スポンサードリンク

再生医療向けの保険

再生医療といえばiPS細胞が注目されていますが、再生医療向けの保険も登場するということです。
やはり、ニーズができれば保険ができるということは当てはまるようで、再生医療に参入する民間会社が保証が必要だということなのでしょう、そうした民間会社向けの保険が登場するそうです。
細胞の培養を行う会社に必要とされる保証を提供してくれる保険ですから、再生医療の推進にも必要な保険といえそうです。
posted by mabou at 07:44 | その他の保険

賃貸住宅管理費用保険とは

アパートやマンションの大家さん向けの保険だといえそうですが、賃貸住宅管理費用保険という保険があって、借主が死亡した場合の原状回復費用や家賃保証をしてくれる保険だそうで、確かに大家さんにとっては借主が死亡されると、経営的にはマイナスになるでしょうからそうした際の保証も必要なのでしょう。
いろんなところでニーズのあるところ保険商品が考えだされているといえますが、これから単身世帯が増えていけば孤独死なども増える可能性があり、こうした保険の需要も増えていくのでしょう。
posted by mabou at 23:54 | その他の保険

天候保険とは

農業を行う人にとっては天候異常は収穫に影響して収入源につながる脅威と思われますが、そうした被害の補償に役立つ保険もあるようで、農業国では干ばつなどの異常気象で農家の借金返済に大きな影響が出るようで天候保険の需要は少なくないと思われます。
実際、タイはお米の産地として有名ですが、日本の保険会社がタイの農家向けにこうした保険商品を提供しているようでニーズがあれば保険が作られるということになっているようです。
posted by mabou at 15:02 | その他の保険

学資保険の元本割れ

学資保険と聞けば、子供が大きくなった時の学費に当てるという感じを持ちますが、その時になって払い込んだ保険料より受け取るお金が少なくなっているという元本割れの学資保険もあるといいます。
学資保険は運用しだいで給付額が変わるようでは困ると思うのですが、実際にそうした学資保険もあったようで、元本割れの説明が不十分だったということで問題になっているようですから注意しておく必要がありそうです。
リスクをとって運用する資金とリスクを取れない安全第一の資金とをちゃんと分けておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 16:41 | その他の保険

失業保険について

今年はアベノミクスによる景気刺激策で景気がよくなったといわれますが、一方では失業保険の支給を受ける方も少なくないと思います。
失業保険は勤続年数によって受給期間が変わってくるので、勤続年数が長い方が受給期間も長くなるということです。
また、受給できる日額手当ても年齢やもとの賃金によって変わってきますから自分のケースに当てはめて確認しておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 11:00 | その他の保険

住宅販売瑕疵担保責任保険とは

住宅販売瑕疵担保責任保険とは、新築住宅を自ら売主として販売する宅建業者が保険料を支払って保険法人と契約し、当該住宅に瑕疵があった場合は物件の引渡しから10年間瑕疵による損害を保障して保険金が支払われるという保険になっています。
宅地建物取引業者でない買主の保護になっている保険ですが、有効期間が10年ある保険となっています。
posted by mabou at 22:11 | その他の保険

少額短期保険と大家さん

少額短期保険という聞きなれない保険が登場して、大家さんにとっても保有する物件での死亡事故発生時の家賃保証や現状回復費用の補償などに利用されるようになっています。
やはり死亡事故が発生すると家賃の引き下げや空室損が発生するため大家さんにとっては損失補償に頭を悩ませるところのようで、こうした賃貸住宅管理費用保険は役立つ保険ということができそうです。
posted by mabou at 21:10 | その他の保険

利率変動型積立終身保険の複雑さ?

利率変動型積立終身保険はアカウント型保険ともいわれて、積立部分と保障部分が分かれている保険で、分かりにくい保険になっているようです。
積立部分の運用リスクは契約者が負うことになるようで、運用難の時代には難しい保険といえるかも知れません。自分で理解することが簡単でない保険はお勧めとは言えないでしょう。
posted by mabou at 12:02 | その他の保険

就業不能保険とは

就業不能保険とは、その名のとおり、病気やけがなどで仕事ができなくなった時に保険金が受けられる保険で、保険会社によって仕事に復帰したあとも保険金が貰えるかどうかなど違いはありますが、仕事ができない間の生活保障に役立つように考えられた保険といえます。
住宅ローンでは、団体信用生命保険に入っていると思いますが、死亡時には住宅が家族に残されてローン返済も必要なくなりますが、病気やけがなどで仕事ができなくなった時には借金の返済に困る場合もあると思われますから就業不能保険がお勧めと考えます。
posted by mabou at 22:47 | その他の保険

ペットの保険

ペットは人間と違って公的な医療保険がないため原則的には医療費は全額自己負担となるようです。しかし、人間と同様に医療費の自己負担が抑えられる保険もあって主に犬や猫のペットが対象のペット保険が多いようです。
ただ、ウサギなどの犬、猫以外のペットでも保険に入ることは可能で、定額保障型や定率保障型など違ったタイプの保険があるようですから検討してみる価値はあるでしょう。
posted by mabou at 09:09 | その他の保険

火災保険とアパートローン

少子高齢化の進展もあって、年金制度に対する不安が増しているようで、サラリーマンでも自分年金を構築しておく必要性に迫られている時代のようです。
自分年金のひとつが融資を使ってアパートやマンションの大家さんになるという兼業大家さんという家賃収入を年金がわりにしようというものです。
この際に銀行から融資を受けるにも火災保険への加入が必要で、保険の重要性が再認識されます。
posted by mabou at 01:06 | その他の保険

公的保険と民間保険

公的保険や年金は、基本的には民間の保険や年金と変わるところはありませんが、強制的に加入させられるところは大きな違いといいます。
そうなると加入者にとってはどちらが得なのかという話になってきますが、少子高齢化が進行するかぎり加入するかどうかを選択できない公的保険や年金には部の悪い話になってきそうです。
救われるのは、公的保険や年金は税金による補填が可能という点になるのでしょうが、税金だって元はといえば加入者である国民から支払われるものですから、結局同じことです。
つまりは公営と民営でどちらが上手に運用できるかという話になってきますから公営の分が悪いのではないかという話になってくるのではないでしょうか。
そうすると国民にとっては公的な年金も保険も廃止してもらって、そこに注ぎ込まれる税金分を返してもらった方が得なのではないかと言う気がしてきます。
そうすれば国民年金保険料の未納が問題になったりすることもなくなってすっきりしそうです。
posted by mabou at 18:17 | その他の保険

除 除染賠償責任保険とは

福島第一原発事故による放射能汚染は除染作業にてこずっているようですが、こうした除染作業に限定して家屋の損壊や人身被害への保障をつけた保険が損害保険会社から発売されているようです。
やはりニーズがあるところ保険も出てくるということでしょう。
こうした保険ができることで除染作業がどんどん進めば言うことはないのでしょうが、簡単にはいかないようです。
posted by mabou at 22:46 | その他の保険

自殺保険とは

アパートやマンションなどを持つ大家さんにとっては、自分の物件で自殺者が出ると、長い間の空室を覚悟しなければならないようで、その間、家賃が入らなくなることは大きなダメージになるそうです。
そうなると、ニーズがあるところ保険ありで、自殺者が出た場合の家賃を保証する保険も出てきたそうです。
もちろん他殺の場合にも保障がつくそうで、家主さんにとっては保険料を支払う価値があるのかも知れません。
posted by mabou at 22:40 | その他の保険

学資保険について

学資保険は子供教育費を心配する親にとっては人気がある保険のようで、高校入学や大学入学に向けての費用を用意するのに役立つと言えそうです。
学資金の用意をしていくうえで満期時期の選定もできるようですし、親のほうが死亡したり所定の高度障害状態に陥った場合に備えた特約をつけられますから進学を考える際には安心できる保険といえるでしょう。
posted by mabou at 22:15 | その他の保険

民間介護保険が人気?

公的介護保険はすでにスタートして日が経ちますが、自己負担が生じることや、利用の限度額を超えるとさらに負担が大きくなることもあり、民間でも介護保険が商品化されていて人気を呼んでいるようです。
民間介護保険については、保険金支給の基準や支給期間、保険金の支払方法などを確かめてから加入することが大切と言います。
公的介護保険との連動型もあり、終身タイプもあったり、また一時金で支給されたり年金で支給されたり、いろんなタイプに分かれるようなので注意が必要です。
posted by mabou at 12:12 | その他の保険

施設賠償責任保険について

アパートやマンションなどの所有者にとっては、例えば屋上のアンテナが倒れて通行人が怪我をするなど施設に関連した賠償責任が発生する事態が考えられ、そうしたリスクに対する保障として施設賠償責任保険に加入することが勧められています。
やはりいろんなリスクが収益用不動産の管理に関して発生しますから、それぞれのリスクに応じた保険は必要でしょう。
posted by mabou at 07:32 | その他の保険

地震保険の補償拡大?

地震保険は阪神大震災や東日本大震災によって大きな注目を集めていますが、建物の全損、半損、一部損に分けた損壊の程度で保険金が大きく違うことが加入者にとっては不満にもなっているようです。
そこで、新たに半損と一部損の間に分類を追加して補償を大きくしようという試みも出てきているようです。
地震保険は地震国日本にとっては必要な保障と考えられますが、民間だけで保障を引き受けるのは荷が重いかもしれません。
posted by mabou at 21:13 | その他の保険

リフォーム瑕疵保険とは

不動産市場も新築一辺倒から中古住宅も見直されるようになってきているようで、その際にリフォームが必要になると思われますが、リフォーム業者は新築業者より規制がゆるく、なかにはひどいリフォームで構造的に強度が落ちたりするリフォームも問題になっているようです。
そうしたリフォームの際の保障をしてくれる保険がリフォーム瑕疵保険で、これからリフォームをお考えの方はチェックしておく必要がありそうです。
posted by mabou at 07:32 | その他の保険

国家公務員の再任用

国家公務員が加入する共済年金では、65歳からの支給に変更される見込みのため、60歳で定年を迎えると5年間の空白期間が問題となります。
そこで、定年延長か再任用かということになるのですが、定年延長では給与支払いが高額になるということで現役時代よりも給与が下がるという再任用制度の拡充がすすめられるそうです。
民間だけでなく公務員も定年後の生活保障のやりくりをする必要があるようです。
posted by mabou at 14:09 | その他の保険

家主向け保険

賃貸住宅で一生生活する人も増えてきているといいますが、そうなると孤独死を迎える人も増加してきているといいます。
一方、賃貸住宅の家主にとっては孤独死が起きた物件を原状回復するにはお金がかかり、さらには家賃の引き下げが必要な場合もあって大損害といえそうです。
そこで、家主の損害を補償する保険が損害保険会社から販売されて注目を集めているといいます。
無縁社会といわれる現代に増え続ける孤独死対策に家主向けの保険が注目です。
posted by mabou at 22:44 | その他の保険

地震保険の保険金

今回の東日本大震災後には地震保険加入者が急増し、なかには本震のあとに起きた余震による被害として本震の被害を届け出て、保険金を受け取っているケースもあるのではないかといわれています。
地震保険の制度上の問題点を突くかたちで、保険料はほとんど支払わないうちに、ちゃっかり保険料だけ受け取ったケースもあるのではないかということです。
本震による被害か余震の被害かが判然としないところを利用したかたちとなっているようで、地震保険の見直しが必要とも考えられます。
posted by mabou at 22:32 | その他の保険

地震保険と再建

阪神大震災や東日本大震災など地震が続いて注目される地震保険ですが、加入するには火災保険とのセット加入が必要です。
地震保険の保険金額も火災保険の半額といいますから、自宅が地震で壊れたりしても、とても再建する費用には十分とはいえません。しかし、災害後の生活再建には役立つことでしょう。地震保険加入もおすすめです。
posted by mabou at 07:16 | その他の保険

原発保険料の高騰

福島第一原発事故を受けて、政府が保障する原発保険料の計算が見直され、約7倍も引き上げられることになったといいます。
電力会社としては、原発の稼働率が低下して火力発電に使う原油も高騰して、経費がかさんで困っているのに、さらに原発保険料の高騰となっては原子力発電の魅力が薄れることになるかもしれません。
posted by mabou at 00:18 | その他の保険

事業継続計画と保険

企業の保険を扱う損害保険会社では、災害時などの事業継続の計画を立てた企業については、企業活動を保障していく保険の保険料を割り引くサービスを開始するようです。
企業にとっての事業継続計画がドライバーにとってのシートベルトにあたるということでしょうか、災害時の事業継続計画を進めて保険料も割り引きになれば企業にとっても悪い話ではないでしょう。
posted by mabou at 20:36 | その他の保険

バイク保険の注意

オートバイに関しては自動車と違って、任意保険の加入率が低いといいます。
したがって、他の人のオートバイを借りて乗った際に交通事故を起こすと、任意保険に加入していない確率が高いことから損害賠償で困ることになりかねません。
オートバイは自分のオートバイの運転だけにしておいた方が、保険の心配をしなくてすみそうです。
posted by mabou at 11:34 | その他の保険

預金保険について

預金保険では、銀行がつぶれても預金者を保護しようと、預金の保護についての保険となっています。
当座預金や決済用預金では全額が保護されるということですが、定期預金や普通預金では元本1000万円とその利息の保護に限られてきますから注意する必要があるでしょう。
つまり1000万円以上の預金がある場合には預ける銀行を分散させることも保険になるということです。
posted by mabou at 23:23 | その他の保険

地震保険と火災保険

地震保険の加入者は東日本大震災や阪神大震災など災害がきっかけになって増えているそうですが、加入するには火災保険に加入する必要があります。
地震の被害は甚大で保険金支払いも巨額になるため民間保険会社だけでリスクを負う事は無理のようで、国の参加もある公的な保険の意味合いが強い保険のようです。
したがって火災保険加入者に地震保険をセットにして入ってもらうことで加入者を増やしてより公共性の高い保険であり、加入者も増加させることで保険料も集めやすくしてリスクを分散するという狙いがあるようです。
posted by mabou at 14:36 | その他の保険

瑕疵保証責任保険について

瑕疵保証責任保険は、債務の履行後に隠れた瑕疵が見つかった場合の損害賠償などの責任があるため必要になってくる保険で、特に住宅メーカーなどで住宅が売れた後に瑕疵が見つかった場合の保証に使われているといいます。
たしかにマイホームをやっとの思いで買ったのに、住み始めてみたら床が傾いているとか瑕疵が見つかることは少なくないようで、瑕疵保証責任保険はそうした場合の保証に役立っているようです。
posted by mabou at 12:24 | その他の保険

雇用慣行賠償責任保険

不当解雇などで企業側が訴えられた際の保障として考えられた雇用慣行賠償責任保険は中小企業が対象で、万一の際の保障としては好い保険といえるでしょう。
もちろん大事なのは従業員に訴えられるような事態を招かないように企業統治の方法に磨きをかけるように努力すべきで、こうした点では、日本の企業はまだまだ進歩していく必要があるでしょう。それまでの間は、この雇用慣行賠償責任保険で万一に事態に備えて会社の保障とお考えください。
posted by mabou at 22:28 | その他の保険

定期保険特約付終身保険

定期保険は保障を重んじる保険で、終身保険は一生涯の保障になる保険で、これらを組み合わせた保険が定期保険特約付終身保険と呼ばれます。
一般に、終身保険をベースにして特約として定期保険をつけることで、子供のいる家庭なら子供が成人するまでは保障額を大きくして、その後は保障を少なくしてライフサイクルにあわせた保険として販売された保険です。
posted by mabou at 15:49 | その他の保険

アカウント型保険

アカウント型保険とは、保険料を積み立て部分と保障にあてる部分に分けて、保障をつけながら積立金部分には利息がついて払い込み期間が満了すれば積立金を基にして終身保険や個人年金保険に切り替えていける保険ということです。
ただし、貯蓄と保険を切り離して考えることも必要で、貯蓄と保障のバランスを自分なりによく考えておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 15:21 | その他の保険

バイク保険と等級

バイク保険でも無事故を続けていると自動車保険のように等級が上がって保険料が割安になっていきます。
ただし、16等級から上の保険料割り引き率は変わらなくなってしまいます。しかし、心配はご無用で、事故があると3等級も下がってしまいますが等級が上に上がっていれば3等級ダウンでも最高の割り引き率を受け続けることが可能になっているわけです。
これだけでも保険料割り引きを受けるために無事故を続けるかいがあるというものです。
posted by mabou at 21:04 | その他の保険

一時払い終身保険の予定利率

ギリシャの債務危機がヨーロッパの金融危機に広がって、アメリカはアメリカで財政赤字の膨張が信用不安につながって、世界的に景気は低迷しており、株も下落して運用環境が悪化して、生命保険会社の中には一時払い終身保険の予定利率を引き下げるところも出てきて、結果的には保険料の値上げにつながるだろうと思われます。
生命保険会社も運用環境の悪化で今後は保険商品の販売に影響が出てきそうです。
posted by mabou at 23:50 | その他の保険

地震保険と再保険会社

地震保険は、今回の東日本大震災を受けて注目度の高まっている保険ですが、企業向けの地震保険はリスクが高すぎて国内の損害保険会社が保険契約を中止しているところが多いようです。
そんな国内損保会社を尻目にスイスの再保険会社が企業向けの地震保険を始めたということで、企業にとっては地震に負けずに事業を継続するための保障が必要ということで、保険のニーズは高いと思われます。
保障ニーズのあるところに保険商品が開発されるのはいつものことといえますが、地震保険も例外ではないようです。
posted by mabou at 23:07 | その他の保険

地震保険と液状化

東日本大震災では津波で大きな損害が出ていますが、遠く離れた地域でも海岸近くでは液状化による住宅の沈下や傾斜によって住めなくなった住宅が少なくないといいます。
地震保険での保険金支払いを進めるために、今までなかった沈下の損害も含めて新基準で査定して保険金支払いを進めて行く方向になったといいます。
震災後の生活再建に少しでも保険金支払いが役立てばいいと思います。
阪神大震災時にも液状化は埋立地を中心に問題になりましたが、生活の保障のための家に住めなくなるということは大問題で、保険会社がそれに対応する保障を考えてくれるとありがたいと思います。
posted by mabou at 07:17 | その他の保険

自転車総合保険

JCA(ジャパンサイクリングアソシエーション)の会員になるとJCA自転車総合保険に加入できるため、自転車を利用する機会の多い方なら会員になって保険のほかにも会員特典が利用できるのはお得なような気がします。
最近は自転車事故も増加しているようで、万一の保障には保険が一番でしょう。自転車利用中の不安を解消するには保険だけでなくジャパンサイクリングアソシエーションの会員になっておくのが安心といえるかもしれません。
自転車といえども事故が多いことを肝に銘じて保険も考える時代といえるでしょう。
posted by mabou at 23:47 | その他の保険

公的医療保険と民間医療保険

民間にもがん保険や収入保障保険などいろんな医療に関連する保険がありますが、病気や怪我のすべてに対応しているわけではなく、保険会社ごとにこまかな規定があって、保険料が支払われない場合もあるので注意する必要があるといいます。
あまりに保険に入りすぎて、保険料ばかりがかさむのも問題で、貯金に回しておくほうが使い勝手がよく、生活保障上は有利になる場合もあるようで、保険に入ればよいというものでもありません。
posted by mabou at 07:03 | その他の保険

学資保険のすすめ

子供をお持ちの親御さんは学費のことで頭を痛めることもあるでしょう。そんな時に備えた保障が学資保険といえるでしょう。確かに子供の教育にはお金がかかります。将来の教育資金に学資保険は貯蓄性もあって定期預金よりもお勧めといえそうです。
10年後を考えると貯金するより保障がつく分、お得かもしれません。
保険契約者が死亡したりすると、その後の保険料払い込みは免除されますし、被保険者が死亡したりするとそれまでの保険料掛け金に応じて保険金が支払われるといいます。
posted by mabou at 21:48 | その他の保険

山岳保険について

山ガールなどという言葉もあるように、登山がブームになっているようで、中高年の登山者も増えているようです。
しかし、ハイキングのような登山でも山の天候は変化が多く、遭難することもあるようで、捜索に当たっては民間の捜索が入ると費用もかかり、捜索費などの補償に当てる山岳保険に加入することがお勧めといえるでしょう。
捜索の規模にもよりますが高額の捜索費が請求されることもあるようですから保険加入が必要でしょう。こういう保険は山登りを楽しむ方が増えている今、ニーズの高い保険といえるでしょう。
posted by mabou at 06:58 | その他の保険

保険とスポーツ

保険は保障が命ですから、スポーツの際のけがなどに備えるために保険に入ろうとする方も少なくないでしょう。
しかし、スポーツのなかでもスキューバダイビングやスカイダイビングなど危険度の高いスポーツの補償には割り増し保険料が要求されるようで、海外旅行などで保険に入っていく時も注意が必要です。
アメリカなどではスキューバダイビングに際しては補償がつくような専用の保険に入ることが勧められています。危険を伴うスポーツをする際には保険が適用されるか注意しておく必要があります。
posted by mabou at 23:16 | その他の保険

企業向け地震保険

阪神大震災の後、地震保険が注目され個人で加入する人が増えたそうですが、東日本大震災の後は企業向けの地震保険にも注目が集まっているといいます。
ただ、個人向けの地震保険では保険金に政府の支援があるのに対して、企業向けの地震保険は保険金を民間損害保険会社が支払うことになっているた、東日本大震災後は損害保険会社の保険金支払いが困難になる恐れがあるとして新規の保険加入が停止されていたといいます。
今回、大手の損害保険会社が再保険の引き受けをすることで新たな企業向け地震保険の再開にこぎつけたということで、保険加入を希望する企業にとっては朗報です。
posted by mabou at 13:24 | その他の保険

地震保険と液状化

東日本大震災では地震や津波で多くの建物が被害を受けたほかにも、地震の揺れに伴いいわゆる液状化が起き、多くの建物が傾いたり地盤が沈下したりして被害が出ています。
しかし、地震保険では液状化被害の認定が大まかで、多くの被害を受けた建物の保険金が支払われていないようで、地震保険の基準を見直して、新基準で査定して保険金を支払うことで液状化被害に対応していくということです。
posted by mabou at 07:41 | その他の保険

地震保険加入者増

東日本大震災では地震や津波で自宅を失った方も多く、住宅ローンが残っていると自宅の再建にまたローンを組むことになって二重ローンの負担になります。
こうした負担を減らすためには住宅に火災保険だけでなく地震保険をセットでかけておく必要があります。
地震保険は保険料が安くないことから敬遠されがちだったようですが、今は火災保険に追加して加入する契約者が増えているようです。
posted by mabou at 06:57 | その他の保険

地震保険の見直し?

地震保険における損害は全損、半損、一部損の3段階で認定されていますが、さらに細分化した損害認定が望まれているといい、損害保険業界でも見直しに入る予定のようです。
一部損での保険金の金額が5%と低いため、もう少し細分化して損害認定を希望する声が多いようで、東日本大震災後の保険の見直しに役立てられるといいと思います。
損害保険における地震保険は保険会社の立場で考えると保険金の支払いが巨額になるのが心配ですが、今後はニーズもずっと高まるものと思われます。保険金の支払いには国の関与も必要となるでしょう。
posted by mabou at 07:36 | その他の保険

家計保障定期保険

国民年金や厚生年金における遺族年金の補いとして役立つと思われる保険が家計保障定期保険で、世帯主が死亡した場合に保険期間の間は毎月給付金が受け取れる保険になっています。
毎月の受け取りのほかに一時金で死亡保険金のように受け取ることもできますが、受け取り金額で言うと毎月給付金を受け取る方がお得なように思われます。
遺族年金の不足分を補う保険と考えれば定年退職するまでの生活保障に役立つことと思われます。これからの高齢化社会で年金に対する不安も高まっているようで、今後は需要が伸びてくる保険のひとつになるかもしれません。
posted by mabou at 18:09 | その他の保険

地震保険と東日本大震災

東日本大震災関連の地震保険金支払いは現時点ですでに阪神大震災の10倍以上の金額になっていて、地震保険は損害保険会社だけでなく政府も保険金支払いに関わっている保険で、保険金の金額が膨大になるため今後の地震保険の仕組みも再検討する必要に迫られる可能性もあるといいます。保険金支払いリスクが高すぎるということなのでしょう。
損害保険会社にとっても赤字になる保険のようで、保険金の支払い負担が大きすぎるようで事業的に採算は取れないようです。
かといって地震保険がなくなるのも地震国日本では困るわけで、結局保険料が値上げされることになるのかもしれません。
posted by mabou at 16:37 | その他の保険

貿易保険について

貿易保険は損害保険会社が扱う海上保険と違い、カントリーリスクやクレジットリスクによる外国との貿易上の損害を補償してくれる保険ということです。
大きく分けると貿易取引の保険と投資や融資に関する保険とに分けられますが、海外取引や投資を始めるにあたっての企業の保障に役立ててもらおうという保険といえるでしょう。
posted by mabou at 21:58 | その他の保険

東日本大震災と地震保険

地震保険は阪神大震災の発生で注目された保険ですが、今回の東日本大震災での保険金支払いはすでに阪神大震災の際の2倍以上の保険金が支払われているそうで、火災保険とセットでの加入が必要だとか支払い限度額があるなど制限はありながらも加入者が増加していると思われます。
保険会社でも地震保険の普及を図っているようで、今後も火災保険ならびに地震保険の加入者は増加していくのではないでしょうか。
それにしてもこれだけ広域の被害では保険会社の支払い能力を超えているのではないかと心配になりますが、保険には再保険制度があり、国の後ろ盾があるからこそ地震保険が普及できるということのようです。
ただし地震保険は火災保険への加入が必要で、保険金額も火災保険の保険金の3割から5割に抑えられているため金額的には限界があり地震保険に入っていれば建物の再建ができるというわけではありません。
それでも地震や噴火、津波などの自然災害では火災保険だけでは保険が下りないことがあり、地震保険は官民一体の保険といえ加入しておくことが望まれます。
posted by mabou at 07:34 | その他の保険

漁船保険制度

今回の東日本大震災における津波では多くの漁船が流されて被害は甚大ですが、公的な保険で漁船保険制度という保険があって加入していれば保険金が支払われるそうです。漁船を失い廃業の瀬戸際に立たされている漁師も多いといいますから漁船の補償が保険で可能なら明るいニュースになると思います。
今回の津波や地震被害の大きさから被害が大きく漁船保険の準備金が不足するのは確実で、政府が保険金の支払い保障に当たることになるといいます。
被害を受けた漁業関係者の仕事再開に漁船保険制度が役立つことが期待されます。地震で漁港の設備も大きな被害を受けていますが、地震保険のほかにもこうした保険も万一の際を考えて加入しておくべきなのでしょう。
今回の東日本大震災では農業や漁業に牛に大きな被害が出ていますが、保障が必要なところには保険があるということです。
たとえ漁船が無事でも福島第一原発からは放射能汚染水が海に流れ込み魚が売れないという二次被害も出ており、東京電力側に損害賠償の請求が出されることと思いますが、漁業従事者の生活保障も考える必要があります。
posted by mabou at 21:34 | その他の保険

ボランティア活動保険について

今回の東日本大地震の復興支援で多くのボランティアが被災地でも活動していると思いますが、やはり危険もあり保険に入る必要があるようです。社会福祉協議会などでボランティア活動保険に加入することができるので、被災地へ向かう前に地元でボランティア活動保険に入っておく必要があるようです。ボランティアに出かけるのはよいのですが、けがや病気になっても保障がつけられるように保険に入ってから出かけるべきでしょう。
被災地での保険加入はできれば避けて欲しいということで現地へ出発する前に保険に加入することが望まれます。
保障が必要なところ保険あり、というわけで保険の必要性はどこにでもあるものだと感心しますが、保険はこんなところでも役立っているわけです。被災地でのボランティア活動にも危険は伴いますから保険加入を忘れないことです。
ボランティアに行ったのに被災地の人に助けてもらうという事態にならないように自分の面倒は自分で見ることができるようボランティア保険の加入を忘れないでくださいということです。
posted by mabou at 20:27 | その他の保険

地震保険金の支払い

東日本大地震の被災地域は広域に及び、本来は立会い調査が入って被害調査をし保険金が支払われることになる地震保険金も、航空空写真や衛星写真での判定で認められれば立会い調査は省略して地震保険金が支払われる模様ということです。
また、一部損壊の場合に支払われる保険金についても実地調査は省略して書類審査で認められれば保険金が支払われる予定のようです。
損害保険会社もひとつひとつ実地に被害状況の調査をするのは無理と考えたのでしょうが、保険金の支払額は巨額なものになる見通しで、こうした保険金が災害復旧に役立つことを願っています。
地震保険は単独での加入は無理で火災保険とセットでの加入になることから注意が必要ですが、今後は全国的にも地震保険の加入率が上がるのではないかと思いますが、生活保障のために保険加入が勧められます。
posted by mabou at 00:27 | その他の保険

地震保険はどう?

阪神淡路大震災では地震後の火災に対して火災保険の保険金が支払われず、地震保険の必要性がいわれていましたが、今回の東北関東で起きた大地震のように規模が大きいと保険金の支払いが可能なのか疑問になってしまいます。
保険会社は大雑把に言うと保険料と保険金の差益で会社を運営するわけですから、保険金を払いすぎると会社が持たなくなってしまいます。
あまりに大きな地震には地震保険も役立たない可能性が考えられますが、どうなのでしょう。
posted by mabou at 19:38 | その他の保険

地震専門ミニ保険

地震に対する備えはいろいろ必要ですが、自宅の損害を補償する保険は火災保険だけでは不十分で、地震保険をセットで加入する必要があります。これに匹敵する保障をより安い保険料で考えると地震専門ミニ保険と共済保険の組み合わせが推奨されています。地震専門ミニ保険はリスタというそうで、火災保険のようにセットでなく単独で加入できる保険で、これと共済保険を組合わせる事で保障の方も火災保険と地震保険のセットに匹敵させることが可能といいます。
地震からの復興に役立てたい保険です。地震で壊れた自宅の再建には思った以上に出費がかさむことを覚悟すべきでしょう。
posted by mabou at 21:53 | その他の保険

自転車保険

自動車だけでなく自転車も歩行者などにとっては危険な存在で、衝突事故で死者が出るケースもあり、そうした際の保障として損害保険の特約で自転車事故の際の保険も用意されています。エコブームで自転車の人気が上昇するのはいいのですが、事故も増える可能性はあるわけで、保険で備えることは必要でしょう。
保険は必要のあるところに商品が生まれる定めで、これから自転車の人気が高まるほどに自転車保険のニーズも高まると思われます。自転車の高速化も自転車保険の必要性を高めることになりそうです。
posted by mabou at 15:00 | その他の保険

診断給付金

がん保険で今一番注目する点は診断給付金ということです。がん保険では給付金は入院や手術時にも一時金が給付されますが、がんの診断が出た時点で一時金が出る診断給付金が充実したがん保険を選ぶべきだというのです。
これは、通院で治療を続ける傾向が進んで入院日数がだんだん短くなっていることもあり、入院給付金より診断給付金を重視すべきといわれています。がんになって仕事が続けられなくなる場合もあり、診断給付金が出ることで家計が助かるということもあります。
posted by mabou at 07:05 | その他の保険

養老保険のメリット

養老保険は、以前は一時払い養老保険が利率がよくて人気だったようですが、今では低金利時代となって、保険期間中に死亡したり高度障害状態になったときに死亡保険金や高度障害保険金がもらえます。また、事故で決められた身体障害状態になった場合は以後の保険料は払い込みが不要といいます。つまりは万一の際の保障になり、一方で貯蓄性もあるということでしょうか。手堅く老後の生活保障を考える方にはおすすめかも知れません。
利率は下がってもデフレの時代ですから生活の保障としてはそれはそれでよいのかも知れません。
posted by mabou at 22:21 | その他の保険

一時払い終身保険

低金利時代が続き銀行にお金を預けておくのも利息がつかず、保険でも入ろうかという場合には一時払い終身保険を検討するとよいかもしれません。余裕の資金があれば一度保険料の支払いをしておけば、あとは資金が必要な場合には解約返戻金をもらって使うことも可能です。しかし、あまり早く解約しては元金割れとなる場合がありますから注意が必要です。
posted by mabou at 21:32 | その他の保険

地震保険と災害

地震については東海地震だけでなく3つの地震が起きた際の訓練が大事ということが言われているようですが、地震保険はまだ加入率も低くあまり知られていないようです。
保険料の安さでいえば全労災などの地震保険も検討すべきでしょうが、マイホーム再建にどのくらい役立つのかが問題かもしれません。地震保険の保険料は地震の多い地方では高く設定されているようなのでチェックしておくとよいでしょう。
posted by mabou at 07:31 | その他の保険

葬儀保険

葬儀費用のための保険もあり、少額の保険でも必要のあるところ保険は成立するということなのでしょうか。葬儀の費用が心配という方も少なくないのでしょう。こうした心配が保険の成立につながるのだと思われます。
家族に死後の面倒をかけたくないという方には魅力的な保険かもしれません。いろんなところに保険があるのはリスク回避の方法として保険が適しているということの裏返しかも知れません。死亡というリスクに対して一般的には生命保険が考えられますが、こうした葬儀費用のための保険もあるわけです。リスクに対しては保険がいろいろと考えられるわけです。
posted by mabou at 23:08 | その他の保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。