり、反面税収の落ち込みが避けられない面もあるようで、消費税の増税によって社会保障費の不足を補おうということになっていますが、それでも増大する社会保障費の不足を補うのに十分な税収増が期待できるわけでもなさそうです。
したがって、社会保障費の伸びを抑える努力も欠かせないといえ、無駄を省いた社会保障制度の改革が待ったなしといえそうです。
posted by mabou at 13:08 | 保険ニュース

オバマケアと保険取引所

アメリカではついにオバマ大統領の肝いりで医療保険改革が進行中で、医療保険未加入者に保険加入を義務付けることとなりましたが、肝心の保険取引所への接続がうまく行かなかったようで、まだ保険未加入者が保険医加入する過程であるようです。
それにしてもアメリカのような豊かさの象徴のような国でも医療保険は大きな問題で、日本のような国民皆保険制度は簡単なことではないようです。
posted by mabou at 21:30 | 保険ニュース

介護給付の抑制案

ご存知のとおり介護保険の財政は高齢化の進行で介護給付が増大して逼迫してきているようで、今後は収入に応じて自己負担額が引きあげらる予定で、なんとか介護給付を抑制して介護保険の存続を図ろうとしているようですが、しばらくは少子高齢化がおさまりそうもない以上、今後も介護保険の財政はさらに厳しさを増すことになりそうです。
posted by mabou at 22:02 | 保険ニュース

アメリカの医療保険改革

オバマ大統領の勧める医療保険改革では、現在加入している民間医療保険は維持されるとのことでしたが、実際にはオバマケアによって適合しなくなる保険については解約して新保険制度に合致する保険への切り替えが必要になるケースも出てきていて、保険料が引き上げられる場合もあるようです。
先進国といわれるなかで医療保険に入っていない人も少なくないといわれるアメリカで、ついに医療保険改革が始まろうとしています。
かたや日本では国民皆保険制度の維持にむけて社会保障制度の改革が進められているところですが、保険制度の維持は可能なのでしょうか?
posted by mabou at 09:21 | 保険ニュース

国民健康保険料の地域格差

国民健康保険料は地域によって異なっていて、市町村が運営する保険ですが、その財政状況は厳しいものがあるようで、都道府県が運営を担うことになるかも知れないといいます。
地域によって保険料が違うことや保険サービスが違ってくることは仕方がないのかも知れませんが、今後の財政状況を改善することも含めて再検討が必要になっていると思われます。
posted by mabou at 06:52 | 保険ニュース

雇用保険法と育休

日本では男性の育休取得が進まないようで、その一因が育休中の給付率が50%となり、収入減となることも関係しているといわれます。
そこで、育休中の給付率を3分の2まで引き上げることになるようで、雇用保険法を改正して、雇用保険からの給付を増やして男性の育休取得率を高めようと考えられているようです。
日本の男女格差は未だに小さいとはいえないようですから、雇用保険法を改正して、男性の育休取得が増えることにつながればよいと思われます。
posted by mabou at 12:39 | 保険ニュース

スペインの年金生活者と失業率

スペインでは不動産バブルがはじけて以後、景気は低迷しているようで、高い失業率が続いているといいます。
そのため、子供の住宅ローンなどの支払いを年金生活者の親が援助したりして生活を支えているケースが珍しくないようで、生活保障の年金が最後の砦となっているようです。
しかし、その年金制度も日本同様、高齢化が進む中、財政的にどこまで持ちこたえられるかが問題になって来ているようです。生活保障の行く先が不透明になっているようで、日本だけが高齢化社会に突入しているわけではないようです。
posted by mabou at 19:28 | 保険ニュース

医療保険に葬祭費用も

高齢化社会の反映でしょうが、葬祭費用も補償する医療保険が宣伝されているようです。
確かに葬儀にかかる費用も少なくはありませんから、お墓の心配をしたりする方も多いと思いますが、医療保険に葬儀費用の保障をつけておけば安心と言えば安心でしょう。
さらにいろんな保障をつける保険が高齢化の進行につれ作られていくのではないかと思われます。
posted by mabou at 18:24 | 保険ニュース

保険料の軽減措置

国民健康保険と後期高齢者医療保険の保険料については所得に応じた軽減措置があるそうですが、アベノミクスで消費税も上がることから軽減措置の受けられる所得層が拡大されるといいます。
軽減措置の受けられる世帯の年収上限が引き上げられることで保険料の負担を少なくしようということのようですから、対象となる家庭にとっては注意しておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 13:01 | 保険ニュース

医療保険改革法案の行方

アメリカは、医療保険に関しては無保険者も少なくなく、オバマ大統領は国民皆保険を目指したいようで、医療保険改革法案を巡って野党と駆け引きが続いているようです。
しかし、与野党の対立が続いて一部の政府機関が閉鎖に追い込まれるなど、その影響は大きくなって来ているようで、オバマ大統領の医療保険改革法案の行方が気になるところです。
posted by mabou at 00:57 | 保険ニュース

年金の引き下げ

これまではデフレ下でも年金の引き下げは行われてこなかったのですが、年金財政も厳しさを増しているようで、今後は少しずつ、これまでの引き下げ分を引き下げていくことになったといいます。
一方では円安やアベノミクスなど物価が上昇していく要素も出てきたようで、年金暮らしの場合には生活費の切りつめを余儀なくされる場合もあるようです。老後の生活保障に年金は欠かせませんが、ぞの財政状況は楽観できないようです。
posted by mabou at 12:25 | 保険ニュース

介護関連保険商品の増加

高齢化社会の到来で、介護保険制度が始まったものの、介護保険の財政状況自体がパンク寸前のようで、民間の保険会社が介護関連の保険商品を投入してきているといいます。
確かに公的な介護保険だけで介護がやって行けない場合も少なくないようで、足りない部分は民間の介護保険関連の保険を活用しようというニーズが高まっているようです。
posted by mabou at 21:20 | 保険ニュース

医療保険改革法案と予算案

アメリカでは長らく医療保険の改革法案が民主党の目標となってきたようで、オバマ政権はなんとか医療保険改革法案の成立を目指しているものの、野党共和党はこれを阻止ないし延期したいようで、クリントン政権以来となるようですが、再び予算が執行できなくなって政府機関が一部運営中止となる可能性が出てきたようです。
国民皆保険が基本とされる日本では考えにくいところもありますが、アメリカでは保険に加入していないケースも珍しくないそうで、医療保険の加入者がもっと増える必要があるでしょう。
posted by mabou at 22:23 | 保険ニュース

生前贈与と保険

相続税の税率がアップするということから、富裕層を中心に相続税の引き下げを狙って生前贈与に役立つ保険が売れているようです。
こうした保険には、終身保険や個人年金保険や養老保険などが含まれるそうで、保険会社も相続税の引き上げを念頭に保険商品の売り込みに余念がないようです。
posted by mabou at 22:05 | 保険ニュース

年金支給額の引き下げ

デフレ下でも引き下げなかった年金は国が払いすぎたということで、年金支給額の引き下げが始まるそうで、物価にスライドさせて年金を支給する本来の姿に戻るといえますが、そのほかにも、少子高齢化の進行で苦しくなる一方の年金財政を破綻させないためにも今後の年金支給額は減少の一途を辿ることになるかもしれません。
社会保障上も年金の減額支給は年金財政の苦しさからも避けられないようです。
posted by mabou at 22:36 | 保険ニュース

社会保障と特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームに入所待ちの高齢者が増え続けているようで、介護保険での介護度が8日以後以上の場合に限定して入所を受け入れるようになるようです。
介護度が低い場合の入所を制限して入所待ち数の減少を図るようですが、社会保障もなかなか完全な状態には程遠いようで、自分なりの老後の生活保障を考えることは重要でしょう。
posted by mabou at 22:03 | 保険ニュース

消えた年金問題

年金問題は未だに記録の照合作業が続いているそうで、中には死亡したり海外に転出したりして確認が困難になっているケースもあるようです。
番号の一元化が行われた今では年金が消えてしまうという心配はなさそうですが、転職している方などはやはり今一度自分の年金記録を確かめる方がよさそうで、老後の生活保障の中心となると思われる年金については人任せにしっぱなしではいけないようです。
posted by mabou at 12:25 | 保険ニュース

医療制度改革と総報酬割り

社会保障制度の改革が必要といわれていますが、その中でも医療制度の改革は日本が誇る国民皆保険制度を維持するためにも欠かせないといわれています。
今は加入者数で負担する医療費を総報酬割りにすることで、高齢者医療費に拠出をしている現役世代が加入する健康保険組合の負担を減らすことができるのではないかと思われます。報酬の高い方から保険料を多く徴収することで高齢化に伴う医療費増に耐えられるようになるのか、疑問もありますが、同時に医療費の抑制策も推し進めることが必要でしょう。
posted by mabou at 22:08 | 保険ニュース

公的医療保険の財源

公的医療保険の財源は高齢化が進んで厳しさを増しており、今後の自己負担額の増加を容認せざるを得ないという状況になりつつあるようです。
高齢者医療費の増加を抑制することはなかなか難しいようで、今後の給付額の引き下げが心配されているようです。
posted by mabou at 20:25 | 保険ニュース

生命保険会社の競争激化

保険の場合は国内市場は大きな伸びは見込めないようで、生命保険会社各社は東南アジアなどこれから保険の需要が伸びると期待される海外へと現地の保険会社を買収するなどして進出を図っているようです。
もちろん簡単ではないのでしょうが、今後の国内市場の競争激化を考えると国外へも進出していくことが必要なのは確かでしょう。
posted by mabou at 11:03 | 保険ニュース

保険会社の海外戦略

生命保険会社にしても損害保険会社にしても国内での契約数は頭打ちが心配されるところのようで、顧客を求めて成長著しい東南アジアなど海外へと飛び出していく必要性が増しているようです。
そこで、生保レディーと呼ばれる日本方式での保険販売を海外でも根付かせようと取り組みが始まっているといいますから注目されます。日本のように保険に加入する人が増えるのか興味深いです。
posted by mabou at 12:50 | 保険ニュース

介護保険の自己負担

高齢化が進んで介護保険サービスの利用者が増加しているようですが、サービス利用者が増えれば介護保険の財源は厳しくなるわけで、自己負担額を1割から2割に増やすことになりそうです。
年収が一定以上の場合に介護保険サービス利用時の自己負担が引き上げられる見込みで、厳しい介護保険の財源を物語っているといえるでしょう。
posted by mabou at 23:18 | 保険ニュース

地震保険の加入率

地震保険は火災保険とセットでないと加入できませんが、火災保険への地震保険の付帯率が上昇を続けているといいます。
確かに、火災保険の補償額の半額までの保障となりますが、地震にたいして備える意味では必要な保険といえそうです。今後も地震のリスクを考えると加入が望ましいのでしょう。
posted by mabou at 08:48 | 保険ニュース

障害年金の広報

障害によって保険料の納付や受給条件を満たしているのに年金を受け取っていないケースが少なくないそうで、障害基礎年金や障害厚生年金についての広報が不足していて知らない人が多いということです。
意外と知られていない障害年金の受給資格について一度チェックして、条件に合うようであれば問い合わせるなど年金受給ができるのか確認しておく必要があるようです。
posted by mabou at 07:14 | 保険ニュース

生命保険の加入者サービス

生命保険会社では加入者向けのサービスに健康相談やセカンドオピニオンなどをつける事で、保険契約者を確保しようという動きがあるようです。
医療保険にしろ生命保険にしろ、今後も進む高齢化に対応したサービスとして注目されているようで、保険加入者の顧客満足殿アップに役立つと思われます。
posted by mabou at 22:15 | 保険ニュース

厚生年金の運用

厚生年金や国民年金は老後の生活を支える柱となるものですが、ここのところ株式市場も好調のようで、運用益は黒字が続いているといいます。
老後の保障を考えるとうれしいニュースですが、あまり年金に頼りすぎるのもリスキーかと思われ、自分なりの老後の生活を支えるためにどうすればよいかを早めに考えておくべきでしょう。
posted by mabou at 12:55 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。