スポンサードリンク

終身医療保険と保険料

終身医療保険は高齢化が進んだこともあって人気が上昇中の保険で、保険料の支払方法が一般に2通りあります。
ひとつは60歳までに保険料の払い込みが終了する方法で、保険料は高めになりますが一般的に70歳代後半まで長生きすると、、もうひとつの保険料払い込み方法である終身払いよりも保険料総額は低くなってお得といわれています。
一方、終身払いでは月々の保険料が低く抑えられる代わりに生涯保険料を払い続ける必要があり、長生きすればするほど保険料の総額は多くなっていきます。したがって単純にいえば、長生きすると思う場合は60歳までに保険料の払い込みが終了する方法のほうが保険料の総額がお安くなるといえるようです。
posted by mabou at 07:53 | その他の保険

先進医療特約

先進医療とは厚生労働省の承認を受けた高度医療技術のことを指していて、技術料は公的な医療保険が適用になっておらず、保険外診療となり高額になる場合もあります。
しかし、先進医療を利用する割合は低いといえ、確率的に保険を使うことは考えにくいという場合は特約をつける必要はなさそうです。
一方、先進医療のお世話になる確率は一般に低いことが多いと思いますが、保険料が安いわりに利用価値が高いと思う場合には特約をつけるとよいでしょう。
posted by mabou at 22:19 | その他の保険

災害見舞制度

簡易保険加入者は寄金を払って不慮の災害に備えることができるといいます。かんぽ生命保険だけに加入の方では加入できませんが、家屋や家財を不慮の災害から守る保障として簡易保険加入者のための災害見舞制度は非営利事業なのでおすすめです。
財団法人簡易保険加入者協会ということですが、まったく聞いたこともありませんでした。簡易保険加入者の方なら万一のために加入しておくとよいかもしれません。寄金者や指定された家族が不慮の事故で死亡した場合も見舞金が支給されるようです。地震の場合もなんらかの見舞金が出るようで地震保険に未加入の場合は加入するとよいかも知れません。
posted by mabou at 21:24 | その他の保険

高齢者医療制度

高齢者医療は最も医療費がかかるとされ、制度改革が急がれています。今のところ高齢者も現役世代と同じく国民健康保険と健康保険組合など被用者保険に加入することになるそうですが、高齢者が加入することで医療費の急増は避けられず賛成する声は少ないようです。
高齢者医療をどうするかは意見がすぐにまとまるとは思えず、まだ紆余曲折が予想されます。新制度の実現は困難が予想されますが高齢者医療保険制度改革はいつまでも先延ばしにはできないでしょう。介護保険制度もどうなるのか気にかかるところです。
高齢者数は今後も増加するでしょうから医療制度の改革は待ったなしといえそうです。
posted by mabou at 21:54 | その他の保険

簡保の保険金不払い

簡易生命保険は特に入院特約や手術特約などで保険金不払いが発生していたということで、不払い件数は26万件を越えていたといいます。
今ではかんぽ生命保険に変わっているのですが、同じような保険金の支払いに関わるトラブルが起きないようにして欲しいものです。万一に備える保険の意味が無くなってしまいかねませんから、保険金の支払いにはさらに注意を払って欲しいと思います。
もちろん自分が加入している保険については自分でチェックすることが重要です。
posted by mabou at 23:37 | その他の保険

地震保険と火災保険

地震保険は火災保険とセットでないと加入できないことになっています。また、保険金額的にも地震保険では火災保険の3から5割程度に抑えられています(上限が1500万円といいます)。
しかし、火災保険では補償されない地震や噴火や津波など、そうした災害が原因の火災や損害が補償されないので、できれば地震保険にも入っておきたいところです。
環太平洋火山帯に位置する日本は地震が多いことは有名ですから地震保険も入っておいて損はないでしょう。大事なマイホームを守るために地震保険に加入しましょう。
posted by mabou at 07:28 | その他の保険

年金型生命保険

年金型生命保険では、遺族が生命保険金を年金のようにして毎年分割で受け取るわけですが、なぜか今まで所得税と相続税の二重課税が行われてきていて、これが違法という事になったものですから、所得税の還付が始まるようです。
所得税の返還期限は5年だそうで、本来はこれを越えると所得税はかえってこないところを、さすがに救済する方針であるといいます。
年金型生命保険以外にもこうした税金の問題が生じる可能性があるそうですが、税制の複雑さがこんな問題に発展するような気もします。保険についてしばらくは目を離さず注意しておく必要がありそうです。
posted by mabou at 14:04 | その他の保険

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度は、2008年4月から始まったそうですが、2年ごとに保険料の改定があって、今年度は多くの都道府県で保険料が値上げになっているそうです。後期高齢者医療制度自体が新制度の創設へと動いていることもあり、高齢者医療がどうなっていくのかがはっきりしない状況のようです。
重い負担をどこが引き受けるのか、まだまだ議論がなされる必要があるのかもしれませんが、国民皆保険制度を守るためにも避けて通ることはできないわけで、財源をどうするのかも含めて保険としての存続が望まれるところです。
posted by mabou at 00:46 | その他の保険

貿易保険

貿易保険とは、海外での事業などに際して損失に備えるために作られた保険で、独立行政法人の日本貿易保険が民間保険では引き受けられないリスクの大きい保険についても補償をしています。
日本の国が再保険で多くのリスク部分を引き受ける形になっていて事実上国営保険といえるでしょう。
海外に進出する企業にとっては必要な保険といえますが、リスクが大きすぎて民間保険会社には引き受けられない保険なのでしょう。特にインフラ事業は期間が長い事業で相手の国の政府が関係する事業が大半でリスクが大きい場合もあり、民間保険会社には荷が重いといえるでしょう。
posted by mabou at 00:12 | その他の保険

自賠責保険

自動車事故は人的被害や物的被害に対する補償が必要で、自賠責保険が強制加入が必要とされています。しかし、自賠責保険では人的被害に対する補償しかなく、物的な被害の補償には任意保険の加入が必要です。
大きな補償が必要になるケースもあり、対人賠償も対物賠償も無制限がおすすめといえるでしょう。
万一の場合の補償に保険は必要です。備えを怠らないようにしましょう。任意保険に加入せず自動車の運転は避けたほうがよさそうです。
posted by mabou at 03:17 | その他の保険

医療保険選び

生命保険会社や損害保険会社の医療保険は公的な健康保険の補完として便利ですが、若い人などは病気をする確率も高くはないので必須という保険ではないようです。
また、医療保険には定期保険と終身保険があり終身型は保険料が割高になるので一般的には入院給付金の金額を抑えて保険料負担を抑えたり、掛け捨て型の定期型を選ぶことが多いようです。自分のニーズに合った医療保険を選びましょう。
posted by mabou at 09:54 | その他の保険

住宅専門の保険法人

マンションの管理組合にとって、大規模な修繕工事で欠陥が見つかった場合の補修費をどうするかは不安の大きいところといわれ、補修費が支払われる保険に加入することが安心といえるでしょう。
補修業者は保険法人に登録しておいて、工事ごとの保険法人による検査が済めば保険に加入できるといいます。工事終了後一定期間内に見つかった欠陥は保険の対象となる部位では補修費が支払われるといいます。こうした保険法人に登録している業者の方が管理組合にとっては安心できると思われます。
posted by mabou at 22:20 | その他の保険

一時払い終身保険

一時払い終身保険では、保険料は契約時に一括して支払います。そのかわり、死亡保障は一生涯続きます。払った保険料は保証され、運用利率がよければ増える場合もあるといいます。
途中で解約する場合も一定期間が過ぎれば元本を下回らなくなるため人気の保険商品となっています。特にこの一定期間が短い保険商品の人気が高いわけです。
また、法定相続人一人当たり500万円の非課税枠を使えるため税金対策としても人気が出ているようです。
posted by mabou at 21:50 | その他の保険

医療特約の落とし穴

主婦の方はご主人の医療特約に入っている場合も多いかもしれませんが、ご主人が亡くなるとこの特約はなくなるといいます。したがって、例えばがん保険など単独で保障が付くタイプの保険に入りなおしておくほうが安心かもしれません。
単独で医療保険に入る場合は、保険の審査が通って実際に保険に加入できてから医療特約など前の保険の解約をすることで保障が無くなることを避けることです。
posted by mabou at 21:54 | その他の保険

交通事故と保険

交通事故で怪我をした場合などは健康保険でなく損害保険を使って治療が行われることになっています。つまり普通の病気やケガと違い、加害者がいる場合は加害者側に治療費を支払ってもらい、被害者に落ち度がある場合などは被害者が加入している保険で治療費を負担するということです。
ところが実際には時間をかけても治療効果が出ない場合は損害保険会社も保険金を支払わなくなるケースが見られ、健康保険を使って治療を継続すると国民健康保険や会社の健康保険を使って保険金が支払われることになっています。
そうすると本来は損害保険会社が支払うべき医療費を健康保険組合などが負担することになったとして保険会社側を訴える訴訟騒ぎも起きています。それだけ赤字の健康保険組合が増えて余裕が無くなっていることもあって、保険金支払いをめぐる争いは今後も増えそうな気がします。健康保険なのか損害保険なのか、判定するのは簡単ではなさそうです。
posted by mabou at 23:28 | その他の保険

住宅リフォーム用保険

住宅リフォームを巡る苦情の申し立てが多いことから、国土交通省が認可した住宅専用の保険法人にリフォーム業者が登録する事で保険料を支払って工事ごとに検査を受けて保険に加入するということです。
工事に欠陥が発見されれば保険金が業者あるいは施主に支払われる仕組みです。
新築住宅にはすでに欠陥が発見されれば販売業者の責任で補修する制度が始まっており、リフォームにも保険制度が導入されることになったといいます。なかなか素人が見ても住宅の瑕疵が見えることは少ないと思いますから保険で保障がつくなら利用した方がよさそうです。
これからはリフォーム前にあらかじめ保険法人に登録している業者を選ぶよう注意が必要でしょう。万一欠陥が見つかれば保険を使って補償が受けられるはずです。
posted by mabou at 15:46 | その他の保険

炎症性腸疾患と保険

炎症性腸疾患(IBD)の方が入れる共済保険制度があるということですから保険に入れなくて困っている場合によいかもしれません。
また、民間保険会社の保険でも入院保障などをつけずに、年金型の保険など種類によっては入れる保険があるそうですから問い合わせてみるとよいということです。もちろん病気になる前にあらかじめ保険加入をすませておくと楽だとは思いますがなかなか健康なうちに保険に加入しておくというのも難しいでしょう。
また、住宅ローンを借りる際の団体信用生命保険にも入院歴などで加入できない場合があるといいますから、あらかじめ確認しておく必要がありそうです。
posted by mabou at 11:14 | その他の保険

住宅瑕疵担保保険

欠陥住宅を購入して困った話しは後を絶ちませんが、住宅は金額の大きい買い物で失敗したではすみません。そこで、事業者側が倒産したりしても消費者が保護されるようにあらかじめ事業者に補修費用を確保させておくための法律が施行されています。それが、住宅瑕疵担保履行法といいます。同じように住宅リホームについての同じような保険制度も施行されています。
欠陥住宅問題の解決のひとつの方法として期待される住宅瑕疵担保保険です。
posted by mabou at 22:11 | その他の保険

地震保険

最近は世界中で地震が多発しているようで、大きな被害が出ています。地震が起きる度に保険で被害の保障ができないかと思うのですが、結局民間保険では保険金額が大きすぎて全額の支払いは難しくなることもあるでしょうから公的な保障の充実が現実的な解決策なのかとも思います。
地震だけでなく自然災害は被害額が大きいため、生命保険だけでなく損害保険会社もとても保障に応じきれないというのが実情ではないでしょうか。しかし、地震保険も広く受け入れられて災害時の生活保障についての仕組みが一歩でも進んでくれるといいと思います。
公的な生活保障の仕組みを打ち立てるような方向で事が進むといいと期待しています。災害は忘れた頃にやってくるというのが実感ですから平和な時に緊急時の対策を練っておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 16:36 | その他の保険

死亡保障から生存給付へ

人口の高齢化が進み、単身高齢世帯が増加して保険のニーズもこれまでの死亡保障から生存給付型の保険へとシフトしているようです。
家族の生活を支える働き手が死亡した場合などの保障を保険金で受け取るというこれまでの保険のパターンから公的保障の補充として生活していくうえでの私的な保障である保険に対するニーズの多様化が根底にあるようです。
医療や介護、福祉に役立つ保険商品が今後はさらに多く出てくることでしょう。自分の生活ニーズに合った保険を選ぶよう、今から研究しておきましょう。分かりにくい保険を自分の生活保障に利用しましょう。
posted by mabou at 23:01 | その他の保険

がん保険「メディコム」資料請求プログラム

がん保険「メディコム」は、ガンの治療にかかる費用を自由診療や先進医療も含めて保障するという保険です。ガンにかかって新薬や新しい治療法を試す場合など、思ったより費用がかさむ場合もあるようで、ガン保険でそうした費用に保険がおりる場合もあるといいます。
未承認薬など自由診療の部分の保障もあるというので安心して闘病生活が送れるかもしれません。医学の進歩と共に医療費の高騰も問題ですが、保険診療だけではカバーできない部分もあるかもしれません。そんな時こそ民間保険が役に立つでしょう。
健康を守るために医療保険はひとつは加入しておきたいところです。



posted by mabou at 00:31 | その他の保険

医療保険

保険会社は従来の医療保険と比べて約2倍に対象手術の数を増やして加入者が使いやすくした保険を販売し始めています。
公的な保険で対象になる手術を網羅するような形で医療保険を売り出すことで医療保険加入者を増やそうとしているのでしょう。健康保険だけでは手術や入院時の費用負担が大変と思っている方が多いということかも知れません。
病気の時はこれで安心といえる保険が一番いいのでしょうが、新しい医療保険も日帰り手術が増加している事情に対応もしていて加入者にとっては以前の医療保険よりも使い安いと思われます。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

かんぽ生命の保険金

かんぽ生命では、日本郵政公社であった期間の簡易生命保険契約の保険金を受け取るための請求案内を行っているそうで、心当たりのある方は問い合わせたほうがよいでしょう。
ご請求の案内が届いた場合は要注意で、生命保険の保険金を受け取っていないままになっている可能性があるようです。
せっかく加入しても保険金を受け取らないのでは保険料を払うだけで意味がありません。ぜひ自分の加入している保険の再チェックをして、保険金を貰い損ねている保険がないか確認してみて下さい。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

医療保険選び

死亡保険だけでなく、入院した時の出費や生活保障を心配して、終身タイプの医療保険が人気を呼んでいるようですが、若い世代には終身型の医療保険は保険料も高くなり、あまりおすすめとはいえないようです。
更新型の医療保険で保険料を抑え、医療保険制度の変更にも対応できるようにしておいたほうが将来的にもよいのではないかと思われます。
入院すると所得保障が必要なだけでなく、入院費も思ったより失費がかさみ大変といわれます。若い世代は、更新型の保険で保障を大きめに、保険料は小さめにしたほうがよさそうです。
医療保険制度もころころ変わっているため見直しながら保険を検討するほうがよさそうです。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

金融機関の破綻

去年のリーマンショックに端を発する金融危機により破綻の危機に陥った金融機関の救済に税金投入を余儀なくされたケースも少なくないということで、税金投入に批判も聞かれます。
そこで、預金保険制度が作られて保険料の徴収を行い、金融危機に備えているわけですが、それでも保険としては足りないといわれます。
あらたな破綻防止の保険料徴収も検討されているそうで、保険料がどのように徴収されるかわかりませんが、金融機関の破綻防止に税金でなく保険金が使われるようになるかもしれません。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

生命保険文化センター

生命保険文化センターでは、生活に役立つ医療保障ガイドのほか、介護保障ガイド、ねんきんガイドといった小冊子を発行して、医療保険をはじめ介護保険、年金など分かりにくい制度の解説をしています。
医療保障ガイドを見ると、後期高齢者医療制度のほか、医療保険について説明がされていて、介護保障ガイドでは、介護サービスについて、分かりやすく説明がなされ、生命保険会社の扱う介護保険についても記載されています。ねんきんガイドでは、ねんきん定期便のほか、変額個人年金保険についても分かりやすく説明がされて、暮らしに役立つ情報が一杯といえます。
生命保険文化センターもせっかくだから上手に利用して、賢い生命保険の入り方を心がけ、保険料の節約につなげたいものです。少ない保険料で多くの保障が理想的ですが、自分のニーズに合うかどうかもよく検討して保険選びをしていきましょう。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

振り込め詐欺保険

日本初の振り込め詐欺保険がエース損害保険という会社が企業向けに発売することになりました。
社会問題にもなっていて、次から次へと新しい手口が考案される振り込め詐欺で、保険会社の顧客が振り込め詐欺救済法の対象になる場合に保険金が支払われるといいます。
まさにリスクがあって保障の必要のあるところ、保険があるという感じですが、それだけ振り込め詐欺が珍しくなくなったというところでしょうか。実にタイムリーな保険といえ、被害者にとっては保険金がもらえると有難いことでしょう。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

土建国保の土建共済

土建業界には、土建国保や土建共済という保険があります。労働組合に入ることで、労災保険に加入したり、税金や資格取得の相談にものってもらえるという、いろんな意味で安心の保障を得ることが出来ます。
仕事による怪我や病気には労災保険が役立ちます。
あなたも労働組合に加入して、もしもの時の保障について、安心できるようご検討下さい。
その他の業界の方はごめんなさいという安心保障を満載して、皆様の保険ご加入をお待ちしています。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

退職金と保険

企業の多くは退職金制度があり、保険を利用して退職金にあてたりしているようです。
途中で解約する際の解約返戻金を退職金に充当するという保険で、企業にとっては税金の節約になるということで、保障が得られる保険を勧めています。
たしかに個人で保障をつけて、個人年金保険に入る場合を考えると、会社が保険に入れてくれて、保険金を退職金にあててくれるのは有難いことでしょう。
保険のいろんな利用法のひとつとして退職金の確保は生活保障として役立つでしょう。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

新築住宅の保険

無理して住宅ローンを組んで新築住宅を購入したのはいいけれど、実際に住み始めたらいろいろ欠陥が見つかって困ったという経験をした方もいらっしゃるでしょう。
新築住宅を販売する事業者が責任を持って欠陥の補修を行うよう、住宅の構造上重要な部分などに欠陥が見つかった場合に補修や損害賠償をすることが義務付けられているといいます。これは、消費者にとっては保障が得られていいことですね。
しかし、例えば新築住宅を販売する事業者が倒産すると保障の仕様がなく困ってしまうということで、事業者が保険に加入するか、保証金を法務局に預けることで住宅購入者が保護されることになるそうです。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

終身医療保険

終身医療保険はいわゆる第3分野の保険で外資系保険会社が得意としている保険です。
終身医療保険はいろんな保険会社の商品がありますが、みんなのほすピタるという終身医療保険は、保障が一生続く保険で、安心感が違うといいます。また、解約返戻金がないのですが、その分、保険料は安く抑えられているそうです。
けがや病気で入院となった際には、入院時に受け取る保険金額がずっと一定額のタイプの保険と60歳から入院時に受け取る保険金額が倍額となるタイプの保険があり、保険加入者のニーズによって選ぶことができます。
さらに通院特約をつけると、退院後の通院の保障もつけられ、通院療養保険金が支払われるといいますから、安心感を求める保険加入者のニーズにマッチしている保険といえるかも知れません。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

地震保険の留意点

住宅ローンの金利が安くなっていることからマイホーム購入には悪くない時期といわれていますが、自分の家となると火災保険に加入しないと家事になったら元も子もありません。
同じように地震保険も地震の多い日本では加入したい保険なのですが、阪神淡路大震災のような大規模な地震では被害総額が大きすぎて保険金はあまり期待できなくなってしまい、何のための保険か意味が無くなってしまう場合もあるといいます。
そのため、保険料も安いとはいえない地震保険に加入する率はなかなか上がってこないかも知れません。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

火災保険と住宅ローン

多くの方は住宅購入時に住宅ローンのお世話になって借金することになると思いますが、その際には団体信用生命保険や火災保険あるいは地震保険、家財保険など保険のお世話になることも多いと思います。
日本の家屋は木材を使用することもあって火災保険は多くの方が加入するのではないかと思いますが、地震保険となるとどうでしょうか。
地震はいろんなニュースで報道されていて自分でも地震保険に加入したいとは思いますが保険料をどうするかとか、大地震が来て被害額が甚大な場合には支払い保険金が制限されることなどもあって地震保険加入には積極的になれない場合も少なくないようです。
結局、火災保険だけになってしまう場合も少なくないのではないかと思います。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

団信

団信と呼ばれている団体信用生命保険は、住宅ローンなどでお金を借り入れる際にお馴染みですね。
この保険は途中で借主に何かが起こった際には保険によって住宅は家族が住めるように残される保険です。大黒柱に異変が起きてもお家は家族に残されるための保険です。
もちろん一般の生命保険と同様に告知書記入が必要で、健康上の大きな問題を抱えている方には加入が制限されているようです。告知義務違反のこともあり、健康上の問題は隠さずに記入しないと保険金が受け取れない場合もあるそうで注意が必要です。
保険に加入するにも健康第一が当てはまるようです。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

建物保証

経済は不況で不動産の価格が低下してきたということで、マイホームが近づいたという方もおられるでしょう。
近年の新築物件には、建物保証10年や地盤保証10年など、いわばマイホームの保険ともいえるような保証がついているため、中古物件を購入するのに比べて保証の付く分だけ安心と言えるかもしれません。
また、ローン借り入れに際しても新築物件のほうが担保価値がはっきりして借り入れがしやすく、借り入れ金利も優遇金利が適用される可能性が高いといいます。
保証が必要なところに保険ありという基本が不動産にも当てはまるわけで、保証が付いている分、保険同様、消費者の安心感は高まります。保証が必要とされるところ保険ありです。いろんな商品に付く保証は一種の保険と考えられると思います。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

公的医療保険と補助

日本には数多くの公的医療保険が存在し、財政上の補助はそれぞれに異なっているという誤解を招きかねない制度が続いてきたといいます。
保険加入者の自己負担金も異なっていたり、家族の医療費が優遇されたり、いろいろな問題が指摘されていて、公的医療保険の統合が目指されるべきといわれています。
社会保障の一端を担う公的医療保険が不公平感をあおっているとしたら、早急に不公平な点を是正して保険制度の明快な運営を目指していただきたいものです。
国民の健康を守る公的医療保険の存続のためにも公平感を損なうような補助金は問題でしょう。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

農業被害緩和保険

損害保険ジャパンから農業被害緩和保険なる保険が発売されました。場所はタイ国で、コメの生育期に降った降水量が一定量を下回ると保険金が支払われる仕組みといいます。
今後も損害保険ジャパンでは、世界中で他の作物も含めて保険を販売していく予定といいます。
農業被害が異常気象などで拡大する中、こうした保険の需要は増えていくと思われます。農家にとっては作物の被害を緩和できるわけですから保険に加入するのではないでしょうか。農家の生活保障に最適の保険になるかも知れません。
posted by mabou at 05:35 | その他の保険

やさしくそなえる医療保険

入院に際して公的医療保険だけでは保障が不十分と思っている方も少なくないようで、いろんな医療保険が登場しています。
アリコのやさしくそなえる医療保険は病院の入院時に役立つことから人気を呼んでいるようです。
手術や先進医療にかかる費用の給付金もあります。また、ガンの診断を受けた際の一時金ももらえます。
これから何が起こるかわからないから保険で医療費の備えをしておきたいものです。
posted by mabou at 05:34 | その他の保険

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。