スポンサードリンク

定年退職後の生活

定年退職後の生活維持にどのくらいお金が必要化は、目指す生活スタイルによっても違うでしょうが、大まかに計算して、年金がいくら期待できるのか、他の収入はどのくらい期待できるのか、など計算して、自分が望む生活費に足りるのか知っておくことは重要でしょう。
お金が足りない分はどうするか、変額年金保険もあれば不動産賃貸料を当てにすることもできるでしょう。保険会社の個人年金は期間が限られるので使いづらい点がありますが、個人で年金代わりの収入源を考えておかないと、公的年金だけを頼りにするのは危険でしょう。
自分の定年後は資金源に困らないように個人的な年金を検討しておきましょう。
また、老化とともに身体のがたも出て来るでしょうから、健康保険についても必要な医療費を検討しておくとよいと思います。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

損害保険会社の統合

保険業界にも再編の波が押し寄せているようで、損保会社は東京海上ホールディングスのほかに三井住友海上グループホールディングスとあいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険のMS&ADインシュアランスグループホールディングスそれから損害保険ジャパンと日本興亜損害保険のNKSJホールディングスという3つのメガ損保会社が発足することになるといいます。
どの業界も統合ラッシュのようで、保険会社も経営環境の変化に対応するべく再編統合が急務とされているのでしょう。
保険会社も国際化の波の中で生き残り策を模索していると思われます。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

後期高齢者医療制度の改正

後期高齢者医療制度をめぐっては、年齢による区分に不公平感を持つ方など不満の声も少なくなかったようで、今回の政権交代を機に、制度の改正が検討されています。
改正にあたって、保険料の急激な上昇が起こらないように配慮するということですが、すでに健康保険の保険料については、病院に行く暇もなく働いているのに保険料だけは取られているといった不満が根強いようですから、十分注意して保険料の設定にあたる必要があるように思います。
保険に関しては、保険料が高すぎると感じられては保険に加入する方が減ってしまいかねません。国民皆保険制度という健康推進上貴重な保険制度が継続できるよう願っています。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

保険会社の不振

保険会社の業績は、昨今の不況の影響もあって、減収や減益の会社が多くなっています。特に外資系の保険会社のなかには、アメリカの保険会社が打撃を受けて信用が低下したのかもしれませんが、大幅な減収になったりしているところもあるようです。
保険は保険料が家計の負担になるということで、保険を見直したいというニーズが強いようで、保険会社にとってはきびしい状況になっているようです。
保険に加入して生活保障を求める際には保険会社の経営の健全性もチェックしたいものですね。保険会社の保険も必要になるような時代ということでしょう。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

後期医療保険料の値上げ

後期高齢者医療制度の保険料は値上げになる予定ということです。医療費の伸びは続いており、止むを得ない保険料値上げかもしれませんが、ある程度に抑えないと保険料の無駄使いはないかと国民の怒りを買うことになるかもしれません。
保険料は少なめに、保障は大きめにというのが利用者の希望ですから、より効率のよい保険制度の運営を希望しています。国民皆保険制度の維持は重要な社会保障制度のひとつと思いますから、保険料が高くなりすぎないよう期待したいと思います。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

診療報酬の改定

来年度は救急や小児科、産科、外科など激務で敬遠されている診療科目の再建を考え、また勤務医の負担軽減を図るなど、これまで開業医が中心だったといわれる方針を変更した案を社会保障審議会医療保険部会に厚生労働省が提示したということです。
さらに、基本方針案がまとまれば、中央社会保険医療協議会にも提示するということで、民主党が政権についてすこしずつ変化が進んでいるようです。
医療の再建は、国民皆保険制度の維持とともに重要な社会保障制度のひとつと考えられ、早急に検討が必要といわれています。安心して生活できる街づくりのためにも民主党には頑張って欲しいところです。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

ファイナンシャルプランナーと保険

ファイナンシャルプランナーは、保険のみならず、年金、教育、資産運用など個人のライフプランを立てる上での経済的なお悩みを考える際に、いろいろと相談に乗ってくれる頼りになる存在です。
素人には分かりにくい保険ですが、人生設計上に必要な保障を求める際に保険を抜きに考えることは、よほどの資産家でない限り難しいのではないでしょうか。
住宅を求める際も、教育機関の支払いに際しても保険がよく利用されており、生活に欠かせない役割を保険は果たしているといえ、ファイナンシャルプランナーは、そうした保険の上手な利用法を考えてくれることでしょう。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

保険料と家計

日本人は保険好きで、他国に比べて多くの保険に加入して、保険料もたくさん払っているといわれてきました。これは当たっていると思いますが、さすがに不況が続いて保険の見直しも進んでいるようで、一世帯あたりの生命保険の年間保険料は20年位前の水準にまで低下しているといいます。
また、生命保険の世帯加入率も低下しているそうで、やはり不況の影響で保険を解約したり、保険料の安い保険に切り替えたりしているのではないかと思われます。
保険会社も保険料収入が減少するわけで、去年のリーマンショックに端を発する金融不況は保険会社にとっても有難くない大きなダメージでしょう。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

自動車保険料の値上げ

自動車保険の業界では、最近増加している軽自動車の事故件数増加が保険会社の収益を圧迫しているらしく、軽自動車の保険料が値上げされるといいます。
自家用の軽自動車に適用される割引をやめて、実質的な値上げとなる模様で、損害保険料率算出機構も損害保険各社の自動車保険料算出の目安になる参考純率を引き上げたそうです。
保険会社の経営も去年のリーマンショックから続く不況の波と無関係ではいられないでしょうから、保険料値上げも止むを得ないかと思いますが、家計にとっては有難くない話しです。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

後期高齢者医療保険制度

後期高齢者医療保険は今回の民主党政権のもとで廃止され、国民健康保険と被用者保険は将来的には一元化される予定といいます。それに伴う財政負担の問題は国が支援していくとしています。
これがうまくいくかどうかは分かりませんが、医療の現場では少なからず混乱が予想され、医療保険の将来像を明確に示していくことが重要ではないでしょうか。
社会保障制度のひとつとして、長期的な視点を持って医療保険制度の構築にあたる必要があるでしょう。保険で保障をしっかりさせる必要があります。アメリカでも新政権が医療保険の改革を目指していることもありますから、日本の医療保険制度も改革が必要なのかもしれません。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

保険と治安

めまぐるしく動く近年の世界情勢は、保険という保障をつける商品についても大きな影響を与えることでしょう。例えば、テロが頻発するような国内情勢があるような場合には、保険会社はリスクが大きすぎて、保険料をよほど貰わないと保険金が支払えなくなるかも知れません。
落ち着いた社会情勢が、保険会社にとっては保険料や保険金などに関する計算がしやすくなって、安定した収益の確保に重要な一因子となると思われます。社会情勢が流動的になればなるほど、保険会社の取るリスクが増えて、保険料の上昇に結びつきかねません。
安定した社会情勢が保険という商品にとって大事な因子なのです。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

簡保生命と民間生保

民主党が与党となって、郵政民営化問題に絡み、民間生命保険会社が簡保生命との公正な競争が出来るように配慮して欲しいと要望があるとのことです。
民間生命保険会社にとっては、簡保生命と対等に競争して負けるならともかく、公正な競争が出来ない場合では簡保生命の肥大化を招き、民間生命保険会社の経営悪化に繋がるのであれば、問題だとしています。
保険業界にも不況の影響はあると思われますから、こんな時に巨大な敵として簡保生命が登場してきてはたまらないということでしょうか。
保険業界からも目が離せない話題と思います。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

社会保険庁で天下り?

年金問題で大揺れに揺れて解体が決まっている社会保険庁ですが、年金記録漏れ問題で更迭されていた社会保険庁の幹部が天下りしているという情報に、年金記録漏れで苦労している方々はどんな気持ちだろうと思います。
自分の年金がどうなっているのかわからないといった年金保険のずさんな運用が庶民の怒りを買っているのは間違いなく、今回の総選挙での民主党の圧勝という結果にも社会保険庁の年金問題での不祥事が大きな影響を与えていると思われます。
年金という一番しっかり運用すべき保険の分野で不祥事が頻発するのは根本的な改革が必要ということなのでしょう。保険本来の姿に戻るよう期待しています。
民主党が与党になって社会保険庁をはじめ天下りの制限に乗り出すようになるかもしれません。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

保険会社の増資

去年のリーマンショックに続く不景気の影響もあるのでしょうか、第一生命が損害保険の損保ジャパンとともに、変額年金保険を扱う保険会社として知られる第一フロンティア生命保険の増資に乗り出すということです。
保険会社の経営も不況の影響を受けているということなのでしょうか?
ともかく、保険会社の経営が不安定では契約者の利益にならないので困りますから、第一生命が子会社である第一フロンティア生命保険を支えるのは結構なのですが、第一生命自身も油断せず、堅実な経営を続けていただきたいものです。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

社会保険庁のヤミ専従

社会保険庁でもヤミ専従が発覚しているようで、保険という信用にかかわる仕事において不祥事が頻発するのはいかかがなものかと思います。
ヤミ専従とは仕事はしていないのに職員としての報酬を得ているということで、いわば詐欺に近いという感じを受けてしまいます。
不祥事頻発の社会保険庁は、徹底的な組織改革が必須と思われますから、保険の信用を傷つけないように注意が必要でしょう。
社会保険制度の存続が危ぶまれている時でもありますから、社会保険庁には頑張ってもらう必要があるでしょう。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

保険会社の情報流出

外資系保険会社から個人情報が情報流出したというニュースが流れました。業務委託先の会社から保険会社の顧客情報が流されたようですが、保険会社としては起こって欲しくない不祥事といえるでしょう。
保険会社といえば個人情報の機密保持が信用を維持するために必要でしょうから保険会社のイメージを傷つけるようなスキャンダルは望まないはずです。
保険金をめぐる犯罪も後を絶たないといわれますから、個人情報の取り扱いには慎重の上にも慎重を期すべきでしょう。
保険のニュースとして保険業界全体が情報保持に取り組んでほしいと思います。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

保険と不況

保険大国といわれる日本は保険の加入率が高いことで知られていますが、不況が進行するにつれ家計のためにも保険料の高さに悩み、保険の見直しを進める家庭が増えています。
ファイナンシャルプランナーによる保険の相談など、保険を見直して不必要な保険は解約し、見直せる保険は見直して家計を少しでも楽にしようと算段する家庭が多いようです。
保険がどれだけ役に立っているか分からないという方も少なくないようで、必要な保険だけに絞る動きはまだ続きそうです。あなたに必要な保険は何ですか?
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

保険の変化

保険商品は顧客のニーズに合わせようと多様化してきましたが、あまりに保険商品が増えすぎて、保険金の不払い問題の一因になっているともいわれるくらいです。
こうした保険の分かりにくさが若い世代の保険離れを生んで、新規の保険契約数が減少しています。
各保険会社はこうした新規保険契約の減少によって、既存の保険契約者の継続率を上げようと、保険契約者に対するアフターサービスの充実に力を入れているといいます。
また、保険の月々の保険料が家計の圧迫になってきていることも事実で、特に不況の今は保険料の節約に走る家庭が多いようです。
そこで各社ともより保険料が安くて済むよう顧客の要求に沿った保険商品の開発に必死のようです。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

かんぽの宿の一括譲渡問題

簡保の宿の一括譲渡問題は、第三者委員会の報告書では、やはり透明性に欠ける不適切な点があったということで、簡易保険という郵便局の保険に保険料を収めていた方々には納得できないところもあるかも知れません。
保険という制度からなぜ簡保の宿ができたのか理解に苦しみますが、保険契約者から預かったお金の使い道として適切とは言いがたいのではないでしょうか?
こうした保険にまつわる問題点が保険を身近なものにする妨げになっているのかも知れません。保険会社も保険契約者のことをもっと考えていただきたいものです。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

保険と不況

去年のリーマンショックから始まったといわれる経済不況は近年にない深刻さで世界中を席巻しているようです。こうした思わぬ事態に役立つのが保険の本来の役割といえるのではないでしょうか。
第一に考えるのが失業保険で、二年前には好調だった業種でも、突然の解雇通告などが行なわれているようで、寝耳に水の従業員も失業保険がなかったら事態は更に深刻なのかもしれません。
保険は万一の場合の保障ですから、こうした不測の事態にこそ役立って欲しいものです。逆に言えば好調時には必要ないと思われているのが保険なので、常に不測の事態を考えて保険でカバーしておくことを保障として忘れないようにしたいものです。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

保険営業紹介獲得の極意

保険の営業は、各保険会社の社員のほかに多くの保険営業職員が活躍しているようです。主婦の副業のような保険営業もあれば、専業で保険商品を売りまくっている保険代理店に匹敵するような売り上げをあげている保険営業もあるようです。
保険会社の営業職員にはお客さんを獲得する際のこつが分かるかも知れません。保険商品を売りまくる、保険営業の成績を吊り上げるための切り札になればすばらしいでしょう。
厳しい金融情勢にかかわらず保険商品を売り続けるために保険営業紹介獲得の極意を学んでください。保険販売も不況と無関係ではいられません。今こそ保険商品売り込みのテクニックが必要とされているのでしょう。


【保険営業紹介獲得の極意】
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

ジョブサーナ

障がい者の転職を扱うジョブサーナは、仕事を見つけることである意味では保険と同じように生活保障の役割を果たしているのかも知れません。
厳しい経済情勢の中で安心の生活が送れるように、保障を行うのが保険の役割とすれば、転職について無料転職相談を行うジョブサーナも保険と同じと考えられます。
サブプライムローンの破綻に端を発する金融恐慌で転職するにも勇気がいることでしょうが、ジョブサーナにご相談下さい!

障がい者のための無料転職【JobSana】


応募書類の書き方や、面接での対応の仕方についてもアドバイスしてくれてあなたの就職をサポートしてくれます。
面接スケジュールの調整や、勤務条件の交渉もキャリアコーディネーターがいてくれるので安心です。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

免疫補助食品

保険を使って、病気や事故など予想外の出費に備えることはできますが、一番望まれるのは事故や病気を起こさないことです。
病気の予防に免疫補助食品が注目を集めているようで、免疫力を強化して癌などの病気を身体から追い出す試みがなされています。
免疫力の強化については保険会社に相談しても難しいかも知れません。身体の免疫力を強化して、病気を身体から追い出そう!免疫補助食品について詳細はこちらでどうぞ!
冬はインフルエンザをはじめ感染症の猛威に注意が必要です。医療保険のお世話にならないよう健康対策を立てておきましょう。



posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

簡単無料オンライン査定

次の車が納車されるまでの間、車が無いと困るという方のために、代車を一定期間無料にしてくれる簡単無料のオンライン査定が人気です。
時間がない方が多い現代生活で有難いサービスのひとつといえるでしょう。
24時間高額の買取査定を無料で行っています。
ガソリン代が高いので軽自動車に乗り換えるという方も、自動車保険や車検代の節約に軽自動車に乗り換えるという方も、みなさん無料オンライン査定をご参考にご利用いただけます!


posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

タイのバンコクで火災

新年早々、タイのバンコクのクラブで火災が発生し、死者が出て、日本人も負傷者が出たといいます。こうした、火災に巻き込まれた際に役立つ保険はなんだろうと考えると、やはり入院保険や死亡保険といった生命保険が保障として役立つのだろうと思います。
新型インフルエンザをはじめ、新たな感染症が発生し、ほかにもいろんな難病も存在してる現在、いつどんな病気にかかったり、事故に会ったりするかは予想がつきません。
備えあれば憂いなしといいますが、想定外の事態に備えるのに保険は最適といえるでしょう。
余裕があればということになるでしょうが、疾病や事故に対する備えは忘れないでおきましょう。保険を上手に利用することで、生活の不安が軽減されるわけですから、保険について研究しておきたいものです。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

介護保険と訪問看護

介護保険が始まって、高齢化社会には欠かせない訪問介護の充実が期待されていたと思うのですが、実際には介護保険事業所の経営が成り立つこと自体が厳しくて訪問介護からの撤退が増加しているようです。
これでは、介護保険が何の為に始められたのか、よく分からなくなるところで、保険の持つ意味が失われかねません。
保険である以上、必要なところに必要とされるサービスが供給されるように考えるのが保険である以上、必要でしょう。
一人はみんなの為に、みんなは一人の為にとう保険の基本が失われるようでは、保険としての意義は失われかねなくなります。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

大和生命の破綻

歴史のある生命保険会社の大和生命は、本業の生命保険が直接の原因ではないそうですが、金融危機の影響もあってか、破綻に至ったということです。やはり、バブルの崩壊の時と同様、資金の運用に失敗したといわざるを得ないのかも知れません。
大和生命も、やはり金融危機の本場アメリカと同じように、住宅ローンをはじめ投資や運用での躓きがあったといわれていますが、バブルの崩壊に伴って証券会社や保険会社が破綻した頃のことを思い出して、これから生命保険会社や損害保険会社が破綻しないのか、心配になります。
近来稀に見る金融危機のなかで、改めて健全な保険会社の運営とはどういうものなのか、考えさせられる大和生命の破綻と思います。
生命保険の加入者に不都合が起きなければいいと思いますが。

posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

医療保険の請求漏れ

生命保険にしても損害保険にしても同じ事と思いますが、病気や事故にあっても保険金を保険会社に請求し忘れていることが少なくないようです。
特に中小企業の経営者などで付き合いや借金する際などに生命保険や損害保険に加入したものの、すっかり保険に入ったことなど忘れていて、手術などで病院に入院しても、医療保険に入っていることを思い出すことなく過ぎてしまっているケースがあるのではないかと思います。
実際に、後で医療保険に加入していることがわかってもあとの祭りということがあります。
自分が加入している保険は医療保険や死亡保険、年金保険、養老保険、火災保険、自動車保険などなどと分類して整理しておかないと忘れてしまいますから、注意が必要でしょう。いざという時のための保険が役に立たなくなってしまいます。入院したり通院したりしたら保険のチェックをしておきましょう。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

ランキングポトラ

100万人ユーザーがつくる参加型ランキングで楽しい生活に!
生命保険や損害保険も生活の必要かつお役立ち商品の集合と考えられますが、ポトラは違った意味で生活のアクセントになって、あなたの毎日を彩る参加型お役立ちランキングサイトです。
登録して豪華商品が当たるチャンスもあります。
保険では堅実に毎日の生活を守るための商品が説明されていますが、生活を楽しく彩るにはポトラはピッタリです。
もちろん、生命保険や損害保険が生活上の重要ポイントであることは疑いがありません。保険が守るあなたの生活ともいえます。



posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

ペット保険資料

ペット保険資料請求

ペット保険とは、一昔前なら誰も相手にしなかったかもしれませんが、今ではペットも家族の一員という認識が広がって、十分保険会社がやっても保険商品として成り立つようになったようです。
ペットは獣医さんにかかると費用がかかりますから、保険の必要性を感じている方も少なくないようです。
そうしたペットラバーに贈る医療保険がこちらのペット保険といえそうです。
これでペットの病気や怪我に備えましょう。保険はペットにも必要な時代がやって来たのです。家族の一員であるペットを守る保険といえます。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

ペットの医療保険PS保険

ペットの場合は健康保険制度がないので、病気や怪我の治療を受けると、飼い主の全額負担となります。動物病院に行ってはじめて高い医療費がかかるんだと思われた方もいらっしゃるでしょう。

高額なペットの医療費に備えるために、ペットの医療保険PS保険があなたのペットの医療費の心配を解消してくれるでしょう!
家族の一員として重要なペットの保険ならここを参考に!あなたのペットの医療費用も保険で安心と思えますように。

posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

後期高齢者医療制度の保険料減額について

後期高齢者医療制度については、保険料が上がって負担増になるとの批判が相次いだことから、低所得者で保険料の軽減を受けている場合について軽減幅が拡大されることになったそうです。
保険料は、均等割といわれる定額部分と所得割といわれる所得に応じて支払う所得比例部分があるのですが、年金収入が一定額以下の場合は定額部分が減額されるといいます。
さらに厚生年金の平均的受給者など中間所得者についても保険料が上がったという声があって、所得比例部分の保険料が減額されることになるといいます。

後期高齢者医療制度については、いろいろな問題点が指摘されているようで、負担増になるとの声に配慮されたのかと思いますが、廃止を望む声もあるようでまだ制度自体どうなっていくのか注意しておく必要がありそうです。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

後期高齢者医療制度の保険料負担問題

後期高齢者医療制度の保険料負担については、厚生労働省の低所得者層では保険料負担が軽くなるという説明は、当てはまらない場合も少なくないといわれています。
厚生労働省の説明の根拠となる国民健康保険の保険料試算は、3つある国民健康保険の保険料算定方式の1つしか使っておらず、他の保険料算定方式では低所得者層で保険料負担が増加する場合がそうとう見られることが判明したということです。

現在、自治体の保険料増減についての調査を厚生労働省が行なっているそうで、その結果によっては後期高齢者医療制度の保険料負担について改善が求められることになるかも知れません。
posted by mabou at 23:56 | 保険ニュース

後期高齢者医療制度の保険料減額

後期高齢者医療制度の保険料については制度を運用する自治体の準備が十分でなかったこともあって滑り出し順調とはいかなかったようです。さらに保険料が下がる世帯も多いといわれていたのが保険料が上がる世帯も多かったようで、低所得者層の保険料を減免ないし免除するという負担軽減案が出されて、減免を受ける本人が申請する事になるといわれています。
保険料徴収方法にある災害や病気など特別の事情がある場合は本人からの申請を受けて保険料を減免する規定を拡大解釈して低所得者層の保険料を減免ないし免除することにするということです。
それなら初めからもう少し違ったやり方ができなかったのかとも思いますが、不思議な感じがします。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

後期高齢者医療制度の保険料負担

国民健康保険(国保)の保険料は、所得分、人数分、定額分、資産分に応じて算出されますが、算定方式が3通りあって、運営主体となっている市区町村が選んで算定しているそうです。

課税所得が0の世帯はこのうち所得分の保険料は0になり、厚生労働省の試算に使った低所得者層の保険料が高くなる傾向にある算定方式では、後期高齢者医療制度の負担は軽減される傾向が示されますが、他の2つの算定方式では保険料負担が増える傾向が示されています。

これによって実際に調査をして高齢者の保険料負担が増えた場合が多いとすれば保険料の軽減も考慮する必要があるのではないかといわれています。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

後期高齢者医療制度の保険料天引き

後期高齢者医療制度をめぐっては年金からの保険料天引きを誤る徴収ミスが頻発しているそうで、制度自体が不評のようです。
多いといわれるミスは保険料の負担が急増するのを避けるためにはじめは免除されている保険料を誤って徴収したり、保険料の計算を間違えて徴収したりしている場合があり、逆に間違えて少なく保険料を徴収している場合もあるといいます。

今後、自治体は保険料を返還したり、上乗せしたりして帳尻合わせをする予定といいます。ただ、4月の保険料はまだ仮の保険料で昨年度の所得をもとに正式な保険料が夏頃に改めて算出されるということです。

保険料ミスのないように気をつけたいところですが、一般の人にはミスがあるのかないのか確認するのも難しいのではないかと不安になる点は否めません。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

後期高齢者医療制度の負担

後期高齢者医療制度は75歳以上の高齢者を対象として始められましたが高齢者の負担増になると批判もされています。
そうしたことから加入者が支払う保険料を引き下げるために都道府県によっては公費投入で保険料引き下げが行なわれているといいます。
保険料の年金からの天引きも保険料の取りすぎがあったり混乱が起こっているようです。

地域ごとの老人医療費と保険料負担を連動させるのが今回の後期高齢者医療制度の目的といいますが、今のところ制度が分かりにくく特に高齢者には保険料の取られすぎの不安もあるようで不評のようです。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

損害保険会社の保険金不払い

2007年3月14日に、医療保険、がん保険、介護保険など第三分野の保険商品で多くの保険金不払いが存在していたとして損害保険10社への行政処分が金融庁から発表されました。
損害保険10社中2社が第三分野の保険商品販売と認可申請が3ヶ月停止され、4社は第三分野の保険商品の認可申請が1ヶ月停止され、4社は保険金の支払管理など業務改善命令が出されました。
既に他の損害保険2社も行政処分を受けているということです。
すべての損害保険会社48社中、21社に保険金不払いが存在していたということですから多いといわざるをえません。該当するかもしれないという方は再度チェックしてみた方がよろしいかもしれません。
入院したのに保険金が出なかったなどという方は問い合わせてみるといいかもしれません。保険金が出なかった理由が妥当だったかお考え下さい。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

非喫煙者向け火災保険

すでに生命保険では、非喫煙者のほうが喫煙者よりも死亡率が低いこともあって、保険料も安くなる保険商品が発売されていますが、同様の割引のある火災保険が2006年11月から外資系の保険会社より発売されます。
考えて見れば寝たばこが原因の火災は多いわけですから、たばこが原因の火災には保険金が支払われないかわりに保険料を割り引くというのは論理的で、危険の細分化をしていく流れにも乗っていると考えられます。
訪問客らのたばこが火災の原因の場合は保障されるということですから、あくまで保険加入者とその家族の喫煙が火災の原因の場合には保険金は出ないということです。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

厚生年金適用拡大

現在、所定労働時間が週約30時間以上となっている厚生年金適用基準が約20時間以上へと引き下げられることになりました。厚生年金は国民年金より将来の年金額が増加し、増え続けるパート労働者の老後の安定化を図るということです。
ただし、保険料負担が増えるパート労働者と企業の双方からの反発に配慮して、勤続期間が1年以上で、給与が標準報酬月額の下限の98000円以上あり、管理職あるいは職務内容が正社員と同程度などの条件を満たす場合が対象で、さらに、中小企業に配慮して、従業員300人以下の事業所は当面は適応が見合わせになるということです。
保険料の納付率が7割に達しない国民年金の空洞化を防ぐ狙いもあるということで、一石二鳥ということでしょうか。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

介護保険給付費の減少

介護保険は2000年度の導入以来、介護保険給付費は毎年2ケタ前後の伸びを続けていたため、2006年4月からは介護保険給付費の抑制のために、要介護度が低い人への家事援助の利用を制限することとなって、4月以降は3ヶ月連続で前年同月比で減少しているということです。
4月の制度変更で、それまで要介護1だった人の半分以上は要介護度の低い要支援2となる見通しだそうで、訪問介護ではホームヘルパーによる調理や洗濯などの家事援助が減らされてしまったそうです。
これからさらに高齢化の進んだ社会となって財源は厳しくなる一方でしょうから介護保険の給付費も制限がかかってくる傾向は止まらないのではないでしょうか。
保険に頼らずに健康で仕事を続けることを目標とせざるを得ないのでしょうか。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

社会保険庁の医療費過払い通知漏れ

2006年11月、社会保険庁は、政府管掌健康保険において、高額査定レセプト(診療報酬明細書)が関係するケースで2003〜2005年に最大で約18000件の過払いの通知漏れが見込まれるとしています。
政府管掌健康保険は健康保険組合を運営していない中小企業のサラリーマンや家族を対象とする公的医療保険制度で、社会保険庁が運営しています。
医療費の本人負担分を窓口で支払った後に、社会保険診療報酬支払基金によるレセプト審査で医療費の減額査定がなされた場合、減額すなわち過払い分が本人負担分で1万円以上の場合に勤務先経由で通知されることになっていて、過払い分は請求すれば医療機関は返還する義務があるということです。
過払い通知は公的医療保険の運営主体間の自主ルールで法的な定めはないということですが、医療費が高額の方は過払いの可能性があることになります。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

簡易保険保険料収入減少

日本郵政公社の2006年9月期中間決算によると、郵便事業は赤字で、郵便貯金も大幅減益、簡易保険は保有契約残高の減少が続いているということです。
簡易保険は金利の上昇に救われて、いわゆる逆ザヤが減ったために純利益は減っていないということですが、郵政民営化にむけて不安材料になるのではないでしょうか。
同9月に約3万4千件の配当金支払などのミスが発表され、同11月には3560件の保険料や還付金の支払ミスが発表されており、民間保険も含めて保険会社の支払ミスには注意が必要と思われます。
特に入院保険など医療保険は本来支払われる保険金の不払い問題が続出しており、保険金がおりなかった場合は自分なりに各保険の支払い条件を確認する必要があるようです。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

損害保険会社保険金不払い問題

損害保険会社保険金不払い問題がいまだに決着がつきません。2006年11月時点で問題発覚から1年9ヶ月経つということですが、多くは自動車保険の特約で、事故の際の被害者への見舞金や代車の費用を支払う保険金が不払いを把握されていないことが多いそうですから、該当される方はお確かめ下さい。
原因としては、多くの特約のついた複雑な契約で、保険金の支払管理部門と、特約を作った商品開発部門の連携が不十分なことがあげられています。
保険会社によっては、対人賠償保険や搭乗者傷害保険など複数の保険金が支払われる場合の調査が完了していないそうですから注意が必要で、心当たりがあれば自分でもチェックしてみるほうがよさそうです。
事故時に損害保険会社にまかせっきりではいけないのだということになってきますから、自分で自分の入る保険は損害保険であれ生命保険であれチェックして入るようにしましょう。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

国民年金保険料強制徴収

2006年10月21日までに、社会保険庁が国民年金保険料未納対策として、保険料納付率アップの基本として重視している強制徴収の指導を強化するため、実績が低調とされる地方社会保険事務局に研修を実施して督促や財産差し押さえを確実に行なう態勢を整えていくということです。
対象は、督促率や差し押さえ率が全国平均以下など強制徴収の取り組みが不足していると判断された、青森、岩手、宮城、茨城、神奈川、新潟、山梨、長野、岐阜、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、徳島、香川、高知、大分、長崎の19の社会保険事務局となっていますから、保険料未納の方は注意しておく必要がありそうです。
老齢基礎年金をもらうには保険加入期間が25年必要ですから、やはりただ払わないでおくのでなく、保険料免除を申請するなりして保険加入期間を増やせるように考えるほうがお得なのではないかと思います。物価スライドなどもあり、民間保険会社の年金保険と違い終身年金を受け取れる保険ですからかなりお得だと思うのですが。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

ベルル生命医療保障共済会に強制捜査

四国四県で医療保険など共済保険商品や高金利をうたう社債などを販売していたベルル生命医療保障共済会は2006年10月20日に突然営業を停止し、契約者から集めた金の所在は不明ということです。
徳島と高地両県警は保険業法違反の疑いで家宅捜索し、押収した資料を分析して実態を解明し、詐欺容疑の立件も検討する方針ということです。
ベルル生命医療保障共済会は1999年から無認可共済で、掛け捨て型医療保険や年金保険などを売り出したそうで、2006年10月に理事長が死亡していますが、この理事長は1998年に支部長をしていた健保組合で約10億円の着服をしていたそうで、ベルル生命医療保障共済会で35億円以上集めたお金とともにどこにいったのか、まだ分かっていないということです。
低金利で運用先に困っているのに乗じておいしい投資話を持ちかけるといった例はつきないのですが、実態はどうなのか現実を見て夢物語に乗せられないように、こういうところは避けるようにしないといけません。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

死亡保険料の値下げ

2006年7月に生命保険会社が新規保険加入者向け死亡保険料を2007年春から引き下げる検討をしているということがわかったそうです。平均寿命が伸び、高齢者の死亡率が低下しているため、保険料決定の目安となっている標準死亡率が11年ぶりに改定されるためだそうです。
その背景には、金利の上昇などで保険会社の運用環境の改善があるそうです。
ただし、保険の既契約者は対象外ということです。
また、医療保険など生前給付型の保険では死亡率の引き下げはむしろ支払い保険金の増加につながると考えられ、保険会社各社の商品戦略によって保険料引き下げに対する対応は変わる可能性があるということです。
掛け捨ての死亡保険で保障をお考えの場合は、さらに保険に入りやすくなったといえるでしょう。医療保険などの高齢化社会向け保険商品も保険料値下げを期待したいところです。

標準死亡率は、保険契約者などのデータをもとにして、1年間に死亡する人を男女別、年齢別に予測した数値のことで、日本アクチュアリー会が算定しています。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

入札ボンド制度

2006年10月に公共工事の談合防止のための一般競争入札を普及させるため、損害保険会社などが建設会社の経営状態を審査して、工事の完成まで保証をする入札ボンド制度を導入することになったそうです。
入札ボンド制度では、損害保険会社などが入札に参加する会社の申請を受けて財務内容などを調べて、工事を完成できると判断すれば保証書を発行するそうで、途中で落札した会社の倒産などで工事が中断した場合は保険会社などが責任を負う形になるそうです。
工事の落札会社の倒産などによる工事の中断というリスクに対して保険がかけられるという、リスクあるところ保険ありという例だと思いますが、実際にうまく機能するのか興味深いところです。
それにしても後を絶たない工事の談合が保険会社が関与してなくなるとすればすばらしいことなのですが、当の損害保険会社自体が保険金不払い問題で揺れている状態ですから、あまり期待はできないかも知れません。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

社会保険庁改革関連法案見直し

2006年10月のニュースで社会保険庁改革関連法案見直しに関連して、年金事業の保険料徴収部門と年金給付部門に分割するなど、分割や大幅な民間委託が検討されているそうです。
一部社会保険事務所で実施している保険料民間委託で保険料納付率が改善されていることから、強制徴収以外の徴収業務の民営化が考えられているということです。
社会保険庁の解体はやはり必要で、できるところは民間にやってもらって、どうしても民間で困難な業務のみ社会保険庁に残すようにしないと、我々の将来受け取る年金はますます受け取るのが難しくなるのではないかと心配になってしまいます。
最近問題になっている出勤せずに給料は貰っているという公務員が話題となっていますが、役所が民間会社に比べて職員を厚遇するのは一概に悪いとは思わないものの、そうした厚遇策は悪用する人間も出てくるのが世の常ですから、はやく公務員を減らすしかないのではないかと思ってしまいます。
なんとか社会保険庁には無駄遣いしないで将来も年金が受け取れるよう節約していただきたいものです。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

ベルル生命医療保障共済会の虚偽説明疑い

本部を徳島市に置くベルル生命医療保障共済会は2006年9月に保険業法改正に伴い四国財務局に特定保険業者の届けをしたということですが、現在は営業を停止しています。
ベルル生命医療保障共済会は無認可共済であることを契約者に隠し、元本保証の虚偽説明をしていた疑いが持たれているということです。同共済会の預金口座にほとんど残金はないことがわかっていて、無認可共済のため生命保険契約者保護機構などの保護や救済の対象外とされることから契約者の救済問題は難航するのではと心配されます。
こうした現実離れした高金利を謳う投資商品はやはり疑ってかかる必要があると思われます。特に、元本保証を謳っている場合はよほど調べる必要があるでしょう。ローリスクハイリターンの投資商品はあり得ないからです。
やはり投資の話は生命保険会社でなく証券会社なり投資会社でしたほうがいいようで、保険会社には保険の話をした方がよさそうです。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

国民年金保険料不正免除問題

国民年金保険料不正問題が問題になりましたが、保険料の納付率をあげるために保険料免除の人の数を増やすというのは、あまりに短絡的です。この問題で2006年8月に社会保険庁は社会保険事務所長の民間公募を始めると発表していますが、社会保険庁の改革は民営化しないかぎり無理なのではないかと思ってしまいます。
公的機関で無理なことは民間にやらせてみるより仕方がないのは、旧国鉄などの例をみても明らかなのではないでしょうか。
もちろん民間には民間の欠点はあるでしょうから、注意はして、できることは民間に任せていって、民間では難しいことを社会保険庁のようなところがやって行く形がいいのではないかと思う今日この頃です。
国民年金はできれば納めておいた方がいいのではないかと思います。国民年金は、純粋に保険商品と見ても国庫補助が入るお得な保険と思われるのですが。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

社会保険事務局の事務処理ミス

保険料の無駄遣いなどの問題を指摘されて社会保険庁解体論議もされているようですが、2005年に社会保険庁がミスの公表基準を厳格化してから事務処理ミスの発覚が続いているようです。
例えば2006年に入ってからでも保険給付金の過払いをはじめとして、広島で17件、岡山で10件などとなっています。いずれも基本的な確認が不十分なことからきているということで、なかなか民間会社のようには機能しないような印象があります。
年金にしろ医療保険にしろこのままでは成り立って行かなくなる可能性は否定できないと思いますから、やはり自分なりに個人年金保険などを考えたり、外資系保険会社の得意とする医療保険などを考えたりして公的な保険の補いを考えておく必要があるようです。
ただし、民間の保険だけで年金や医療保険をカバーするとなると保険料が高くなりすぎて現実的ではありません。あくまでも、柱は公的な年金や医療保険にして、補助的に民間保険を活用していくのが理想だと思います。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

厚生年金受給開始繰り下げ

2006年11月1日に厚生労働省によると、厚生年金の受給開始を65歳から66歳に繰り下げる申請があった場合に繰り下げ1年毎に8.4%年金を増額すると決まったそうです。
実施は来年4月からで、年金増額率としては5年遅れに対応する42%を上限とするそうです。
増額率は、平均余命や利子率などを計算に入れて設定していて、厚生年金加入者は受給開始を繰り下げしても生涯受給年金では損も得もないということですが、将来的に年金の受給年齢を引き下げる伏線ではないかとこれから年金をもらう必要のある身としては心配になってしまいます。
やはり公的年金のほかに自助努力による年金の用意も考えて置く必要があるようです。保険ではやはり個人年金保険だとか一時払い養老保険かな、と思いますが変額年金保険という商品もありますし、いっそのこと保険というより将来のための投資と考えて、投資信託系も考慮にいれておきたいですね。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

第三分野保険金の不払い問題

2005年に生命保険会社による死亡保険金や入院給付金の不払いから始まった保険金不払いの問題は、その後も損害保険業界にも飛び火して、自動車保険の特約を中心にして保険金の不払いが発覚したのは記憶に新しいところですが、また保険金不払いかという感じで、今度は医療保険など第三分野の保険においても、損害保険会社社員が医師の診断に基づかずに保険金支払いをしないなどの保険金不払いが発覚しました。
いわゆる告知義務違反といって、契約者が保険加入時に病歴を告知していなかったとして保険金を支払わなかったケースが多いそうですが、医療、傷害、介護保険などの第三分野の保険に加入されている場合は保険会社の言い分に対して注意が必要ともいえます。
共済保険など原則非営利となっている保険も選択肢に入れた方がいいかもしれません。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

医療保険などの不払い

自動車保険の特約など損害保険商品の不払いが問題になったばかりですが、今度は医療保険など第三分野と呼ばれる保険商品の不払いが明らかにされました。
損害保険会社の医療保険は生命保険会社の医療保険に比べて、保険契約を結ぶ際の告知が正しく行なわれていたかを厳しく判断しているケースが多いそうです。
特に保険好きの方々は告知義務違反など保険会社の不払いを招くような行為は止めるべきでしょうが、正当な理由もなしに保険金が不払いになっていないか注意は必要のようです。
なかには自分の入った保険の内容を忘れているという場合もありますので、自分で保険商品内容の確認をするなり信頼のおける保険代理店に頼むなりしなければなりません。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

消費者信用団体生命保険廃止の検討

消費者信用団体生命保険は、消費者金融において、借り手の死亡時に実質的に債権を回収する手段として広く消費者金融業界で行なわれてきましたが、命を担保にしてお金を貸しているとの批判から、生命保険協会では借り手の同意確認を厳格に行なうなどの指針作りに着手しているそうです。
これによって、債務者の同意を確認するための事務負担やシステム変更に伴うコストの問題や消費者信用団体生命保険加入者の減少によって保険料が値上がりする可能性などを考慮して、消費者金融大手の会社は、債務者の死亡時に備えて借り手に消費者信用団体生命保険をかける制度について、廃止を含めて見直しを検討しているということです。
実際に生命保険の保険金で債権回収が行なわれている例も少なくないそうで、リスクのあるところに保険あり、ですが本人の同意無しに保険に加入させることはできないことです。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

厚生年金とパートタイマー

近年の女性の社会進出で女性の雇用は大幅に増加しているそうですが、そうした女性の厚生年金加入比率は低いらしく、パートタイマーの主婦が働く時間を抑制していることで厚生年金の適用にならないケースに加えて、保険料の負担を嫌がる事業主の方が短時間労働勤務の非正規労働者の雇用をすすめた結果でもあると考えられています。
現在の非正規雇用者に対する厚生年金の適用基準は、正社員の労働時間の3/4以上すなわち週30時間以上の人になっています。これを1/2以上の週20時間以上に拡大して厚生年金に加入する人数を増加させようという案が検討されています。
厚生年金が将来受け取れないのはやはり問題で、無年金者が増加してはこれからの高齢化社会は成り立っていかないのではないかと思われます。若いうちから半強制的にでも年金に加入させる制度があった方が将来的に社会を安定化させる力になるのではないかという意見もあります。正社員でなくても年金に入れて、すこしでも将来の不安解消につながれば迫り来る高齢化社会対策にもなるでしょう。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

介護保険の適用範囲

現在、介護保険3施設として特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護型療養病床の3つがあり、療養病床には医療保険の使える医療型もあります。これら介護保険施設の役割分担は、
○療養病床は病気を持った長期の療養者の施設
○老人保健施設は、入院は必要ないが自宅療養ができるようになるまでのリハビリ施設
○特別養護老人ホームは日常生活で常に介護が必要な高齢者の生活施設
というようにそれぞれの役割は異なっていますが、2011年度末までに介護型療養病床が廃止され、医療型療養病床も現在の25万床から15万床に削減されます。
医療の必要度は低いのに家庭の事情などで入院している患者を減らして医療費の抑制を図るためということですが、例えば経管栄養や痰の吸引など、常勤医師が3人の療養病床に対して、常勤医師が1人の老人保健施設や非常勤医師が1人の特別養護老人ホームでは、看護師を含めた医療スタッフの拡充が必要と言う意見もあって、特別養護老人ホーム、老人保健施設の役割や機能を全面的に見直すことになりました。それに伴って介護保険で受けられる医療サービスの適用範囲も重要な課題となってくるということです。
介護保険もほかの保険同様、公的介護保険だけでは不十分で、自助努力で民間の保険も利用できるように考える必要があるかも知れません。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

共済営業停止

四国四県で共済商品などを販売していたベルル生命医療保障共済会が10月20日に営業を停止したということです。関連会社も含めた負債総額は40億円以上と見られているそうです。
ベルル生命医療保障共済会は無認可共済だったそうですが4月の保険業法改正で金融庁が特定保険業者として監督することになったそうなのですが、監督に入るのが遅すぎたということなのでしょうか?
詳細は不明ですが、無認可共済については以前から問題が指摘されていることもあり金融庁の監督によって健全な経営がなされていくように期待したところということです。
保険加入に際しては会社の内容をよく吟味して加入するよう注意が必要で、保険は長期に亘る保障が必要な場合も多いので途中で会社が倒産したりした場合は契約者も不利益を被ることとなります。保険会社の経営状況に注意しなければなりません。保険会社のソルベンシーマージンくらいは少なくともチェックしておきましょう。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

老齢基礎年金過払い

岡山社会保険事務局によりますと老齢基礎年金の過払いが2件発生し、共済組合加入の期間を誤って厚生年金加入期間として入力したため858万2382円を過払いしたケースと厚生年金加入期間に共済組合期間が加算されてしまって505万5515円を過払いしたケースということです。
支払い不足よりはましなのかと思いますが、社会保険庁自体が無駄遣いなどを指摘されていることもあり、結構な額にもかかわらず約9年間にわたって過払いを続けていたということは過払いに対するチェック機能が働いていないのか存在していないのではないかとも考えられます。あるいは年金の1本化がいわれるように、あまりに年金制度も分かりにくいといわれるように複雑になりすぎたためもあるのでしょうか。
この際、民間保険会社でも年金保険は扱っているわけですからそちらに事務作業を委託するようなことも考えて、もっと効率的に年金業務を遂行するような方法も考えられるのではないかと思えるのですが無理なのでしょうか。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。