スポンサードリンク

ベトナムの保険会社

英国大手銀行のHSBCは保有するベトナムの大手保険会社の株式を売却する予定のようで、日本の大手生命保険会社が名乗りを上げているようです。
ベトナム国営の最大手の保険会社の株式だそうで、やはりこれからのベトナム経済の発展が見込まれることから日本の保険会社も進出の意気込みが高いのでしょう。まだまだこれからの保険の需要は期待できそうです。
posted by mabou at 21:33 | 保険ニュース

ペット保険と動物病院

ペット保険については保険金の支払い方法も会社によってまちまちのようで、一般的にはかかった医療費を一旦は支払って、あとで保険会社に請求して払いもどすという形をとるようですが、保険会社と動物病院が提携している場合もあって、保険でまかなえない費用だけを支払えばすむという場合もあるようです。
自分の利用する動物病院との提携もチェックしておくと便利かもしれません。
posted by mabou at 11:58 | 保険ニュース

ペット保険の増加

ペット保険については需要が増えて、治療費も高額化する傾向にあることから、保険業法の改正が行われてペット保険を取り扱う会社も制限され、保険をめぐるトラブルも減ってくるのではないかと期待されます。
ペット保険では、かかった費用の一定割合を保障する定率保障型と、一定金額内で治療費の保障をする実費保障型を組み合わせた保険が主流といいます。
自分のニーズをよく考えて保険を選びましょう。
posted by mabou at 07:11 | 保険ニュース

全国小売酒販組合中央会

全国小売酒販組合中央会は全国の酒店経営者の年金共済事業を手がけているといいますが、年金基金の運用に失敗して民事再生法の申請を行うといいます。
投資した年金資産は大半が失われたといい、掛け金の返還は困難なようです。
年金の運用というものは、簡単ではないようです。
posted by mabou at 22:47 | 保険ニュース

中国の年金

日本は高齢化の進行で、現役世代が退職者を支える今の年金制度自体が揺らいで来ているといわれていますが、高齢化が進んでいるのは日本だけではなく、中国でも一人っ子政策もあって高齢化が進んでいるといいます。
高齢化が進めば、現役世代が減って退職した年金受給者が増えるわけですから、年金制度は年金基金の積み立て不足が進んでいくことになります。
そこで、退職年齢の引き上げが考えられているようで、日本と同様、年金受給開始年齢の引き上げなども必要になってくるかもしれません。
posted by mabou at 04:05 | 保険ニュース

国民年金と厚生年金の支給

国民年金の方は65歳からの支給開始になっていて、その前に支給を受ける場合には年金の受取額が減額されると言うことです。
一方、厚生年金の方は今のところ特別支給というかたちで60歳から支給が開始されていますが、来年からは61歳からの支給になり60歳で支給を受けようとすると減額される可能性が出てくるといいます。
年金財政も厳しいようでだんだんと支給開始年齢が遅れてくるようで、今はその移行期なので注意する必要があるでしょう。
posted by mabou at 12:20 | 保険ニュース

国民年金加入者の収入

国民年金は以前は自営業者の加入が多かったといいますが、近頃は無職や非正規雇用の労働者が増えて年金加入者の年収はかなり低下しているといいます。
年金加入者の年収調査は初めてだそうで、厚生年金や共済年金加入者である第2号被保険者に比べると国民年金加入者である第1号被保険者の収入はかなり低くなっています。
逆に言うと、収入の低さが国民年金保険料の納付率低下にも影響しているのではないでしょうか。
posted by mabou at 07:01 | 保険ニュース

国民年金保険料の納付率低下

国民年金の保険料納付率は低下し続けているようで、とくに若い世代の年金保険料納付率は低いといいます。
日本の年金は現役世代が退職世代に年金を支給するシステムのようで、若い世代の年金保険料が減少すれば年金支給に支障が出てきてもおかしくないでしょう。
若い世代には非正規雇用が増えていることもあって、簡単には保険料納付率を上げることは難しそうです。
posted by mabou at 21:24 | 保険ニュース

共済年金の減額

共済年金は官民の年金格差を是正する意味もあって減額される予定といいます。
以前は公務員の恩給制度が税金でまかなわれていたため、共済年金にも税金が使われている部分もあって、こうした恩給制度時代に働いていた方たちの年金については減額の対象となるようです。
共済年金は厚生年金に移行することになるようです。
posted by mabou at 07:43 | 保険ニュース

第3号被保険者の年金

第3号被保険者は主にサラリーマンの妻で、専業主婦が多くを占めると思われますが、この第3号被保険者は年金保険料を収めることなく年金が受け取れることになります。
年金を受け取れるなら年金保険料はどうなっているかというと、結局はほかの働く妻やその夫、あるいは独身者たちが保険料を負担している形になるようで、働く妻たちには納得のいかない制度といえるかもしれません。
posted by mabou at 00:04 | 保険ニュース

厚生年金の未加入問題

年金保険制度についてはいろいろスキャンダルもありましたが、今後も持続できる制度かどうか疑問もあるようです。
例えば、厚生年金料を納めていない事業所も多く、厚生労働省は保険料の徴収を怠ってきたわけになるでしょう。これでは社会保障の財源は不足するのも無理はないでしょう。
posted by mabou at 21:32 | 保険ニュース

年金受給開始年齢引き上げ

年金保険については保険制度の維持自体が大変な財政難のようで、だんだん年金受給開始年齢が引き上げられて、とうとう65歳となるようで、定年後に空白期間ができて生活に困る事態も想定されています。
そこで受給開始年齢を繰り下げてはやめに年金受け取りを開始する場合もあるようですが、できれば65歳まではなんとか持ちこたえて、65歳から年金受給を始めた方が年金額も多くなって有利と考えられています。
posted by mabou at 20:41 | 保険ニュース

介護保険サービス利用者の増加

介護保険制度は2000年にスタートしたそうですが、利用者は急増しているようで、すでに400万人を越えるサービス利用者があり、保険の給付費も4兆円を超えたといいますからすごい金額といえるでしょう。
介護保険料を徴収しているわけですが、今後も高齢者の増加が見込まれ介護保険の給付費は増加すれでしょうからこうしたサービスが引き続き提供できるのか不安になるところもあります。
posted by mabou at 14:27 | 保険ニュース

国民年金で年金アップ

サラリーマンも定年退職後は国民年金に加入することになると思いますが、年金受取額をアップするために国民年金があります。
年金保険料に月に400円を多く収めることで、200円かける収めた月数の年金が毎年付加してもらえることになるといいます。つまり長生きすれば、馬鹿にならない金額の年金が付加してもらえることになります。
posted by mabou at 07:20 | 保険ニュース

国民年金任意加入で年金アップ

大学を卒業して就職したサラリーマンが60才で定年退職すると、国民年金の満額支給に必要な40年間に加入期間が少し足りないことになります。
足りない数年間、任意加入することで満額支給されることになれば年金アップに役立つといえます。
これからの激動の時代に年金アップすることができれば生活保障により安心感が得られると思われます。
posted by mabou at 22:51 | 保険ニュース

加給年金を忘れずに

サラリーマンの夫の厚生年金加入期間が20年以上ある場合には、妻の厚生年金加入期間が20年未満であれば65歳になるまで加給年金が受けられるといいますから、年の差のある夫婦ほどもらえる年金が多くなるようで、妻の厚生年金加入期間が20年以上にならないようにした方が得と言える場合もあるようです。
実におかしなことですが、サラリーマンの妻は第3号被保険者として年金保険料の免除がなされる形になっていることから年の差のある夫婦ほどこうしたことに注意する必要があるといいます。
posted by mabou at 21:36 | 保険ニュース

国民年金と生活保護

生活保護費の不正受給が問題となっていますが、国民年金は40年間保険料を払い続けても月額の年金受け取り金額は約6〜7万円位といいます。
これに対して生活保護では月額10〜15万円になるといいますから、誰が年金保険料をこつこつと40年間払い続けるのか不思議に思ってもおかしくないでしょう。つまりお金は使いたいだけ使って、生活に困窮したら生活保護を受ければ、生活費を切り詰めて年金保険料を払い続けるより経済的に楽ができることになってしまいかねません。
これでは生活保護の受給を希望する人が増え続けてもおかしくはないでしょう。
posted by mabou at 09:25 | 保険ニュース

介護保険の認定

介護保険制度が始まって10年以上経つということですが、10年間で要介護認定を受けた人の数が約2倍になったそうです。
少子高齢化のすすむ日本では、まだまだ高齢者が増えるようですから、介護保険の利用者も増加することでしょうが、心配なのは介護保険の給付が増えて介護保険料が値上げされるのではないかということです。
posted by mabou at 11:50 | 保険ニュース

厚生年金基金の解散

厚生年金基金についてはかつてのような運用利回りが難しくなっている中で、厚生年金の運用代行部分には公的年金の性格もあるのに無理な運用をする基金もあるなど赤字に陥っている基金が少なくないといいます。
しかし赤字になっても国への年金代行部分があるため、簡単には基金を解散できないことで赤字がどんどん膨らんでいく危険があるようで、解散基準の緩和が必要ではないかといいます。
厚生年金本体への影響が大きくなる前に手を打つ必要があるでしょう。
posted by mabou at 07:34 | 保険ニュース

保険金詐欺対策

損害保険協会は保険金詐欺対策に専門部署を設ける予定といいます。
保険金詐欺による保険料の引き上げを避ける目的もあるのかもしれませんが、それだけ保険金の詐欺はありふれているということかもしれません。
保険金の詐欺については罰則の強化を求めていくということです。
posted by mabou at 20:33 | 保険ニュース

中国保険監督管理委員会

中国では保険監督管理委員会が、年金保険への課税繰り延べ措置を行ういうことで、さらには農村部での災害保険の推進を決めるなど金融業の活性化にむけた取り組みを行っているように見えます。
中国でも製造業だけでなく金融業の推進が必要となっているのでしょう。もちろん保険もニーズの合うところ売られる商品であることは間違いありません。
posted by mabou at 16:29 | 保険ニュース

医療保険改革法とアメリカ

日本は一応国民皆保険ということになっていますが、アメリカでは医療保険に加入していない人が何千万人もいるといいますから驚きです。
そこで国民皆保険がアメリカでも懸案になっているのですが、オバマ政権は医療保険改革法をすすめて国民皆保険へと近づこうとしているようです。
反対派からは医療保険改革法が違憲との訴えが出されていたもののこれは退けられたようです。
posted by mabou at 07:14 | 保険ニュース

オバマ大統領の医療保険改革

アメリカでは民主党の念願とも言える医療保険改革で国民皆保険が近づきつつあるようですが、共和党は反対していて医療保険改革法は憲法違反との可能性も残っているようです。
共和党の反対にも裏づけがあるようで、アメリカでの国民皆保険はなかなか簡単にはいかないことでしょう。
一方の日本でも、国民皆保険が常識とされてきましたが、保険料収入に比して保険医療費の高騰は赤字の急増で制度の根幹を揺るがせる大問題になっています。ひょっとしたら保険医療は継続が困難になるかもしれないと思われます。
posted by mabou at 21:41 | 保険ニュース

社会保障と無駄

社会保障は必要でしょうが、無駄が多すぎるという意見もあるようで、例えば生活保護費の受給に関しても疑問が呈されるケースもあるようです。
また、生活保護受給者の医療機関受信についても過剰診療の傾向もあるといわれ、医療費の抑制に逆行するという意見も出ているようです。
結局、自分の財布が痛まなければ無駄が増えるといえるのかも知れませんが、必要な社会保障までも削ることは考え物でしょう。
posted by mabou at 17:22 | 保険ニュース

アメリカの医療保険制度改革法

アメリカではオバマ政権が医療保険制度改革法を提出しているようですが、共和党を中心に反対する人も多いようです。
おりしも日本では社会保障と税の一体改革を進めているところで、いずれも従来の社会保障システムがうまく働かなくなっているように思われます。
posted by mabou at 21:35 | 保険ニュース

標準利率の引き上げ 

歴史的な低金利が続いていますが、予定利率の目安とされる標準利率が引き下げられることになり、生命保険会社は保険金の原資の確保のため終身保険などの保険料の値上げに踏み切ることになるようです。
生命保険会社の経営性の健全性を確保するために、無理な利回りを約束することのないように標準利率が決められているといいます。
厚生年金基金の場合は投資会社に高利回りの運用を期待してしまったようで、こうした無理な利回りを防止する仕組みが出来ていなかったということになりそうです。
また、このところデフレ状態が続いているのもガソリン価格が値上がりしたり、電気料金も値上げになるでしょうから、保険料も値上げとなり少しずつインフレへと流れていくのかも知れません。
posted by mabou at 13:52 | 保険ニュース

企業年金の消失

AIJ投資顧問会社のずさんな運用で、中小企業の企業年金が失われたといいますが、企業の厚生年金基金では国の代行部分についての運用が困った問題になっているといいます。
厚生年金の代行部分については、運用利回りの設定が高すぎて、現在の低金利状態にはあっていない運用利回りとなっているため、無理な運用で利益を上げようとする厚生年金基金が多いことが問題になっているようです。
厚生年金基金に天下っている旧社会保険庁のOBも多いようで、問題の根っこには公務員の天下り問題も見え隠れするようです。
posted by mabou at 07:35 | 保険ニュース

海外旅行保険と五輪

オリンピックがロンドンで開催されることで海外旅行保険を取り扱う損害保険会社では、五輪に向けた観光客の安全な旅行をサポートする海外旅行保険などの取り扱いに力を入れているようです。
保険会社も力を入れる4年に1度の祭典ですから保険を使うことなく安全に旅行ができることが一番ですが、リスクのあるところに保険は必要でしょう。
posted by mabou at 17:33 | 保険ニュース

代行割れ

中小企業の厚生年金基金については厚生年金の代行部分の運用益が上がらないことから国への返済が困難となっている基金が増えているそうで、無理な運用益を狙って大きな損失を出している企業も少なくないようです。
現在のように低金利時代に運用益を上げることは難しく、さっさと基金を解散してしまうことが泥沼脱出の方法と思われますが、基金解散も代行割れの部分を国に返済しないと解散できないという恐ろしい仕組みになっているそうで、借金が積もっていく様はまるでアリ地獄のようで、骨までしゃぶり尽くされる感があります。
posted by mabou at 21:50 | 保険ニュース

社会保険料の増加

日本は少子高齢化が進み医療費の増加もあって、全国健康保険協会や組合管掌健康保険などは保険料率の引き上げが続いているようで、危機感も強まっているといいます。
こうして保険料率を引き上げても税金で穴埋めしないとお金が足りないわけで、国の借金が増えていくと社会保障費が次世代への借金となって残っていくことになってしまうわけです。
posted by mabou at 06:58 | 保険ニュース

預金保険制度の統一

ヨーロッパではギリシャの債務問題から、他の国にも債務不安が広がってユーロの信任が揺らいでいてスペインの銀行なども不良債権が問題となっているようです。
こうした金融不安を支えるためには、各国で運営している預金保険制度をユーロ圏共通の制度にして経営不安に陥った銀行の救済が共同でできるように変革していく必要があるといわれていて、これもひとつの保障と言えるでしょう。
posted by mabou at 21:17 | 保険ニュース

韓国の国民年金

韓国の国民年金の運用も去年はかなり悪かったようで、運用益は減少して、年金基金では運用益を上げるべく投資スタンスを変更していくようです。
しかし、ヨーロッパの債務不安が広がる中で運用益を確保していくことは簡単ではないでしょうから、国民年金の運用もうまく行くとは限らないでしょう。
日本の年金基金のように損失を出して解散などにならないように注意する必要があるのでしょう。
posted by mabou at 00:26 | 保険ニュース

年金基金の解散

中小企業の年金基金を巡っては、公的年金の代行部分が問題となり、高い予定利回りを達成するために無理な投資を追いかけて年金基金が失われるという事態が報道されましたが、それでは基金を解散しようと思っても、代行部分を上回る赤字が出ていては解散するのもままならないそうです。
そうこうするうちに中小企業の従業員の年金基金は失われていってしまうわけで、なんとかお金が残っているうちに解散できるように制度変更が望まれているようです。
posted by mabou at 00:07 | 保険ニュース

傷害保険料の値上げ

損害保険会社が販売する傷害保険の保険料は、高齢者が増加して保険金支払いが増えたことや、保険金不払い問題に関連して保険金の支払いが増加することなどを受けて値上げされることになったそうです。
こんなところにも少子高齢化の影響が現れているようで、こうして健康保険や年金保険料が値上げされていくのではないかと予想ができます。
posted by mabou at 23:44 | 保険ニュース

保険料収入の伸び

生命保険各社の保険料収入は、銀行窓口での保険の販売が好調のようで増加していると言います。
特に、公的年金制度への不安が大きいようで、年金保険への関心が高いといいますから、ある意味では国への不信感が民間の生命保険会社には順風となって保険販売増に結びついているようです。
生命保険会社にとっては年金型の保険を銀行窓口などを使って販売していくことに注力しているようです。
posted by mabou at 22:03 | 保険ニュース

介護保険の新商品

生命保険料の控除が改定になって介護保険料も控除になることから、生命保険各社が相次いで介護保険の新商品を売り出しているといいます。
控除制度の改正に伴い税金のうえでも負担減になって、介護保険に絡んで本人負担金の軽減ができる保険など各社がそれぞれ新商品を売り出しています。
少子高齢化の影響もあるのか介護が必要になったときのことを考えてシルバー世代の関心が高いようです。
posted by mabou at 21:40 | 保険ニュース

年金の定額加算?

民主党では社会保障と税の一体改革に着手していて、低所得者の年金に定額加算を行う方向を改めて、定率加算なども検討されているようです。
無年金や低年金の問題が背景にあるのでしょうが、一方では年金保険料をきちんと納めている方もいるわけで、保険料を納めずに年金支給が受けられることにも割り切れない思いの方もいるのではないでしょうか。
posted by mabou at 12:19 | 保険ニュース

健康保険組合の赤字

組合健康保険という大企業の健康保険組合は、従業員から保険料をとって、必要な医療費を支払っているわけですが、これだけなら大きな赤字にはならないところが多いようです。
しかし、公的な保険のため、増え続ける高齢者の医療費に拠出する拠出金が健康保険組合の経営を圧迫して、多くの健康保険組合は赤字に転落し、解散するところも今後は増加すると見られています。
企業は負担を抱え込まないように組合健保は解散して行こうとすることでしょう。
posted by mabou at 23:19 | 保険ニュース

厚生年金基金と代行

厚生年金基金には厚生年金がひっついていて、国の代行部分があるため、運用利回りが高いままのところが思い負担となっていて、予定運用利回りがとても果たせず、そのために解散に追い込まれる基金もあるといいますから問題です。
これでは従業員の生活保障どころか、かえって年金基金が会社の経営を圧迫しかねないとも考えられ、従業員の生活をも圧迫しかねないといえます。
posted by mabou at 00:07 | 保険ニュース

健康保険組合の保険料率引き上げ

企業の健康保険組合の赤字が進行しているようで、高齢者医療費が増大するなか、健康保険組合の負担も増えるということで、当然のことながら保険料を増やさなければやっていけない状況のようです。
財政的に行き詰れば健康保険組合の解散と言う事態が増えることも考えられるといいますから困った事態であることは確かでしょう。
健康保険制度自体も行き詰っていると考えられ、国民皆保険制度の存続も危うくなってきそうに思われます。
posted by mabou at 18:45 | 保険ニュース

組合健康保険の赤字

組合健康保険は従業員の多い企業が運営する健康保険ですが、企業の従業員の健康保険だけでなく高齢者医療にも保険料は使われているということで、そのため日本の高齢化社会の到来による高齢者の増加にともなって赤字になっている保険組合が多いといいます。
増大する高齢者医療費のつけが、大手企業の社員に回ってきている形で、結局組合健康保険組合が赤字になれば企業の負担になっていくようです。
posted by mabou at 02:13 | 保険ニュース

厚生年金基金の保険料

企業の厚生年金基金の保険料は、国の代行部分があることから年金財政の悪化とともに赤字補填にまわされていると言います。
しかも、予定運用利率が以前の高水準の影響もあって、とても運用が困難な現状では予定利率の達成は難しい状況です。
したがって、企業にとっては厚生年金基金の運用はお荷物状態で、なかには従業員の生活保障であるはずの基金をハイリスクハイリターンの投資にまわして巨額の損失を蒙ったり、代行部分を返上したり解散したりするところが増えているわけです。
posted by mabou at 07:02 | 保険ニュース

消えた年金記録の訂正

消えた年金は一般では考えられないような話で、年金記録が消えてしまって知らない間に自分の年金が減ってしまうと言う怖い話ではありますが、この記録の訂正を受け持つ年金記録確認第三者委員会が年金訂正の申し立てに対して申し立てを抑制するような対応をとっていたようで問題となっています。
年金記録をめぐってのスキャンダルもきわまれりという感がありますが、自分のもらえる年金は自分で知っておくことが生活保障の基本となりそうです。
posted by mabou at 21:01 | 保険ニュース

東電の企業年金減額

東日本大震災後の福島第一原発の事故により巨額の賠償金が発生して経営危機に陥っているといわれる東京電力では退職者も企業年金の減額に同意する見込みのようで、経営努力を続けることで電力料金の値上げへの理解を求めていくといいます。
さらなる経営努力で電力料金の値上げもできれば避けてほしいものです。
posted by mabou at 07:44 | 保険ニュース

欧州金融危機と生命保険会社

ヨーロッパの金融危機がなかなか収束しない中、欧州の金融機関は事業の整理を急いでいるようで、アジアの生命保険部門の買収に日本の生命保険会社も参入しているようです。
ヨーロッパの信用不安などから円が安全資産として買われて円高が進んでいることから、日本企業にとっては外国での企業買収にはやりやすい環境となっているようです。少子高齢化が進む日本国内での成長が難しいと言われる生命保険会社はこうした中、海外への進出を余儀なくされているのでしょう。
posted by mabou at 23:19 | 保険ニュース

弁護士費用保険について

交通事故の際の弁護士費用に備える弁護士費用保険の契約者が増加していると言います。
自動車保険だけでなく火災保険などの特約として保険に加入できるそうで、過失のない事故などでは損害保険会社に示談交渉を頼めないということがあって、弁護士に依頼するのに役立つ保険のようで、弁護士費用が300万円を上限として保障されるといいます。
裁判が増えていく社会が予想されることから上手に利用したい保険のひとつといえそうです。
posted by mabou at 21:40 | 保険ニュース

保険会社と自然災害

このところ地震をはじめ洪水や竜巻など自然災害のニュースがしばしば耳に入ってくるのですが、こうした災害の被害の補償に保険金が保険会社から支払われているわけですから、保険会社にとっては自然災害で保険金支払いが増えることになります。
特にタイの洪水は、海外の災害ながら日本企業も多い工業団地を襲ったことから、保険金の支払いがかさんでるようで保険会社の中には赤字になっている会社もあるといいます。
posted by mabou at 12:23 | 保険ニュース

年金記録の不一致

相変わらずと言えば相変わらずですが、コンピューターの年金記録と紙の台帳の年金記録の不一致が厚生年金でも国民年金でも見つかっていて、老後の生活保障の基礎になる公的年金もあまり信用しすぎることはやめたほうがよさそうです。
結局のところ年金記録をコンピューター管理に移行させる際の作業にミスがあったのでしょうが、国民の老後の生活保障への不安感を増していることは確かといえそうです。
posted by mabou at 12:44 | 保険ニュース

自民党の社会保障策

民主党が政権をとったのはいいものの、社会保障改革はなかなか道筋が立たないようで、社会保障と税の一体改革の進み具合も順調とはいえないようです。
一方の自民党も遅ればせながら、民主党に対抗する社会保障策を打ち出してきたようで、これからの社会保障を考えるうえで役立てばと思います。
posted by mabou at 21:31 | 保険ニュース

外部バッテリーの保険適用

在宅で人工呼吸器を使用する場合には、停電に備えて外部バッテリーが必要ですが、これが保険医療の適用になることが正式に決まったようです。
停電で人工呼吸器が停止すると命に関わることから、保険適用を求める声が強かったようで、ようやく保険で費用がまかなわれることは朗報でしょう。
posted by mabou at 18:06 | 保険ニュース

中小企業の厚生年金基金

中小企業の厚生年金基金については、運用の専門化が不在で、投資会社に一任することで大きな損失を出した事件も記憶に新しいところです。
そこで、こうした中小企業の厚生年金基金について、企業年金連合会と共同で運用を行うことで専門家の意見も聞けることでより効率的な運用を心がけるようになっていくのではないかと思われます。
posted by mabou at 16:32 | 保険ニュース

権利消滅金と国庫

郵便貯金や簡易生命保険などの権利消滅金は国庫に入ることになるそうで、意外とすぐに権利が消滅することに驚きますが、しっかり自分の預金や保険については管理しておく必要がありそうです。
国も借金が多くてお金についてはシビアになっているでしょうから、個人もシビアに生活を守るために生活保障を考える必要があるでしょう。
posted by mabou at 00:35 | 保険ニュース

かんぽ生命の配当金支払いミス

かんぽ生命では配当金支払いミスがあったということで、2006年から5年間に保険を解約した方はミスの可能性があるといいます。
せっかくの保険ですから当てはまる場合は問い合わせてみるとよいでしょう。
保険の配当金がもらえるかもしれません。
posted by mabou at 21:52 | 保険ニュース

国民年金基金への天下り問題

天下りの弊害はいろんなところで指摘されていると思いますが、なかなか無くならない様で、国民年金基金への天下りも、役員については公募が進められているはずなのに実際は天下りの天国となっているようです。
年金財源は厳しさを増していて、年金保険料の引き上げや年金給付の削減も必要かといわれている時に、効率的とはいえない人事を続けることは問題と思われます。
posted by mabou at 18:47 | 保険ニュース

かんぽ生命保険とがん保険

いわゆる保険の第3分野といわれる医療保険では、外資系の保険会社が大きな比率を占めていますが、かんぽ生命もTPPの交渉をにらみながら参入を検討しているようです。
今のところ、アメリカなどの反対もあって、かんぽ生命の参入は見送られているようですが、がん保険の分野も魅力的なのは確かなのでしょう。
posted by mabou at 22:02 | 保険ニュース

ソルベンシー・マージンと国債

保険会社のソルベンシー・マージン比率がさらに厳格化されたことで、保険会社は安定的な資金の運用を増やしているといいます。
その結果、国債をはじめとした国内債券への投資が増加しているようで、国債を機関投資家が購入するという流れは続いているようです。
しかし、国債も信用不安から暴落する可能性もないとはいえないようで、保険会社の運用も楽ではないようです。
posted by mabou at 07:46 | 保険ニュース

保険代理店の詐欺?

保険の販売を請け負っている保険代理店は保険会社の代理ですから、信用第一の商売と思うのですが、架空の保険商品を販売して保険料を着服していた代理店が見つかったそうです。
保険という商品は、物品とは違って、契約書はあるものの物はないわけですから、信用が大事にされるところで、それを裏切っていては保険商品を取り扱う資格はないということでしょう。
posted by mabou at 22:47 | 保険ニュース

自動車保険と自動車事故

今後は自動車事故を起こすと保険料の値上げが大きくなるといいますから、より一層の安全運転が求められるようです。
これまでも自動車事故を起こすと保険料の割り引きの目安となる等級が変化していましたが、今後はより割り引き率を上げるとともに自動車事故を起こした場合には保険料の増加が大きくされていくといいます。
安全運転で保険料の節約を心がけましょう。
posted by mabou at 07:24 | 保険ニュース

学生納付特例制度とは?

日本は国民皆保険といわれ、20歳以上になると年金保険料を収める必要があります。
しかし、所得が一定以下の学生では、申請によって年金受給資格期間に参入してくれますから、当てはまる場合には申請しておくことが重要です。
申請しておかないと未納期間となって、年金受給に必要な年金受給資格期間に参入されなくなるため注意しておく必要があります。
posted by mabou at 00:11 | 保険ニュース

年金の特例廃止へ

年金には物価スライド制があるようで、現在のところデフレですから年金も少なくなっていく傾向にあるようです。
特例によって、年金は守られてきましたが、今年中にはこの特例も廃止されるそうで、年金生活者にとっては消費税の増税も予定されていて生活が厳しくなるかもしれません。
posted by mabou at 23:36 | 保険ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。