スポンサードリンク

団体信用保険と住宅ローン

マイホーム購入に際しては多くの人が住宅ローンを組むと思いますが、高齢化が進むなか増加する認知症が早期に発症する場合もあるようで、仕事が続けられなくなると住宅ローンの返済が重荷になってきます。
こうした認知症については団体信用保険からの補償は通常は受けられないようで、こうした認知症の場合に補償が受けられる保険も出てきているようです。
posted by mabou at 21:16 | 保険ニュース

国民皆保険制度とTPP

安部政権になってTPP交渉の行方が注目されていますが、保険業界では自由化が進めば医療費の高騰が心配され、国民皆保険制度の維持が困難になってくるのではないかという考えもあるようです。
国民皆保険制度がなくなって民間保険に頼るようになれば、外資系の保険会社がノウハウを持って参入してくることが予想され、日本の保険会社は警戒しているようです。
posted by mabou at 07:26 | 保険ニュース

共済年金の積立金とアベノミクス

アベノミクス効果で株高によって共済年金など積立金の運用収益が改善しているようで、年金をもらう側としてはうれしい効果といえそうです。
しかし、年金だけに老後を託すのはリスクが大きすぎるのかも知れません。
自分の老後を支えるためには今のうちに何をすべきなのかをよく考えておくいい時期なのかも知れません。
posted by mabou at 21:57 | 保険ニュース

社会保障制度改革と負担

社会保障制度の改革が必要とされていることは間違いないのでしょうが、結局のところ年齢別から能力別の負担を求めていくというのであれば、社会主義国のように働く勤労意欲をそいでいく危険性があるのではないかと危惧がもたれるのではないでしょうか。
例えば年金にしても、負担に応じた給付が受けられるという負担別の保障は当然なのではないかという意見もあると思われますが、負担に応じて給付が受けられないとなれば高負担者は公的な年金制度から離れていくことになるのではないかと思われます。
無駄な出費を無くして自分の将来の生活を保障するには公的な年金制度ではいずれは無理になってくると思われ、個人個人が自分の将来に備えることができるように負担を減らしていく方が合理的となっていくのではないかと考えられます。つまりは社会保障費は抑えて個人個人が自分で生活を守っていくという方向でなければ将来的には社会保障制度の破綻は免れないのではないでしょうか。
posted by mabou at 23:58 | 保険ニュース

がん保険と郵便局

保険分野での閉鎖性は以前から問題になってきたところですが、TPPの交渉でアメリカからの要求もあったのではないかと思われますが、郵便局のネットワークを利用して外資系保険会社のがん保険が販売されることになるということです。
国内生保会社にとっては大きな脅威となるようですが、郵便局で外資系保険会社のがん保険が販売されることで、がん保険の売り上げに貢献するのか今後が注目されています。
posted by mabou at 00:29 | 保険ニュース

保険外診療と保険診療

日本では国民皆保険制度ということで健康保険による診療が整備されているわけですが、保険診療に含まれない保険外診療は一部の例外を除いて自己負担になるため高額になってしまうといいます。
保険外診療に対応する保険も出ているようですから、不安な方はそうした保険についても考えておく方がよいのかもしれません。
posted by mabou at 17:05 | 保険ニュース

保険金不払いと高齢化

保険金の支払請求がないケースで不払い問題が起きた背景には、高齢化が進んで保険金の請求自体が高齢者にとっては簡単ではないということもあるようです。
保険会社では保険金の不払いを無くすために、保険金の支払請求がない場合にも保険金がちゃんと支払われるように保険の契約者を定期的に訪問するなど対策に乗り出しているようですが、保険に入っている側も保険金の請求漏れを無くすよう注意していく必要があるでしょう。
posted by mabou at 06:20 | 保険ニュース

損害保険会社の合併

AIGホールディングス傘下にある富士火災海上保険とAIU損害保険会社の合併が行われるといいます。
保険会社も他業種と同様、その経営は楽ではないようで、経費削減も含めて統廃合が必要なのでしょうが、自動車保険などもなかなか利益を出すのが大変なようです。
事故が多ければ保険金の支払いが増えて、よほど経費削減に努めなければ経営が立ち行かないということになるのでしょう。
posted by mabou at 13:12 | 保険ニュース

弁護士向けの保険

弁護士の仕事も昨今は大変のようで、仕事上の損害で賠償訴訟を起こされたり気の抜けない時代といえそうです。ニーズがあれば保険商品が作られるわけで、弁護士の損害補償用の保険も損害保険会社から売り出されているようです。
しかし、こうした保険の保険金支払いについても争いが勃発しているようで、保険金の支払いについて弁護士と保険会社がもめているケースもあるようです。
posted by mabou at 00:26 | 保険ニュース

国民健康保険の保険料率

社会保障制度改革に伴って国民健康保険の保険料率については現在の市町村ごとの保険料率設定が維持される可能性もあるそうで、市町村の医療費適正化に向けた取り組みを進める方向が望まれているようです。
人口の高齢化が進行して医療費は増え続ける一方のようですから医療費の抑制策も欠かせないと思われ、国民健康保険の保険料も値上げされることになるのかも知れませんが、社会保障制度の改革を急ぐ必要があることは誰しも認めるところでしょう。
posted by mabou at 11:15 | 保険ニュース

年金積立金管理運用独立行政法人の資産運用

世界最大級の機関投資家とも言われているようですが、年金の管理運用を行っている年金積立金管理運用独立行政法人がこれまでの国債を中心とした資産運用から株式などにも運用を振り分ける方針転換に踏み切ったといいます。
そうしますと当然国債価格は下落して利回りが上昇することになり、長期金利が上昇して住宅ローンの返済が苦しくなってくるなど影響が出てくることになるのかも知れません。
posted by mabou at 10:41 | 保険ニュース

公的年金の支給開始年齢引き上げ?

日本の公的年金制度も財政的には破綻に近づいているようで、またまた年金支給開始年齢の引き上げが必要ということのようです。
公的年金だから許されるのでしょうが、民間の保険会社が同じようなことをできるのか疑問です。
公的年金制度への信頼はさらに揺らぐことは間違いないでしょうが、自分なりに老後の保障をどうするか真剣に考えておくべきでしょう。
posted by mabou at 21:14 | 保険ニュース

南海トラフ地震用の保険

損害保険会社は南海トラフ地震用の保険を企業向けに売り出すところもあるようです。
巨大な地震として恐れられている南海トラフ地震による被害の補償に保険があるということはひとつの安心につながるかもしれませんが、地震の予知が難しい以上はこうした保険で補償を考えておくことは大事でしょう。
地震に対する備えをすることで被害額を少なくすることも可能と思われます。
posted by mabou at 19:41 | 保険ニュース

損害保険会社の業績好調

今年に入ってアベノミクス効果もあって円安株高が進行していますが、損害保険会社の業績にも好影響が及んでいるようです。株高は損害保険会社の持つ株式の値上がりにつながって、主力の自動車保険が後遺障害の増加で保険金支払いが増えて赤字化しているのをカバーしているようです。
自動車保険の保険料は値上げする保険会社もあるようで、主力の自動車保険でも黒字化を目指しているようです。
posted by mabou at 22:33 | 保険ニュース

介護サービスと保険

高齢化が進むことで保険も変わってくるようで、保険金の支払い以外にも介護サービスの現物給付など多様なサービスが保険会社から受けられるようになるようです。
高齢化の進行によって介護保険ができ、介護サービスを受けたいという方が増加している状況に保険会社のサービスも変わっていくということでしょう。
posted by mabou at 10:28 | 保険ニュース

アメリカ医療保険株高

アメリカでは高齢者向け公的医療保険制度であるメディケアの払い戻し率が維持される見通しとの情報から医療保険株が上昇したといいます。
こうした情報がインサイダー取引に当たるのかどうかはよくわかりませんが、株取引の裏側もいろいろとあるのだろうということがおぼろげながら伝わってくるような気がします。
posted by mabou at 21:36 | 保険ニュース

介護保険と要支援

介護保険制度も保険金の給付が多すぎるのか、財政的に大変のようで、要支援者が介護保険制度から切り離されて運営されることになるということです。
これから高齢者がまだ増加することから、介護度の軽度の人は切り離して財政的に苦しい介護保険制度をなんとか続けていこうとしているのでしょうが、どうなることでしょう。保険財政の厳しい折、今後も介護保険料が値上げされることは間違いなさそうですが。
posted by mabou at 14:06 | 保険ニュース

お出かけゴルフ保険

お出かけゴルフ保険では、日帰りや一泊二日のゴルフ旅行などにおけるケガや事故の補償のほかにホールインワン保険や行き返りの交通事故の補償にも対応してくれるといいますから、お出かけ前に加入する保険としては便利といえるでしょう。
もちろん携帯電話から加入できる保険だそうで、手間がかからずすぐに加入できる保険になっているようです。
posted by mabou at 00:23 | 保険ニュース

ちょい乗り保険

誰かの車を借りる時などに便利な保険がちょい乗り保険で、一日単位で保険に入れますから経済的といえるでしょう。友人の車を借りて事故を起こした時などに助かる保険といえそうです。
携帯電話で申し込みができるそうですから急な場合にも間に合う保険と思われます。お出かけ前に携帯電話から加入しておくと安心できる保険といえそうです。
posted by mabou at 23:12 | 保険ニュース

ガラスの保険

いろんなところでニーズがあれば保険商品が生まれるといえるのですが、ガラスが損傷した際の保険もあると聞いて、なるほど顧客ニーズのあるところ保険は存在するのだと改めて感心しています。
確かにお店などでガラスが割れた際に、保険があればお客様とのトラブル回避にも役立つことと思われますからお店側にも保険に入るメリットは少なくはないでしょう。
posted by mabou at 22:42 | 保険ニュース

生命保険料の値上げ?

金融庁による標準利率の引き下げから、値上げされると見られていた生命保険料ですが、中には値下げされている保険もあるようです。
金融緩和で低下する金利を見ると、生命保険会社の保険料運用環境は厳しくなっていくと考えられ、保険料の値上げをしなければ保険会社の経営も厳しくなっていくのではないでしょうか。
posted by mabou at 20:58 | 保険ニュース

大家向けの損害保険

アパートなどの大家さんにとっては少子高齢化が進んで高齢者の入居者も増えて孤独死などに絡んで修繕費や空室期間の家賃補償などを行う保険に入る方が増えているようです。
確かに死人が出た場合に家主が受ける損害は少ないものではなく、保険に入って被害を少なくすることが必要な時代になっているといえそうです。
posted by mabou at 23:33 | 保険ニュース

生命保険の新商品と介護

人口の高齢化が進んで、介護費用などの高齢者向けのサービスに利用できる保険の新商品を開発する見込みになっているそうです。高齢者向けのサービスを充実させる保険の新商品が生命保険会社にとっても必要ということなのでしょう。
日本人の保険好きは有名ですが、こうした保険商品も世界的にも注目されることになるかも知れません。
posted by mabou at 23:43 | 保険ニュース

預金保険料の引き下げ

銀行の破綻時に預金者を保護する目的で作られた保険の預金保険ですが、このところ破綻する銀行は減っているようで保険料率が引き下げられたといいます。
超低金利の恩恵を受けているのかも知れませんが、確かに一時ほど破綻する金融機関のニュースを聞かなくなったように思います。したがって保険金の支払いが減って保険料が低下したようです。
posted by mabou at 21:34 | 保険ニュース

超保険について

規制緩和の影響もあって損害保険と生命保険の合体した保険を超保険と呼ぶそうで、確かに別々に保険に入るより、必要ならば一緒に生命保険と損害保険と両方加入できる方が契約者には便利といえそうです。
保険に加入するにも、いろんな面から検討が必要で、総合的な保険相談ができるほうが加入者にとっては便利といえそうです。
posted by mabou at 14:37 | 保険ニュース

地震保険料率の値上げ

やはり震災が続いて保険金の支払いが続いたことで資金的にも余裕がなくなったようで、地震保険料率が値上げされることになるようです。
地震保険に加入する予定の方ははやめに加入手続きをしておいた方がよさそうです。地震保険は原則として火災保険に付随して加入する保険で保険料も低めになるようですが、地震後の生活再建には役立つといわれていますから、保険加入は有用でしょう。
posted by mabou at 00:46 | 保険ニュース

学資保険の元本割れ

学資保険の多くは満期時に受け取る給付金は払い込んだ保険料の総額を下回る元本割れの保険であるといいますが、中には払い込んだ保険料の総額を上回る給付金が受け取れる保険商品も出てきているといいます。
低金利の続く時代にこうした学資保険はお得な保険といえそうで、お子さんの保険を考える際にはこうした給付金の戻りが多い保険会社を選ぶとよさそうです。
posted by mabou at 00:00 | 保険ニュース

雇用保険で職業訓練給付

雇用保険に1年以上加入していると職業訓練に際して修了証をもらえば20%の給付金を受けることができるといいます。
パートでも雇用保険に加入している場合もあるといいますから諦めずに確認してみましょう。雇用保険を上手に利用することで再就職に役立てることができるかも知れません。
posted by mabou at 22:36 | 保険ニュース

厚生年金基金の一部存続

厚生年金基金については国の代行部分などもあって赤字のところが多いといいますが、全部を廃止にすることはないようで、経営的に成り立つところは存続する方針になったようです。
年金については一元化が望まれているようですが、今後は年金制度自体が存続していけるのかという問題もあると思われ、それぞれが老後の生活保障について対策を考えておく必要がありそうです。
posted by mabou at 22:57 | 保険ニュース

再生医療と保険

iPS細胞が話題になり再生医療が進んでいこうとしている中で、医療に伴う過失などを補償する制度が必要となって来ているようです。
こうした補償を国による制度として求める声のほか、民間保険での補償を求める声もあるようで、やはり補償の必要があれば保険が必要となってくるようです。
posted by mabou at 06:41 | 保険ニュース

TPPと国民皆保険

TPPの交渉に日本も参加することになって、国民皆保険制度に影響がないか、心配されていますが、一応は保険制度の変更に影響はないということです。国民皆保険制度は世界的にもまれな保険制度といいますから、できるだけ制度の維持を図っていくことが、国民の健康維持に役立つのだろうとは思いますが、問題は保険制度が財政上維持できるのかどうかということがひとつあります。
posted by mabou at 23:38 | 保険ニュース

帰宅困難者対策保険について

損害保険会社から帰宅困難者対策保険という保険商品が発売になるといいます。
災害時に帰宅困難となった人を非難させた民間施設に対して自治体が見舞金を支払う場合の保障として考えられた保険のようで損害保険会社が始めることになるようです。
補償が必要なところに保険ありということでしょうが、よく考えるものだと感心させられます。
posted by mabou at 23:35 | 保険ニュース

保険とTPP

TPPの交渉が注目を集めていますが、保険市場については生命保険協会によれば、すでに自由化されていると考えられるそうです。
しかし、外国の保険会社にすれば、保険市場が閉鎖的だからこそ第3分野の保険を外国の保険会社が扱ってきたわけですから、やはり日本の保険市場は閉鎖的と思われても仕方がないのだろうと思われます。
posted by mabou at 22:48 | 保険ニュース

保険商品の値下げ

大手の生命保険会社のなかには主力の生命保険のなかから値下げに踏み切るところも出ているようです。
やはりネット生保など、経費を抑えることで保険料を安く抑えているところに若い世代を中心に人気が集まっているのでしょうか。
長く続くデフレの影響で家計の切りつめが保険料の見直しにもつながっている可能性があるようです。
posted by mabou at 20:18 | 保険ニュース

住宅ローンと団体信用介護保障保険

住宅ローンの借り入れについては、団体信用生命保険だけでは死亡時や高度障害になった場合は住宅ローンの残高が免除になって一安心できるのでしょうが、問題は高度障害に該当しない場合の病気やけがで収入が減ってしまったりして住宅ローンの返済に支障をきたす場合もあることでしょう。
相した場合に備えて団体信用介護保障保険のついた住宅ローンのあるといいますから注意しておくとよいでしょう。
posted by mabou at 21:33 | 保険ニュース

ダイレクト型自動車保険に注目

自動車保険については各社とも特徴を出すことで保険の契約者獲得に乗り出しているようで、保険料が安いと評判のダイレクト型自動車保険についても、走行距離が少ない方にはお勧めのソニー損保や、逆に走行距離に気兼ねなく走り回っている方には、走行距離には無関係な保険料の三井ダイレクト損保など、おすすめできる自動車保険が見つかると思いますから、自分に合った保険会社を探してみるとよいでしょう。
posted by mabou at 21:02 | 保険ニュース

火災保険と再調達価額

火災保険は火災によって生じた損害の保障となる保険で重要なのはいうまでもありませんが、その補償については再調達価額による補償とするのか、時価による補償とするのかで当然保険料も補償内容も変わってきます。
時価による補償の場合は時間とともに建物の価値は下がっていきますから補償額も下がっていき、保険料も再調達価額による補償より安く済みます。再調達価額による補償の場合は、また新たに建物を立て替えるだけの費用が補償されることになり補償額は大きくなりますが、代わりに保険料が高くなります。
posted by mabou at 21:25 | 保険ニュース

地震補償保険について

普通の地震保険は火災保険とセットでないと加入できませんが、小額短期保険である地震補償保険なら火災保険にひっつけなくても単独で加入ができます。
もちろん小額短期保険ですから補償額は大きな金額ではないでしょうが、それでも少しは安心できる保険といえるのではないかと思います。
posted by mabou at 18:07 | 保険ニュース

火災保険と延焼

隣家の火災で延焼があれば被害を受けるのは当然ですが、こうした被害の損害賠償が請求できるかというと、重大な過失がないかぎり隣家に損害賠償は請求できないそうです。
もしも重大な過失があった場合でも個人賠償責任保険や火災保険の個人賠償責任特約をつけていれば損害賠償による保障もできるといいますから要注意でしょう。
posted by mabou at 12:36 | 保険ニュース

保険料の見直し

日本の経済はデフレが続いて給料も上がらず、家計の見直しに当たってまずは保険料の削減を行いたいという家庭は少なくないでしょう。
家庭の事情もあるでしょうが、医療保険と死亡保険は必要でしょうから、その他の保険が必要な保健かどうか毛等する必要があるでしょう。
医療保険では激安の医療保険も登場して、保障を抑えて保険料を安くしているようですから検討してみる価値はあるでしょう。
posted by mabou at 21:44 | 保険ニュース

地震保険料の値上げ

地震保険は、阪神大震災や東日本大震災が起きたこともあってニーズも高まっているようですが、保険金の支払いで準備金が不足しそうということで保険料が値上げされることになったそうです。
地震保険に加入するつもりがあればはやめに加入をしておく方が保険料の面では有利になるのかもしれません。地震が来ることは避けられないことと思われ、保障の準備が望まれます。
posted by mabou at 14:26 | 保険ニュース

保険の見直し

家計の無駄を省こうとした場合に、家計のなかの固定費の大きな部分を住宅ローンと保険料が占めているといいます。
住宅ローンは低金利が続いてきたおかげで超低金利の恩恵を今のところは受けられているようですが、保険料は安い保険をネットで探すだけでなく、無駄な保険に入らないように注意する必要があるようです。あまり保険会社の勧めるままに保険に加入しないことも必要でしょう。
posted by mabou at 00:01 | 保険ニュース

生命保険会社の業績

大手生命保険会社の業績が、銀行での保険の窓口販売が好調なようで、好調な会社も出ているようです。
アベノミクスによる株価の上昇も、有価証券評価損を減少させているようで生保会社の業績を押し上げる形になっているようです。
景気が上向きになって行けば、さらに生命保険会社の業績は改善されていくと思われます。
posted by mabou at 23:22 | 保険ニュース

アメリカ失業保険新規申請数の減少

ついこの間までヨーロッパの債務危機から世界的な不景気風が吹きまくっていたのに、今年に入ってアメリカの景気回復が見えてきたようで、日本もアベノミクスで円安となり株価が上昇しています。
アメリカでは新規の失業保険申請数の減少が続き、失業保険受給者総数も減少が続いていて、いよいよ景気回復基調が軌道に乗ってきたように見えます。
posted by mabou at 23:41 | 保険ニュース

厚生年金基金の一部存続

厚生年金基金については代行割れとなっている基金も多く、制度の存続は困難との事で廃止される見通しであったようですが、基準を満たす基金を存続させる方針が出てきているようです。
厚生年金基金については企業側の負担にもなっているようで、代行返上したい基金も多いようですが、代行割れの状態ではそれもかなわず、にっちもさっちも行かなくなっている企業もあるようで、何らかの救済策が必要になるのではないでしょうか。
posted by mabou at 23:10 | 保険ニュース

国民年金と厚生年金

国民年金は自営業者などが加入する年金保険ですが、このところの年金不信で未加入者や保険料未納者が増えているようで、サラリーマンが加入する厚生年金の方から流用されて穴埋めが行われるため厚生年金の方は保険料の値上げなどで悲鳴を上げているようです。
もともと国民年金は厚生年金と違って、収めた年金保険料くらいは戻ってくることが期待できるようで、厚生年金よりはお得な保障といえるそうですから、まだ年金として当てにしてもよさそうです。
posted by mabou at 00:25 | 保険ニュース

ピロリ菌除菌の保険適用

胃がんの原因とも言われるピロリ菌ですが、これまでは胃潰瘍や十二指腸潰瘍がないと、除菌は自費になって高額の負担が生じていたといいますが、ようやく保険を使ってピロリ菌による胃炎も除菌が認められる見込みになったといいます。
保険財政は厳しさを増すばかりなのでしょうが、胃がんの減少が見込めるなら保険適用も望まれるところでしょう。
posted by mabou at 22:17 | 保険ニュース

かんぽ生命保険と学資保険

かんぽ生命保険は学資保険の新商品を発売する予定がさらに遅れることになるといいます。
死亡保障を抑えて保険料を安く抑えた保険商品を発売する予定といいますが、保険金の支払い体制整備が遅れているとのことで、まだ新学資保険の発売はお預けとなるようです。
かんぽ生命保険と民間生命保険の学資保険を巡る競争はまだまだ続くでしょう。
posted by mabou at 00:19 | 保険ニュース

年金積立管理運用独立行政法人について

年金積立管理運用独立行政法人は年金給付に向けて積立金の取り崩しを続けているようですが、取り崩し金額は減少の傾向も見えているらしいです。
これが本当としたら年金制度への不信感の払拭に役立つと思いますが、さらに運用法を改善して年金給付についての不信感を和らげて欲しいものです。年金なしで老後の生活保障を考えるのは難しいでしょう。
posted by mabou at 22:13 | 保険ニュース

介護保険の改革

日本では高齢化が進んで介護保険の財源がなくなって困っているようで、介護給付を減らしていく必要に迫られているようです。
それに伴った改革が議論されていますが、介護保険料の引き上げも避けられないようで高齢者の医療費ならびに介護にかかる費用をどう工面していくのかは今後の大きな課題といえそうです。
posted by mabou at 22:24 | 保険ニュース

厚生年金基金の解散問題

厚生年金基金については国の代行部分で運用難に陥っている基金が少なくないことから原則的には解散の方向で議論が進んでいるといいますが、解散時には厚生年金からの預かり資金を返還する必要があり、この返済をどうするかで議論が繰り返されているようです。
赤字の厚生年金基金にとっては大きな負担となる返済をどうするのか注目されます。
posted by mabou at 22:10 | 保険ニュース

引き受け基準緩和型医療保険について

医療保険加入時には、過去の入院歴や持病についてなど細かく健康状態のチェックが入るものですが、この健康基準を緩和して医療保険に加入できる方を増やそうという保険も出ているようです。
しかし、当然の事ながら保険料が高くなったり、通常の医療保険には付いていない条件が追加されていたりとデメリットもあるといいますから、よく条件に注意して加入するかどうかを決断すべきなのでしょう。
posted by mabou at 14:15 | 保険ニュース

標準利率と保険料

金融庁が標準利率を引き下げることで生命保険会社が保険料を引き上げるだろうと見られていますが、大手の生命保険会社のなかには保険料据え置きを打ち出している保険会社もあるようで、保険契約者の獲得競争が激化していくのかもしれません。
標準利率は長期的に積み立てていくような貯蓄性の高い保険に影響が大きいといいますが、保険契約者側としては保険料が引き上げられるのはあまりうれしいこととはいえないでしょう。
posted by mabou at 09:34 | 保険ニュース

災害保険の援助

太平洋の島々からなる国に対して災害保険の支援が行われるということで、災害時の保険金を自動的に割り出す仕組みを作って津波や台風などの自然災害時の保険金の支払いが円滑に進むように支援をしようということのようです。
自然災害に備える保障としては保険は適した方法と考えられ日本が支援していくことは日本自身のためにも役立つことでしょう。
posted by mabou at 21:31 | 保険ニュース

自動車損害賠償責任保険料の値上げ

自動車保険については保険金の支払い増加もあって保険料の値上げが予定されているようです。
任意保険も事故を起こせば保険料は割高になっていくのですが、自賠責保険料も値上げになってドライバーの負担は重くなっていくことになります。
日本は財政赤字が膨らんで増税が目白押しですが、保険料も値上げになって、これから少しはインフレになっていくのでしょうか?
posted by mabou at 21:12 | 保険ニュース

死亡保険金への相続税

一家の大黒柱に何かが起こると一家の先行きが困るわけで、生命保険などで保障を付けるのですが、残された家族には死亡保険金の全額が残らない場合もあるといいます。
そこで、相続税の非課税枠を拡大して、より多くの保険金が残された家族に渡るようにしようというのですが、そもそも税金を取る必要があるのか疑問です。税金の正しい取り方についてもっと考えていく必要があるのではないでしょうか。
posted by mabou at 21:42 | 保険ニュース

独身者の老後の生活保障

独身者は家族持ちに比べて、子供の養育費などが必要ない分、余裕が生まれて貯蓄もできるはずなのですが、実際には生活レベルを上げてお金がかかるため、一概には言えず、かえって貯蓄ができない面もあるといいます。
しかし、老後を考えると独身者は生活レベルが上がっている分、家庭持ちより老後の生活保障を考えた時に、よりお金が必要になる可能性が高いといいます。しっかりとしたマネープランで老後の不安を解消すべく、保険も含めて老後のマネープランを練っておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 21:28 | 保険ニュース

確定拠出年金と税金

確定拠出年金では支払った掛け金が全額所得控除になるといいますから、自分なりに老後の生活保障を見据えてしっかりとした運用方針を立てて資金運用に臨む必要があります。
もちろん運用に失敗することもあるでしょうから、基本的な資金運用法については調べておく必要があります。明るい老後のためには努力なしでは資金準備はおぼつきません。
posted by mabou at 00:31 | 保険ニュース

自賠責保険の保険料値上げ

自賠責保険は強制加入の保険ですが、支払いが多くなり赤字の状態が続いているそうで、保険料は値上げになるそうです。
確かに自動車事故による損害を賠償する保険は強制的に加入してもらわないと事故にあって損害を蒙った場合には無保険だと困ってしまいます。どうしても強制保険の加入なしに自動車の運転をしてもらっては困るわけです。
posted by mabou at 21:28 | 保険ニュース

生命保険料控除制度の改正について

生命保険料控除制度の改正によって平成24年1月1日以後に締結された保険には新制度が適用となるそうです。
以前は一般生命保険料控除と個人年金保険料控除の2つで最大で所得税5万円、住民税3.5万円の控除だったのが、新しい制度では一般生命保険料控除と個人年金保険料控除に介護医療保険料控除が新たに追加され、それぞれ所得税4万円、住民税2.8万円の控除へと変更になっています。
あらたに保険契約を結んだり契約内容を変更した場合には注意が必要です。
posted by mabou at 23:19 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。