スポンサードリンク

損害保険会社のロードサービス

損害保険会社のロードサービスを使って、トラブル時に救援を要請した時にサービススタッフが現場に近づく位置がスマートフォンで確認できるサービスが受けられるといいます。
また、車の事故や故障に際して救援を要請する場合の自分の位置もGPSを使ってロードサービススタッフ側に正確に伝えることができるといいますから損害保険会社のサービスもどんどん向上しているようです。
posted by mabou at 22:02 | 保険ニュース

国民年金保険料の後納について

国民年金保険料を25年以上収めることで年金の支給が受けられることになりますが、保険料の未納期間は2年間なら遡って後納できるとなっています。
この保険料の後納がこれから3年間に限って10年間に延長されるといいますから当てはまる方は保険料の後納で受け取る年金を増額することができます。保険料を多く納めれば年金もより多く受け取れることになります。老後の生活保障に年金は少しでも多い方が安心でしょう。
posted by mabou at 00:20 | 保険ニュース

損害保険と中国の反日デモ

中国では尖閣諸島の国有化に反対する反日デモが各地で起こり、多くの日系企業が損害を受けています。
こうしたデモや暴動などでの損害に対する保険は特約をつけないと補償がなされないといいますが、支払う保険金額が巨額のため、今後は損害保険料の値上げは避けられないといいます。
あまりにリスクが大きい時に保険が成り立つのかどうかは微妙なところでしょうが、戦争など巨額の損害が生じた場合には保険金の支払いは可能とは思えませんから保険加入時には注意する必要があるでしょう。
posted by mabou at 00:00 | 保険ニュース

年金不安と金投資

若者にとっては年金による生活保障も安心できないところがあるようで、価格が上昇している金投資に人気が集まっているようです。
老後の生活保障に公的年金だけでは安心できないという方が多いようで、少額からでも金が買える純金積み立てなどもあり多くの方の支持を集めているようですが、年金制度も変更されるようでもう少し老後の安心感が得られるようになってくれることを期待したいものです。
posted by mabou at 14:10 | 保険ニュース

国家公務員の新年金

国家公務員の年金については、職域加算という上乗せもあって民間よりも優遇されているという指摘がされてきましたが、新年金制度では退職金を減らして民間との格差を解消する方向で調整が進んでいるようです。
新年金は税金の投入が防げるように変動型になっているそうで、厳しい国家財政を考えると新年金制度で退職給付金を抑えるのもやむを得ないのでしょう。
posted by mabou at 22:25 | 保険ニュース

生命保険と営業職員

かつては生命保険会社の稼ぎ頭であった営業職員による保険販売は、インターネットを使ったネット生保などの登場で減少してきており、ネット上の取り組みを進めているところのようです。
ネット生保に対抗するためにも大手の生命保険会社もネット上での集客を図るサービスの充実が急務となっているようです。ネット生命保険は経費をかけないことで保険料を安くして若い世代を中心に契約を伸ばしているようで大手の生命保険会社にとっても脅威となっているようです。
posted by mabou at 23:10 | 保険ニュース

生命保険の銀行窓口販売

生命保険会社の保険商品が金融機関の窓口で販売されるようになって10年が経つということで、変額年金保険や一時払い終身保険など保険会社の収入増に寄与する保険商品が売れている一方では、金融機関も手数料収入を得ることができるといいます。
生命保険各社は元本保証の安全な投資先として人気を呼んだようですが、運用環境の悪化により生命保険会社の収益を悪化させる状態になっているといいますから運用とは難しいものです。
posted by mabou at 21:21 | 保険ニュース

タイの洪水と保険

タイで大洪水が起きて日系企業にも大きな損害が出たことは記憶に新しいと思いますが、損害保険会社にとっては巨額の保険金支払いが大きな負担となっており、洪水被害を免責にする保険会社が多くなって入るといいます。
したがって日系企業は洪水に対して無保険状態となっているそうで、再び洪水被害が起きるとすると今度は企業側に大きな損害が生じることになりそうです。
posted by mabou at 00:38 | 保険ニュース

加給年金と妻の年齢

加給年金は、厚生年金保険の被保険者であった期間が20年以上ある場合に、定額部分の支給開始年齢になった時に65歳未満の妻や子供がいる場合に加算される年金で、家族手当のような年金とも言われています。
子供が18歳になった後の最初の3月31日あるいは妻が65歳になった時には支給が停止されますが、妻が65歳になった時には妻の老齢基礎年金に加算されて振替加算と呼ばれています。
posted by mabou at 16:42 | 保険ニュース

厚生年金基金制度の廃止

企業年金のひとつで国の公的年金保険料を借りてきて運用している厚生年金基金制度ですが、運用難から国に返還する年金保険料も返せなくなっている基金が増えて、なかには高利回りを謳う投資話にのせられて資金を失うところも出てきています。
こうしたことから基金の存続は難しいとの判断で厚生年金基金制度は廃止する方向で話しが進んでいるようです。
年金制度を巡ってはスキャンダル続きで老後の生活保障に不安を感じる方も多いことでしょう。
posted by mabou at 07:21 | 保険ニュース

自動車保険料の値上げ

来月から事故を起こしたドライバーの保険料は大幅に引き上げられることになるようです。
従来から事故を起こすと保険料の割引等級が3段階引き下げられることになっていますが、これからは保険料も引き上げられることになってしまいます。
自動車保険が赤字になっているために保険料の引き上げは避けられないようですが、ドライバーとしては来月からは事故を起こさないように注意するしかなさそうです。
posted by mabou at 20:45 | 保険ニュース

遺族基礎年金の改正について

遺族基礎年金は働き手が亡くなって残された家族の生活保障のための年金といえるでしょうが、対象は子供のいる妻か子供となっていて、子供のいる夫は受け取ることができない年金になっています。
現在では働く妻も増えていて現状とそぐわないところも出てきたこの年金が子供のいる夫も受け取ることができるように改正される見込みといいます。いわゆる共稼ぎ家庭が増えたことに対応する年金の改正と思われます。
posted by mabou at 07:33 | 保険ニュース

被用者年金の一元化について

共済年金には公務員優遇と批判されることもある職域加算という共済年金独自の年金の上乗せがあるのですが、被用者年金の一元化によって廃止されることも予定されているようです。
もちろん老後の生活保障がかかっているわけですから加入者の抵抗は大きいと思われます。しかし、年金制度自体が立ち行かなくなっている現状では今までのままで年金が受け取れるとは思わないほうがよいのかも知れません。
posted by mabou at 21:27 | 保険ニュース

昭和61年以前の任意加入

今では厚生年金などでサラリーマンの妻は第3号被保険者ということで済んでいますが、昭和61年以前の年金制度では任意加入していないと年金受け取り額が減ってしまうということになっていたようです。
本当に年金制度が老後の生活保障になってくれるのか疑問もありますが、年金制度自体を持続させていくためには制度変更は必要なのでしょう。
posted by mabou at 12:39 | 保険ニュース

生命保険料の値上げか?

標準利率の引き下げが行われる予定だそうで、生命保険会社としては将来の保険金支払いに備えて積み立てる積立金を増やす必要が出てくるため、保険料を引き上げて積立金を増やすことになる可能性が高いそうです。
なかでも期間が長く貯蓄性の高い終身保険のような保険商品が影響を受けやすいといい、来年にも保険料の値上げがあるかもしれませんから保険加入を考えている方は早めに入っておくと標準利率の引き下げの影響を受けずに済むそうです。
posted by mabou at 06:36 | 保険ニュース

歯の保険

お隣韓国では歯の保険が人気だそうで、日本でも損害保険会社から歯の保険が販売されるそうです。
以前にも歯の保険が販売されたことはあるそうですが、ホワイトニングなど審美歯科については保険が効かないようですが、インプラントは保険でカバーすることも可能といいますから、一度歯の保険について加入を検討する価値はありそうです。
歯の治療費も馬鹿にならないのでしょうが、それだけ歯の健康に気を使う人が増えているということでしょう。
posted by mabou at 15:21 | 保険ニュース

老齢厚生年金と遺族厚生年金

老齢厚生年金と遺族厚生年金はどちらかの受給になるようで、基本的には自分に有利な方を選んで受給するようです。
しかし、共働きの夫婦でも妻の老齢厚生年金より遺族厚生年金の方が受給額が多いことが多く、仕事をして保険料を支払ってきた妻にとっては保険料の掛け捨てになってしまうケースもあるようで不満も聞かれるようです。こうした問題の解消には自分の年金は自分で準備するような制度変更も必要かも知れません。
posted by mabou at 11:16 | 保険ニュース

反日デモと保険金

中国での反日デモは連日報道されていますが、日系の企業が受けた損害額は巨額にのぼるようで、火災保険でも特約によって暴動の損害が補償される場合もあるようで、損害保険会社の支払い保険金も巨額にのぼるのではないかといいます。
地震や津波、洪水などの自然災害のみならず、暴動などの人災も保険金の支払いとなると損害保険会社も保険金支払いが大きくなって収益を圧迫することも考えられます。
posted by mabou at 23:03 | 保険ニュース

高齢者の増加

日本の高齢者はまだ増え続けているようで、生活保障となる年金や健康保険制度の維持には大変な時代となっているといえそうです。
老後の生活保障がこれまでの様に保障されるかといえば疑問ですが、国に頼らず自分なりに生活保障の手立てを考えていかないと仕方がなさそうです。
ひとつには退職後の再就職をしやすくすることで老後の金銭面での不安を解消していくことも必要でしょう。
posted by mabou at 02:21 | 保険ニュース

韓国の国民年金基金

韓国の国民年金基金は多様な投資を展開しているらしく、ヨーロッパの債務危機を起こしている国々へも投資が行われているようです。
こうした投資は裏目に出る可能性もあるわけで、年金の運用には慎重さが必要でしょう。日本の年金基金の運用はどうなっているのか心配でもありますが、現在の世界的な経済停滞の局面では運用も簡単ではないでしょう。老後の生活保障となるべき年金の運用をどうするかは頭の痛い問題のようです。
posted by mabou at 00:56 | 保険ニュース

健康保険組合連合会の苦境

健康保険組合連合会は主に大企業の社員や家族が加入する健康保険ということですが、高齢者医療への拠出金負担が大きく赤字の組合が増えているといいます。
なかには赤字で解散する組合や保険料率の引き上げに踏み切る組合も増えているようで、このままでは健康保険組合の存続も危ぶまれるようです。
posted by mabou at 22:33 | 保険ニュース

収入保障保険とは

最近人気がある保険に収入保障保険という保険があるそうです。
一般的な死亡保障の場合には保険金が一括して支払われますが、収入保障保険では毎月保険金が受け取れるということで、若いカップルで子供がいる場合などに人気を呼んでおり、保険料は一般的な死亡保障の保険に比べてかなり安くなるといいます。
つまり死亡時の年齢が上がっていくほど保険金として保険会社から支払われる金額が少なくなるので一括で死亡保険金を支払う場合よりも保険料は安く抑えられるようです。
posted by mabou at 14:36 | 保険ニュース

国民年金保険料納付期間の延長

国民年金保険料の未納率が高く、将来の低年金や無年金のケース増加が心配されています。
現在の国民年金保険料の納付は2年間はさかのぼって納付できるそうですが、これを10年間に延長してすこしでも年金受給者を増やしたり年金受取額を増やしたりすることを考えているようですが、保険料の未納率が高くなる一方では効果は限定的なのかもしれません。
ただし、保険料納付が遅れると保険料は割り増しが付くため納付期限は守った方がよさそうです。
posted by mabou at 06:54 | 保険ニュース

がん保険と告知

がん保険の加入には注意が必要で、がんと診断されれば保険金が受け取れる三大疾病保障保険などでは本人にがんの告知が行われていない場合の保険金受け取りは簡単ではないようです。
本人に病名を知られることなく保険金の請求をすることは難しいのではないかと思いますが、告知ができない場合には保険への加入もよく検討することが必要でしょう。
posted by mabou at 22:20 | 保険ニュース

保険金の請求について

保険に入るということは、何かの際には補償がもらいたいということですが、保険も複雑化して実際に保険金を請求する際に請求漏れが起きることも珍しくはないようです。
自分なりに理解で知る範囲で保険の補償を申し込んでおかないと、いざという時に請求漏れになっては何のための保険の補償なのか分からなくなりますから注意する必要があるでしょう。
posted by mabou at 21:13 | 保険ニュース

医療関連無過失補償制度について

医療は不確実性の多いプロセスが含まれることから時として思わぬ結果をもたらす場合もあるようで、医療側の過失がはっきりしなくても医療を受ける側に損害が生じた場合に補償が受けられるよう制度が作られています。
例えば医薬品の使用に関連した副作用による損害や予防接種に関連した損害など、いろんなところで予測しにくい損害を補償するように制度が整備されているといえるでしょう。
posted by mabou at 23:24 | 保険ニュース

オランダの保険会社と韓国

韓国の金融グループがオランダの保険会社から韓国での保険事業を取得するといいます。
これもヨーロッパでの金融不安と関係するのかどうかわかりませんが、これからも保険事業の買収などが続くのかも知れません。
金融業界の再編はグローバル規模で進むのかも知れませんが、日本の保険会社は大丈夫なのでしょうか?
posted by mabou at 22:43 | 保険ニュース

盗難保険とバイク

製造が中止になったバイクが人気を呼んでいて高値が付いているといいますが、問題は盗難にあうことが多くなっていて盗難保険の加入が断られる場合があるといいます。
持ち主としては盗難が増えていて気が気ではないのでしょうが、保険会社も損をする契約はできないというところでしょうか。もっと保険料をもらわないとペイしないのでしょう。
posted by mabou at 13:45 | 保険ニュース

最低保障年金と増税

このところ消費税の増税が決まって、それでなくても景気が悪いのにどうなることか心配になるのですが、さらに最低保障年金のためには増税が必要になるということで、景気のよくなる時がくるのかと不安になります。
なるべく税金は少なくして個人が自分の老後の事を真剣に考えるように方向転換しないかぎり、いくら増税しても足りるということはないのではないかと心配になります。個人個人の責任で老後の生活保障をしてもらうことが効率的なのかも知れません。
posted by mabou at 21:25 | 保険ニュース

年金の物価スライド

公的年金は物価が上昇しても生活保障に差しさわりがないように、物価にスライドする方法がとられています。
物価が上昇する時代が長く続いたのですが、最近はインフレからデフレへと基調が転換し、本来なら物価に合わせて年金支給額が減少するはずがそのまま年金額は削減されていないようです。
こうして年金積立金の取り崩しが続いていけば、今の若い人が年金をもらう時に、当然ながらもらえる年金額に悪影響を及ぼすのではないかと思われます。
posted by mabou at 22:20 | 保険ニュース

生命保険の証券化

生命保険の中でも、死亡保障を証券化して売り買いするということが実際に始まっているそうです。
どういうことかというと、死亡保障の保険金の何割かで保険商品を売ってしまうわけです。
その後は買った側が保険料を支払い続けるかわりに、死亡保険金が下りた際には、その保険金が保険を買った側が受け取れるということです。
こうした金融商品のような保険の取引は、死亡保険金目当ての犯罪が絡むのではないかという恐れも感じますが、徐々に増えているといいます。
posted by mabou at 20:58 | 保険ニュース

年金運用と債務危機

ヨーロッパの債務危機は多くの国に影響を及ぼしていますが、アメリカもサブプライムローンの影響から抜け出せず、頼みの中国経済もヨーロッパの金融不安の影響で経済が減速しているようで、日本の年金の運用は悪化し赤字になっているそうです。
経済のグローバル化に違いないのでしょうが、我々の年金もヨーロッパの国の債務危機につながっているわけです。
posted by mabou at 12:48 | 保険ニュース

小額保険とカード

クレジットカード会社が損害保険会社と連携して、カード利用者へのサービスとして小額保険の提供を始めています。
カードに付帯する保険でカバーされない補償をつけることで、カード会社も新たなサービスの提供ができ、保険会社も大勢いるカード会員への保険販売が可能となると思われます。逆に言えば、それだけ国内の損害保険会社の市場は飽和状態ということになるのかも知れません。
posted by mabou at 00:32 | 保険ニュース

年金記録の適合問題

年金の記録不適合問題では、約5000万件もの記録が不明になっており、時間を掛けて台帳とコンピューターの照合を続けているそうですが、未だに約2000万件の記録が不明のままといいます。
不明の記録は多くが年金受取額が増えるといわれていて、実際に知らずに年金を少なく受け取っていることになりますが、そうした年金受給者も高齢になって亡くなる方も少なくないのではということです。
本人が亡くなった場合でも遺族が調べて受給できるといいますから年金については一度チェックして、怪しいと思ったら年金機構に問い合わせた方がよさそうです。
posted by mabou at 22:53 | 保険ニュース

損害保険とメガソーラー

電力の買取が魅力ということでメガソーラーが各地に建設されているようですが、日照時間が短いと発電力が低下するわけで、そうした天候リスクの保障に損害保険会社が保険商品を提供するようになっているようです。
まさに補償のニーズのあるところ保険が必要とされているわけで、新しい事業の進行に保険によるリスクマネジメントは必要不可欠といえるでしょう。
posted by mabou at 23:44 | 保険ニュース

損害保険会社と事故防止

損害保険会社としては高齢者の増加などで事故が増加しているらしく、なんとか事故を減らして保険金の支払いを少なくしたほうが収益が上がるわけでしょう。
スマートホンを使って安全運転に役立つ情報を提供するサービスが始まっているようで、こうした取り組みで厳しい経営状況をすこしでも改善しようという狙いもあるのでしょう。あなたの安全運転に役立ち有難いサービスといえそうです。
posted by mabou at 15:28 | 保険ニュース

厚生年金基金からの脱退

厚生年金基金を巡っては、使途不明金が発覚したり、詐欺まがいの投資会社に運用を任せて資金を失ったり、スキャンダルも多いようで、脱退した方が賢明かもしれません。
しかし、そこはお上の考えることで簡単には抜け出せないようになっていたのですが、今回は裁判で脱退を希望する会社の方が勝訴したようです。
そうなると代行割れに陥っている厚生年金基金の多くでは脱退する会社が続くかもしれません。
posted by mabou at 21:50 | 保険ニュース

生命保険会社と外国債券

生命保険会社は保険契約者から保険料として集めたお金を運用にまわしているわけですが、安定した投資先として国債を多く購入していたものの昨今の国債利回りの低下により、仕方なく外国債券の購入額を増加させているといいます。
最近のユーロ圏での債務不安から金融緩和が世界的に進んで日本やアメリカなどの国債利回りは低下しているため生命保険会社としても運用利回りを高めるために投資先を探す必要に迫られているようです。
posted by mabou at 22:39 | 保険ニュース

地震保険の契約増加

阪神大震災に続いて東日本大震災でも大きな被害が出たこともあり、地震保険のセット契約が増加して、とうとう火災保険の半数以上に地震保険がセットでつけられるようになったといいます。
地震保険は単独での契約が無理で、火災保険に付帯しての契約になるそうで、地震の恐ろしさが強く印象付けられていることがその根底にあるように思われます。
posted by mabou at 22:23 | 保険ニュース

スウェーデンの最低保証年金

スウェーデンの公的年金制度については、最低保証年金と所得比例年金があり、最低保証年金については所得が少ないなどの理由で年金保険料を負担していない人でも税金を財源にして年金受け取りができるようになっています。
所得比例年金の方は、所得が一定額以上ある場合に所得に保険料率をかけた年金保険料を支払って、その保険料の範囲内で年金給付が行われているといいます。
posted by mabou at 22:23 | 保険ニュース

逆ざやと保険料

日本だけではなくなってきましたが、超低金利が続いて保険会社が集めた保険料を運用しようにも簡単には運用実績が上がらなくなっているようです。運用実績が上がらなければ、予定利率を下回ることになり、保険会社にとっては逆ざやと呼ばれる状態になって保険会社にとっては赤字になってしまいます。
保険契約者のことを考えると保険会社の経営は安定していなければ困るわけで、当然保険会社としては予定利率を引き下げたり、保険料を引き上げたりする必要が出てくるわけです。
posted by mabou at 15:03 | 保険ニュース

標準利率と保険料

10年物国債の利回りが超低金利となっていることから金融庁の示す標準利率も低くなり、そのため保険会社の予定利率も低くなり、さらに責任準備金の積み増しが必要とされるため、保険会社は保険料の引き上げや予定利率の引き下げに動いているようです。
こうした動きがあることから年金保険や終身保険などの貯蓄性の高い保険をお考えの方ははやめに保険に加入することを検討するほうがよさそうです。
posted by mabou at 13:49 | 保険ニュース

地震保険の企業向け保険料の値上げ

地震保険は震災が起きると再保険料が値上げされるそうで、損害保険会社としては震災ごとに保険料の値上げが必要になるようです。
従って福島第一原発事故の起きた東日本大震災後の地震保険料については、国の関与がある個人向けの地震保険と違って企業向けの地震保険料は大幅な値上げになるようです。
posted by mabou at 15:14 | 保険ニュース

保険料の値上げ

保険会社では年金保険など貯蓄性の高い保険商品を中心に保険料の値上げが予定されているそうです。
日本の超低金利が運用状況の悪化につながっているようで、保険会社の収益を圧迫することになるため、どうしても保険料の値上げに踏み切らざるを得ないようです。
従って終身保険などの検討中の方には、保険料値上げ前の決断が勧められるでしょう。
posted by mabou at 15:08 | 保険ニュース

医療保険と介護保険

介護保険の利用者数は、高齢者の増加もあって増えているようで、介護保険は医療保険に優先されるものの、主治医の支持のもとに急性憎悪などに対応して医療保険から訪問看護サービスが提供されているといいます。
在宅医療の拡充に伴って訪問看護サービスの利用者は増加しているといい、高齢者は今後も増えるでしょうから在宅医療の一層の充実が期待されているといえそうです。
posted by mabou at 11:21 | 保険ニュース

韓日通貨スワップ協定の行方

韓国と日本の間では緊急時に通貨を融通する韓日通貨スワップ協定があるそうで、いわば金融不安時の保険のような制度になっているようです。
この保険機能を果たす制度が韓日間の領土問題などで中断する可能性もあるといいますが、ヨーロッパの債務危機を見ているとできればこうした保険機能はそのまま持続できるにこしたことはないと思われます。
posted by mabou at 09:34 | 保険ニュース

厚生年金の収支

去年の厚生年金など公的年金の収支は株価の上昇など運用環境の改善が影響して好転したといいます。
将来の生活保障が不安になることも多いことから年金の運用がうまく行ってくれるのは有難いのですが、これからの年金に大きな期待を寄せるのは難しくなるでしょう。
年金を巡ってはいろいろとスキャンダルもありましたが、普通にきちっと運用していくことを願いたいものです。
posted by mabou at 23:55 | 保険ニュース

個人型401Kと節税

いよいよ消費増税が現実的になってきて税金ばかり増えて生活の保障はどうなっているのだろうと不安が増すばかりですが、401Kという個人事業主や厚生年金の会社員が加入できる年金制度では支払った年金の掛け金が控除になるだけでなく運用益も控除になるといいますから損な運用法ではないのかもしれません。
個人事業主の配偶者は加入できるようですが、会社員の妻で第3号被保険者は加入できないそうです。
posted by mabou at 21:51 | 保険ニュース

ライフネット生命

ライフネット生命はネットでの保険申し込みが24時間可能で保険料を安く抑えることで保険商品の価格競争力を高めた生命保険会社といいます。
インターネットを活用したネット生命保険会社はこれからの顧客ニーズに合うよう低価格での保険販売を武器にしているといえ、これまでの営業職員を使った保険販売に取って代わる保険販売法になりつつあるようです。
今後の生命保険については自分の保障ニーズを満たす保険商品ならネットで購入するのが主流となるのではないでしょうか。
posted by mabou at 22:31 | 保険ニュース

介護終身年金保険

介護保険に連動して介護度に応じて保険金が受け取れる保険が登場しています。
保障内容を介護保障に限定した保険で介護終身年金保険と呼ばれ、シニア世代をターゲットにした保険ですが、これからの高齢化社会にあった保険かも知れません。
介護に必要な一時金のほかに介護度が上がると終身年金も受け取れるといいます。
posted by mabou at 17:16 | 保険ニュース

中国の強制保険

中国では日本の自賠責保険に当たる保険は外資には開放されていなかったといいますが、今後は外資系の損害保険会社の参入も認められるようで、自動車保有台数の伸びに伴って強制保険も加入者増が期待されるようです。
日本の損害保険会社も国内市場が頭打ちで、高齢者の自動車事故が増加して収益が悪化しているそうで、海外での保険商品販売は避けて通れないといいます。
posted by mabou at 23:53 | 保険ニュース

地震保険と火災保険

地震保険は単独での加入は無理で、火災保険にセットして加入することになります。
しかし、火災保険では保障されない損害が保障されるため、加入する方が安心なのは確かです。
地震による家の倒壊はもちろん、地震による火災や河川の氾濫、あるいは噴火に伴う損害も火災保険では補償が受けられないといいますから注意する必要があるでしょう。
posted by mabou at 21:54 | 保険ニュース

企業年金の減額

厚生年金基金の破綻がニュースになる時代となってきましたが、企業年金を破綻させないためのひとつの方法が年金の減額ということになるようです。
企業OBの同意を取り付けるなど、企業年金の減額には困難もあるため、今後はより減額がやりやすいようにして企業年金の財政悪化を防ぐ狙いがあるようです。
posted by mabou at 21:22 | 保険ニュース

保険金目的の放火

保険金を巡る犯罪は絶えることがないようで、保険金目的に会社の寮に放火した疑いで元社長らが逮捕されたようです。
借金で困った元社長らは火災保険の保険金目当てに自社の社員寮に放火した疑いがあるといいます。
保険金をめぐっての犯罪はなくなることはないのでしょうが、被害を受けないように普段から注意を払っておく必要がありそうです。
posted by mabou at 00:56 | 保険ニュース

低年金と給付金

年金生活者支援給付金法案では低所得年金受給者には給付金が支給される見込みといい、年金保険料をより多く納めている人よりも年金支給額との合計が多くなる逆転現象を防ぐために基礎年金の満額を超える人も給付金の対象になるといいます。
いつもの思いつきによるばらまき政策のような気がしてなりませんが、結局のところは選挙対策という気がしないでもありません。もう少し根本的な解決策へと踏み込んでいかないと年金制度はそのうち立ち行かなくなるのではないかと心配になります。
posted by mabou at 22:33 | 保険ニュース

産科医療補償制度とは

産科医療補償制度では分娩に関連する重度脳性麻痺の発症について、一定条件の下に補償金が支払われるといいます。 
医療的には問題のない場合にも分娩に関連する重度脳性麻痺の発症は起こりうるわけで、こうした事態に備えて補償が用意されているのは医療事故の補償としては必要と思われます。
posted by mabou at 01:12 | 保険ニュース

TRICAREとは

アメリカの軍人や退役軍人、家族が加入できる医療保険についてはTRICAREと呼ばれる保険があるようで掛け金を払えば軍の病院のほか民間病院の利用も可能といいます。
医療保険についてはアメリカは日本のような国民皆保険制ではないため、何らかの保険に保険料を支払って加入する必要があるわけで、保険未加入者も少なくないといいます。
posted by mabou at 01:00 | 保険ニュース

賠償責任保険について

医療分野では治療や検査などの結果についての不確実性が避けられない面もあって、医師や歯科医師、看護士などにとって医療事故などに伴う補償についての準備が必要となっています。
こうした補償のニーズが高まれば、保険が商品として登場してくるわけで、賠償責任保険に加入することは避けられない時代と思われます。
posted by mabou at 00:31 | 保険ニュース

住宅ローンと保障

住宅ローンは大きな買い物の大きな借金となり、死亡時には団体信用保険で保障がつきますが、問題は病気などで仕事ができなくなる場合などにどういった保障ができるのかは気になるところです。
銀行によっては住宅ローンにこうした保障の必要性に答えて生活習慣病などに対する保障を手ごろな保険料でつけられるようにしているところもあるようで、住宅購入に際してローンを組む際に保障がどうかチェックしてみるとよいでしょう。
posted by mabou at 07:27 | 保険ニュース

年金積立金の取り崩し

日本は少子高齢化が進んでいますから、当然のことながら賦課方式の年金制度では年金保険料を支払う世代が減少して、年金を受け取る世代が増加して年金保険制度は赤字が進んでいくことになります。
そこで、まだ年金を受け取る人数が少なくて年金保険料を積みたてられた時代の積立金を取り崩して年金支払いに当てているのが現状のようです。
当然ながら取り崩しが続いていけば積立金もいずれは枯渇してしまうでしょう。
posted by mabou at 22:27 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。